MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[新橋ドライドック] グルメ記事と写真(バー/新橋)

[新橋ドライドック] グルメ記事と写真(バー/新橋)

ビール&ガード下好きならこの店を知らぬ人はいないだろう。かつて銀座にあった名店『キールズ・バー』の精神を受け継ぎ、2017年で10周年。[新橋ドライドック]の[交通アクセス]はJR山手線ほか新橋駅汐留口・烏森口から徒歩1分

新橋ドライドック(最寄駅:新橋駅)

徹底した管理で提供する「極上のビール」とつまみ

徹底した器具類の洗浄や注ぎ方により“日本一スーパードライが美味しい”と名を馳せるのはご存じの通りだ。現在は国内外のクラフトも合わせて常時8種を用意し、それぞれ最高の状態で味わえるよう提供している。料理は王道のチキンバスケット。至福の旨さに日々の悩みも吹っ飛ぶはず。

名物チキンバスケット(5ピース)
990円

チキンバスケットは特製ダレに付けた鶏肉がシンプル。

職人オムレツ
690円

ビール各種

ビールは常時変わる。写真は右からフルーティーな「ゆずレモン(R)」(1050円)、コクのある「ブラウンポーター(R)」(1050円)、独自に開発した専用グラスの「スーパードライ」(670円)

新橋ドライドック

[住所]東京都港区新橋3-25-10 [TEL]03-5777-4755 [営業時間]16時(冬は17時)~24時、土16時~22時 [休日]日・祝、第3土 [席]1階スタンディング最大14名、2階テーブル席17席 計31席/全席禁煙/2階は予約可(2名~)/カード可/サなし、2階はチャージ520円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅汐留口・烏森口から徒歩1分

電話番号 03-5777-4755
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
 ビル街の狭間の小さなビルの屋上で光を灯す、なんとオープンエアのバー!! なので冬季、雨天、荒天の日は休業という自然任せの営業形態!
更新: 2019-03-13 18:00:00
国内の日本酒生産量上位といえば、兵庫、京都、新潟。それらに次ぐのが埼玉というのをご存知だろうか。
更新: 2019-01-26 12:00:00
サケトアテ 珍念(バー/谷中)|2017年9月、よみせ通りに新たなバーがオープンした。アルコールはビールやワイン、ウィスキーなど、ひと通り揃えているが、とりわけ力を入れるのが日本酒だ。
更新: 2019-01-03 18:00:00
BARくるみ(バー/根津)|散策の〆に気軽に入れるバーはいかが。凛とした雰囲気が素敵な店主の西濱さんは新宿のバーなどで経験を積んで独立。
更新: 2018-12-29 18:00:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00