MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
柳麺 呉田 (goden)|鶏・豚・魚介の滋味をバランスよく抽出(ラーメン/北浦和)

柳麺 呉田 (goden)|鶏・豚・魚介の滋味をバランスよく抽出(ラーメン/北浦和)

店主の中野さんは、惜しまれつつも閉店した護国寺の名店『柳麺 ちゃぶや』の出身。素材へのこだわりは修業先譲りで、「丹波黒どり」や「ひょうご味どり」といった銘柄鶏をスープの軸に使っている。柳麺 呉田 (goden)[交]JR北浦和駅西口から徒歩2分 ※ランチタイム有

柳麺 呉田 (goden)(最寄駅:北浦和駅)

スープの土台は、ずっしりとコクのある黒どり。あっさりとした風味の味どりを合わせることで、スープの印象がクドくなりすぎないようバランスを整えた。材料にはゲンコツや豚足も使うため、仕込みは2日がかり。1日目は8時間豚をじっくり煮込み、2日目は鶏や魚介のダシを丁寧に重ねていく。足りない旨みは昆布や貝柱などの粉末で補強。トッピングのとろろ昆布もいいダシ代わりになっている。麺は、しっかりコシがあり、蕎麦のようなのど越しが楽しめる自家製麺。小麦の甘みや香りを追求し、国産小麦にこだわった力作だ。

梅塩ラーメン
870円

塩だけで漬けた無添加の梅干しやとろろ昆布などから味がしみ出し、刻一刻とスープの印象が変化していく

醤油らーめん
770円

生醤油の香りとコクが印象的。平打ちのストレート麺は、讃岐うどんにも似たもちっとした食感だ

杏仁豆腐
250円

オレンジがほのかに香るコアントローが隠し味。シロップのほかライムの搾り汁もかけるので、さっぱりいただける

柳麺 呉田 (goden)

埼玉県さいたま市浦和区常盤9-16-7 K2H1F ☎048-764-8316 [営]11時~14時半、17時半~22時 ※土11時~16時、18時~22時、日11時~16時(スープがなくなり次第閉店) [休]無休 [席]カウンター12席 [交]JR北浦和駅西口から徒歩2分

電話番号 048-764-8316
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
鰆の幼魚“サゴシ”の煮干しを使った珍しい1杯で勝負する。スープをひと口飲めば、香ばしさと共に驚くほど深いコクと旨みが舌に広がり余韻が続く。
更新: 2019-04-16 09:13:02
 カツオが主役の『Bonito Soup Noodle RAIK』に対して、こちらの主役は貝。アサリでひと口目のインパクト、ホンビノスでパンチ、 ハマグリで余韻と、3種の貝で複雑な旨みを演出している。目指すのは“濃い目のおだし”。
更新: 2019-03-29 12:00:00
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
更新: 2019-01-25 12:00:00
最新の投稿
家庭で簡単に、プロ並みのだしがとれるという、だしポットを発見!  なんと、急須でお茶をいれる容量でだしが取れるらしい!  料理番組でも、料理本でも、レシピに「だし○カップ〜」というコトバが出てくるだけに、 だしをマスターしなければ、お料理上手な奥さまにはなれんばい……!
更新: 2019-04-26 16:05:00
毎度おなじみ、コンビニ最強ダイエット食のサラダチキンです(笑)!  今回は、わりと王道的な感じで、食べる前から「これはアリでしょ!」という印象なのに、なぜか今まで売ってなかった明太子味。 ファミマは新しいフレーバーを定期的に出してくれて、サラダチキンに飽きちゃったはずの自分もついつい買ってしまう……。
更新: 2019-04-26 16:00:00
147年続く老舗ハンコ屋がオープンさせたワインバー。女性ひとりでも入りやすい雰囲気ながら、日本やフランスのワインが200種以上揃うなど、かなり本格的。
更新: 2019-04-26 12:00:00
大阪富国生命ビルの地下2階。 この場所を聞いただけでピンときた方はかなりの食通だ。 約100mほどある板張りの床には名店ばかりが連なり、「ミッテラン2世」はその中央に位置する。昼飲みできる飲食店がズラリと並ぶエリアでもある……。
更新: 2019-04-25 16:03:00
 恵比寿で9坪のコーヒースタンドから始まった『猿田彦珈琲』。開業してわずか7年だが、その躍進ぶりがスゴイ。
更新: 2019-04-25 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt