上野のガード下グルメ!激戦区で安ウマ店を発掘!(JR山手線・京浜東北線高架下)

上野のガード下グルメ!激戦区で安ウマ店を発掘!(JR山手線・京浜東北線高架下)

新幹線も止まるターミナル駅、上野はアメ横をはじめ、多くの人が集まる観光地。上野駅から御徒町駅を結ぶ約400m の長いガード下には飲食店がズラリと並びます。そんな激戦区で安ウマ店を発掘しました!


上野ガード下、激戦区で安ウマ店を発掘しました!

呑める魚屋 魚草(居酒屋)

東北の玄関口で三陸が誇る恵みを提供

「アメ横の“安かろう・悪かろう”というイメージを、いい意味で裏切りたいんです」と言う店主の大橋磨州さん。自ら網元などへ足を運んで交渉し、漁師が自信をもって獲った魚を漁師の言い値で仕入れている。だからこそ朝獲れの最高の素材がいただける、漁師も客も喜ぶ仕組みを作り上げた。

 大ぶりで旨みたっぷりのカキや生レバーのような深みのある美味しさの「モウカの星」など、漁師のプライドをかけた一級品や他ではなかなか味わえない一品が安価でいただける。

写真:上から刺身4点盛り800円、モウカの星500円、特大生かき3P盛り1000円、月の輪500円

刺身の内容は当日の入荷次第。「モウカの星」はモウカザメのハツで、抜群の鮮度でいただける。気仙沼の名物だ。「生かき」は産地を変えながら1年を通して提供。

写真:日本酒は日替わりで一律500円!

写真:隣の人との距離感・触れ合いも楽しい

[酒]ビール小瓶350円 焼酎なし ワイングラス500円 日本酒グラス500円 [その他のメニュー]生うに2種盛り800円、生かき2P+蒸ほたて2P1000円、たらば脚1本1000円、インドマグロ赤身300円、すじこ粕漬300円、明太子100円、さんまくんせい300円など

店舗情報

[住所]東京都台東区上野6-10-7 アメ横プラザA棟29号 [TEL]090-2436-4855 [営業時間]11時~20時半(20時15分LO)、土・日・祝11時~19時半(19時15分LO)※ランチタイム有  [休日]第2水 [席]立ち飲み最大23人ほど/全席喫煙可/予約不可/カード不可/サなし[交通アクセス]JR山手線ほか上野駅不忍口から徒歩4分 MAP A

呑める魚屋 魚草

空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理)

タイ人シェフが腕を振るう居心地の良い空間

 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。

 一番人気の名物料理「特製煮込み」は、牛スジとハチノスを酸っぱ辛旨いトムヤムスープで煮込んだ、日泰の料理が融合したような一品。ホルモンの旨みとスジのトロリとした脂、味がしみたゴロリと大きな野菜はクセになるはず。料理のラストオーダーは23時半。その後は、バータイムとなる。

写真:特製煮込み650円

店舗情報

[住所]東京都台東区上野6-10-2 [TEL]03-3839-9393 [営業時間]20時~翌3時(フード23時半LO) [休日]日 [交通アクセス]都営大江戸線上野御徒町駅A5出口から徒歩3分 MAP B

空 KOO Soi Ameyoko

やきとん 豚坊とんぼう(居酒屋)

“ザ・ガード下”の風情でいただく絶品もつ焼き

 どっしりした食べ応えで鮮度の良さが光るもつ焼きを提供。もつ焼き激戦区・上野で勝負するだけあり、定番の他に「ちれ(脾臓)」や「ふわ(肺)」などの珍しい部位なども揃える。日替わりの刺身や焼魚、鹿児島から直送された「自家製チャーシュー」(550円)、ドリンク類は赤ホッピーを置くなど、メニューの幅が広く使い勝手も良い。また、店内に大テーブルがあり、おひとりさまでもウエルカムな空気が流れている。

店舗情報

[住所]東京都台東区上野6-11-6 [TEL]03-3832-5710 [営業時間]16時~23時(22時半LO)、土・日14時~23時(22時半LO) [休日]第3月 [交通アクセス]JR山手線ほか上野駅不忍口から徒歩2分 MAP C

やきとん 豚坊

昼飲みできる店多しさすが上野のガード下

 編集・戎とライターの市村が、J R上野駅から御徒町駅のガード下を調査しました。

戎「山手線と京浜東北線の高架があるぶん、お店の数も多かったですね」

市村(以下市)「さすが上野だと思ったのは、明るいうちから開いているお店が多かったことです。どこも活気があって、堂々と昼飲みできました!」

戎「いろいろなお店で隣り合わせたお客さんと仲良くなっていましたよね」

市「これだけお店があるので、情報を得るには最適です! 実際にフレンドリーなお客さんが多くて楽しかったです」

戎「『やきとり文楽』のような、昔ながらといった風情のお店がある一方、『呑める魚屋 魚草』のあたりは、アジア系の店が多かったですね」

市「むしろ『魚草』だけ日本的で、かえって目立つくらい」

戎「確かに、ケバブ屋さんの呼び込みがすごかった印象です」

市「アジア系だと、タイ料理『空』の階上にある『新東洋』も魅力的な台湾料理店でした」

戎「僕は海産物やスポーツ用品店なども覗いちゃいました」

市「戎さんはあちこちでひっかかっていましたね。私も海苔やナッツ類、餃子などを買ってお土産にしましたが」

戎「飲む・買うが揃っているのが、上野の醍醐味ですよ!」

市「『立ち呑み ふぶき』は、どの時間帯でも並んでる人がいたので、様子を探りながら混んでいる間はショッピングしたり」

戎「今、上野で一番の行列店と言っても過言ではないですね」

市「おつまみが190円からと安く、惹かれる気持ちはわかりますし、みんな幸せそうに飲んでいたのが印象的でした」

戎「僕は『魚草』の『モウカの星』のコク旨な味が印象深い」

市「同感です。お刺身や牡蠣も美味しいし、日本酒が豊富で500円。セットだと1000円で飲めて『本当にいいの?』って安さに感動しましたね」

上野ガード下グルメMAP

● A呑める魚屋 魚草(居酒屋)
● B空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理)
● Cやきとん 豚坊とんぼう(居酒屋)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


高円寺のガード下グルメ、ニューウェーブが続々|JR中央線・総武線高架下

高円寺のガード下グルメ、ニューウェーブが続々|JR中央線・総武線高架下

新店ラッシュで変化の兆し。高円寺駅を中心に西へ東へ個性的な店が立ち並ぶ高円寺のガード下。特に西側、阿佐ヶ谷方面の「高円寺ストリート」は調査中に新店がオープンするなど、徐々に変化の兆しが。そんな新しい店を中心に絶品の店をご紹介します。


新橋〜有楽町ガード下グルメ!“ガード下の聖地”で美食巡りおすすめ5選(JR山手線・京浜東北線高架下)

新橋〜有楽町ガード下グルメ!“ガード下の聖地”で美食巡りおすすめ5選(JR山手線・京浜東北線高架下)

“ザ・ガード下”といえるのが新橋〜有楽町界隈。周辺で働く人々を満足させる店を巡りました。定番から最新までコスパの高い三ツ星店をご紹介します。


大ぶりで旨みたっぷりの「カキ」が安価で楽しめる!|呑める魚屋 魚草(居酒屋/上野)

大ぶりで旨みたっぷりの「カキ」が安価で楽しめる!|呑める魚屋 魚草(居酒屋/上野)

「アメ横の“安かろう・悪かろう”というイメージを、いい意味で裏切りたいんです」と言う店主の大橋磨州さん。自ら網元などへ足を運んで交渉し、漁師が自信をもって獲った魚を漁師の言い値で仕入れている。だからこそ朝獲れの最高の素材がいただける、漁師も客も喜ぶ仕組みを作り上げた。


上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。


有楽町のガード下で65年、玉菊のおすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」(居酒屋/有楽町)

有楽町のガード下で65年、玉菊のおすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」(居酒屋/有楽町)

おとなの週末「古き良きガード下」特集掲載店舗。おすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング