MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
福岡グルメが勢ぞろい!福岡出張メシおすすめ7選!

福岡グルメが勢ぞろい!福岡出張メシおすすめ7選!

「博多ん味は、ばり旨かけん、食べていき~」出張先での楽しみといえば、美味しいご当地メシ。福岡エリアを知り尽くした調査員たちがとっておきのお店を選び出しました!お酒がぐいぐい進む、福岡グルメが勢ぞろい!〆のラーメンもお忘れなく。

夜に行きたい店

うま馬 冷泉店(最寄駅:祇園駅)

博多の名物があれこれ揃うから、やっぱりここは外せない!

『うま馬 冷泉店』
焼酎お湯割り(佐藤黒)700円、焼鳥(右・鳥皮1本 130円、左・豚バラ1本 150円)

例えば、カリッとした「ひとくち餃子」、表面カリカリで噛むと甘辛のタレと肉汁が染み出す「鳥皮」、福岡県民熱愛の脂の旨みたっぷりの「豚バラ」に「もつ鍋」などなど。〆に忘れてはいけないのが、『三馬路』の味を引き継いだ「源流博多ラーメン」や白濁スープに黒マー油を加えた「濃まるラーメン」。博多ならではの味づくしでお腹もきっと大満足するはずだ。

柳町一刻堂 春吉店(最寄駅:南薬院駅)

居酒屋越えの料理レベルで、近海物の魚がとにかく美味!

『柳町一刻堂 春吉店』
刺身盛合せ(写真は9点盛り2人前)3000円、(奥)ごま鯖 1250円、日本酒(万齢)1合900円

特に刺身の盛り合わせは見た目も美しく、色々な魚介を少しずつ、という要望にも応えてくれるのがありがたい。炙ったり、〆たりして引き出された魚の旨さは感動モノだ。だが、オススメは魚介に留まらないのがこの店の魅力。メニューには肉料理や野菜料理の他、もつ鍋、水炊き、アラ鍋など博多名物の鍋も勢揃い。もつ鍋以外は1人前から注文できるのも嬉しい。日本酒や焼酎も多彩に揃っているので楽しみが尽きない名店だ。

釜喜利うどん(最寄駅:赤坂駅)

酒肴もうどんも豊富なメニューで楽しませるうどん居酒屋

『釜喜利うどん』の あさりうどん 900円

10数年ほど前から福岡で広まった“うどん居酒屋”。ここでは、板わさやハムカツなど20種類以上ある肴で飲んだあとにうどんで〆、が楽しめる。酒は日本酒や焼酎のほか、ワインまで揃う充実ぶり。11時から、夜まで通し営業しているので昼からのんびり飲むのもいいだろう。もちろん、うどんだけでもOK。博多のうどん屋はいろいろな楽しみ方ができるのだ。

大衆酒場

酒場 みんなの黄ちゃん(最寄駅:薬院大通駅)

一歩入れば、みんな黄ちゃんの友達。そんな夜の憩いの場

『酒場 みんなの黄ちゃん』の ハムエッグ 350円、スパークリングワイン 850円

裏路地にあるアパートの一室に、黄ちゃんこと黄小晃さんがオープンした立ち飲み酒場。博多の人気酒店で働いていた経験と知識を活かして揃える、とっておきの自然派ワインや日本酒はどれも美味。さらにスゴイのは、福岡市内の人気店お手製のカラスミやベーコンなどを使ったメニューも提供していること。美味しい酒と肴で、幸せな気分になれるだろう。

昼に行きたい店

おきよ食堂(最寄駅:赤坂駅)

市場食堂だから、何を食べても新鮮、早い、旨い!

『おきよ食堂』の ごま鯖定食 700円

長浜魚市場の市場会館にある昭和22年創業の食堂。市場直送の魚介類だから、もちろん鮮度は抜群。一番人気は名物の「ゴマ鯖定食」だ。近海物の真サバを特製のゴマダレで頂く。そのままでも美味しいが、後半はぜひご飯にのせてお茶漬けに。人気メニューだけに、売り切れにはご用心。他に大ぶりにカットした魚介をたっぷり盛り込んだ海鮮丼もオススメ。ご飯のお代わりが自由なのも嬉しい。

かつ丼 友楽(最寄駅:薬院大通駅)

福岡市民がこよなく愛するかつ丼の名店で至福の味を

『かつ丼 友楽』の かつ丼(汁物付き) 1000円

元々は、天神にあった「友楽寿司」がランチとして提供していたかつ丼。大人気により、専門店を開いたのが始まりだ。潔く、メニューはかつ丼のみ。脂の少ないロース肉を注文が入ってから揚げる。ふわとろの卵の下にはご飯を覆う大きなカツ。ちょっと濃いめの味つけが、食欲を刺激する。あっという間に完食してしまうだろう。この満足感、『友楽』でなけりゃ、味わえない。

コラム【福岡編】

屋台バーえびちゃん(最寄駅:天神駅)

福岡といえば、屋台でしょ!

『屋台バーえびちゃん』の 牛タン 1290円、ハイボール(ロックフィッシュスタイル) 860円

福岡には100を超える屋台がある。中でもユニークなのが、屋台バー。『えびちゃん』のマスターはバーテンダーの格好で礼儀正しく、店内もバーそのもの。でも、隣の人と近く、すぐに仲良くなれるという屋台の良さはそのまんまなのが嬉しい。つまみもナッツから一品料理まで約20品揃っている。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
5783views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
下北沢を訪れたら絶対に訪れるべき、おすすめの喫茶店を厳選!懐かしさとモダンな雰囲気が共存する街で、こだわりの美味しいコーヒー・紅茶・日本茶を、お店自慢のスイーツとともに味わうのは至福の時間です。お買い物の合間に是非立ち寄ってみてください!
古さと新しさが混在する魅惑の町「五反田」。かつては歓楽街としても発展し、最近では若者向けのおしゃれな飲食店が増え、アクセスも良いので、グルメ注目度の高いエリアの1つです。ここでは、おとなの週末のグルメライターが厳選した情報をお届けします!
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!
兵庫県西宮市で12年、関西のうどん好きを唸らせた店が東京進出。「青山ビルヂング」のレストランフロア「青山一番街」に出店を果たした。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
おしゃれで色んなジャンルの飲食店が集まっている神楽坂エリアの「お得ランチ」を一挙ご紹介!おとなの週末のグルメライターが実食調査した結果、夜は敷居が高いけれど、お昼になら入りやすい和食店、高級な肉、イタリアンなどがたくさん見つかりました!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt