MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
【移転】らーめん天神下 大喜|シンプルイズベスト塩ラーメン界の不朽の名作(ラーメン/湯島)

【移転】らーめん天神下 大喜|シンプルイズベスト塩ラーメン界の不朽の名作(ラーメン/湯島)

スープは、大量の鶏の首ガラとモミジをじっくり煮出してとったダシに、カツオ節や昆布ダシ入りの塩ダレを合わせたシンプルな構成。生姜で含め煮にした鶏挽き肉の味が少しずつしみ出すことで、最後まで飽きずに食べられるようになっている。らーめん天神下 大喜[交]東京メトロ千代田線湯島駅1番出口から徒歩1分 ※ランチタイム有

らーめん天神下 大喜(最寄駅:湯島駅)※移転※

スープは、大量の鶏の首ガラとモミジをじっくり煮出してとったダシに、カツオ節や昆布ダシ入りの塩ダレを合わせたシンプルな構成。生姜で含め煮にした鶏挽き肉の味が少しずつしみ出すことで、最後まで飽きずに食べられるようになっている。香ばしい焼き目を付けた鶏モモチャーシューや味付け玉子、メンマ、白髪ネギなど具だくさんの内容。

とりそば(細麺)
850円

らーめん天神下 大喜※移転※

東京都文京区湯島3-47-2白木ビル1F ☎03-3834-0348 [営]11時~14時半LO(土~15時LO、日・祝~16時LO)、17時半~22時LO(土~20時半LO) [休]無休(日は昼営業のみ) [席]カウンター10席、テーブル2名×1卓+4名×1卓 計16席 [交]東京メトロ千代田線湯島駅1番出口から徒歩1分

電話番号 03-3834-0348
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00
肉の専門店『万世』が手がけるラーメン屋のパーコー麺だ。むっちり弾力があって食べ応え充分なパーコーに、あっさりしつつもコクのあるスープ、プレーンな感じのラーメンがやけに合う。
更新: 2019-04-18 14:55:41
鰆の幼魚“サゴシ”の煮干しを使った珍しい1杯で勝負する。スープをひと口飲めば、香ばしさと共に驚くほど深いコクと旨みが舌に広がり余韻が続く。
更新: 2019-04-16 09:13:02
 カツオが主役の『Bonito Soup Noodle RAIK』に対して、こちらの主役は貝。アサリでひと口目のインパクト、ホンビノスでパンチ、 ハマグリで余韻と、3種の貝で複雑な旨みを演出している。目指すのは“濃い目のおだし”。
更新: 2019-03-29 12:00:00
ミシュランガイド・ビブグルマンに掲載された上北沢『らぁめん小池』のセカンドブランド。煮干しの風味をビシッと立たせた本店に対し、こちらは鶏や豚、アサリなどの旨みを重ね、より芳醇に仕立てている。
更新: 2019-01-25 12:00:00
最新の投稿
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
ディナーは気後れしてしまう銀座の寿司店でも、破格の値段のランチや、食べ放題サービスの寿司店もあります。どのお店も銀座という日本を代表する都市の確かな味!ビジネス・プライベートどちらでも利用できる価値あるお店を紹介します。
更新: 2019-04-22 11:20:00
東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。
更新: 2019-04-22 11:02:44
こだわりは生産者の思いが詰まった良い豆を仕入れ、自家焙煎してその魅力をきちんと届けること。焙煎は6タイプ。
更新: 2019-04-21 12:00:00
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-04-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt