MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。

空 KOO Soi Ameyoko(最寄駅:上野御徒町駅)

タイ人シェフが腕を振るう居心地の良い空間

 一番人気の名物料理「特製煮込み」は、牛スジとハチノスを酸っぱ辛旨いトムヤムスープで煮込んだ、日泰の料理が融合したような一品。ホルモンの旨みとスジのトロリとした脂、味がしみたゴロリと大きな野菜はクセになるはず。料理のラストオーダーは23時半。その後は、バータイムとなる。

特製煮込み
650円

空 KOO Soi Ameyoko

[住所]東京都台東区上野6-10-2 [TEL]03-3839-9393 [営業時間]20時~翌3時(フード23時半LO) [休日]日 [交通アクセス]都営大江戸線上野御徒町駅A5出口から徒歩3分

電話番号 03-3839-9393
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「生スーパータイサワー」は焼酎を使ったオリジナルフローズンドリンク。「パッポン(レモン)」はレモンの風味が爽やかな一杯だ。
更新: 2018-10-08 18:00:00
夏にピッタリの刺激的な辛さ恵比寿や麻布十番に店を構えるタイ料理専門店「ブルーパパイア タイランド 」が、「京橋エドグラン」に出店。タイ人シェフらが作る料理は、まさに本場の味。
更新: 2018-04-20 11:18:54
週末には、土日限定の「カオソイ」(ココナッツ風味のカレー麺)を求めてやってくるお客も多い、アジアンご飯とカレーの店。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:49
暑い日はとくに食べたくなるタイ料理。行列の途切れない『西新宿 ソイナナ』は、昼も夜も全品680円でコスパが高い。※ランチタイム有
更新: 2017-08-03 08:00:00
ご飯と麺を選べるハーフセットは終日提供。料理は日本人の舌に合わせた印象で「グリーンカレー」は辛さとまろやかさのバランスが秀逸だ。※ランチタイム有
更新: 2017-12-20 15:47:59
最新の投稿
すごく入れ替わりのはげしい吉祥寺において、テイクアウトといえば『C』と『N』の弁当勢力図は、まったく微動だにしないって思っていたおっさん女子……。 そんな状況なので、弁当ニューフェイスが登場したらチェックせざるを得ないと思っていたのですが、今年に入ってからいい感じの新顔弁当が登場したのでご紹介したいと思います……。
更新: 2019-09-19 16:00:00
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
更新: 2019-09-19 12:00:00
キムチサンドと聞くと、「キムチとパンの相性はどうなの?」と訝しがる人もいるだろう。実は自分自身もそうだった。大阪だし、はじめはネタだろうと……。 「いやいやいや……!ホンマ旨いから」と周りが口をそろえて言うのが、関西ではたびたびテレビに登場する珈琲館「ロックヴィラ」だ。
更新: 2019-09-18 15:55:00
店内にぐるりとめぐらされたボートには、定評のある魚料理各種のほか、珍味系の酒肴や牛・鶏・豚・合鴨などの肉料理、土鍋飯など、圧倒的な数のメニューが並ぶ。目移り必至で食欲解放のスイッチが否が応でも入ってしまうはず。
更新: 2019-09-18 12:00:00
これまで3000種類以上のレトルトカレーを食べてきたカレー・スパイス料理研究家の一条もんこさん。 そんな一条さんオススメの商品を、部門別に1~3位(3食セット)で販売します! 目が覚めるような美味しさのレトルトカレー、ぜひこの機会にお試しを!
更新: 2019-09-18 10:38:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt