MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
蒲田ガード下「イタリア本場の味」に出合える名店|七丁目のひつじ(イタリアン/蒲田)

蒲田ガード下「イタリア本場の味」に出合える名店|七丁目のひつじ(イタリアン/蒲田)

 わずか7席の小さな店で、これほど本格的なイタリアンに出合えるなんて! 誰もが驚く味を生み出すのはイタリアで3年半修業した渡辺シェフ。

七丁目のひつじ(最寄駅:蒲田駅)

銀座や六本木などの店で活躍した名料理人で、今年1月にリニューアルしたこの店を任された。店名通り羊肉を使ったメニューやパスタが評判だが、材料さえあればどんな料理にも応じてくれる気風の良さも人気の秘密だ。付け合わせひとつ取っても手間を惜しまない姿勢に脱帽。本場の味をガード下で味わえる贅沢を噛み締めて。

ひつじのオーブン焼き、カルパッチョ
2000円、1000円

粒マスタード、香草、パン粉をのせた羊肉のオーブン焼きは余熱で火を通すと肉がふっくら柔らかく仕上がる。写真のカルパッチョはスズキ。イチゴとバジルのソースが鮮やか

七丁目のひつじ

[住所]東京都大田区西蒲田7-70-1 [TEL]03-5703-0033 [営業時間]18時~23時(22時LO) [休日]不定休 [席]カウンター7席 計7席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、チャージ(パン食べ放題)500円別 [交通アクセス]JR京浜東北線ほか蒲田駅西口から徒歩3分

電話番号 03-5703-0033
2017年8月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-05-21 11:21:05
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-05-21 10:58:33
千駄木『イル・リストパスティフィーチョ・ダ・アッカ』|全粒粉のタリオリーニにニョッキ、シャラティエッリ……。ここは店内のパスタ工房で作られる生パスタが味わえる店。
更新: 2019-01-11 09:45:28
根津Italian Chama Chama(イタリアン/根津)|さてチャマチャマと聞いて何を連想する? ここで「お茶の間の茶間」と浮かんだアナタはエライ!
更新: 2019-01-05 12:00:00
隣接する人気もつ焼き店『金子屋』の姉妹店。ホルモンの使い方はさすがのひと言。
更新: 2018-12-10 18:00:00
最新の投稿
広島に汁なし担々麺の文化を広めたパイオニアが東京に初出店。“広島汁なし担々麺”の代名詞である花椒がたっぷりかかるため、熱々の湯気と共に爽やかな香りが立ち上る。
更新: 2019-07-16 12:00:00
見よ、丼からはみ出したうなぎの迫力を! ひと切れ100g超えが二枚ドドンッ。
更新: 2019-07-15 12:00:00
黒竜江省出身の店主夫婦が営む中国東北部の鉄鍋料理店。テーブルに埋め込まれた鉄鍋に、肉や香味野菜、白菜漬けや板春雨等々を入れ、スープを注いで煮込む。
更新: 2019-07-14 12:00:00
札幌の人気担々麺が東京に進出。店名の“175°”とはラー油を作る温度で、175℃の温度で3時間じっくりスパイスを煮出すことで深い旨みを引き出している。
更新: 2019-07-13 12:00:00
吉祥寺をフラフラしていると、喫茶店やカフェに吸い込まれてしまうおっさん女子である。 都内に好きな店が何軒かあるんだけど、銀座の場合は『K珈琲店』。 ここのカップ&ソーサーは、ウエッジウッドやジノリ、マイセンなどの高級系なのである。さらにお客さんの雰囲気に合わせてカップの柄を選んでくれて、出されるといった具合……。
更新: 2019-07-12 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt