エリア: 東京都

タンメンLOVE!タンメンと餃子の素晴らしき仲、東京都内厳選3選!

タンメンLOVE!タンメンと餃子の素晴らしき仲、東京都内厳選3選!

正直言って、かなり地味な存在の「タンメン」は、町中華好きのなかでも“実は隠れファンの多い”メニュー。その魅力を、最高の仲・餃子とともにご紹介します。


飯田橋、おけ以のタンメン

ニンニクが入らない澄んだスープに個性的な平打ち麺

 神保町で創業、今の地へ移り、延べ63年。「毎日食べられる味を」と生み出されたタンメンはニンニクを使わないスッキリした味わいながら、スープの旨みや野菜の美味しさが生きている。有名な羽根付き餃子は程よいサイズで皮のモチっとした部分とカリッとした部分が好対照。

写真:タンメン 680円、餃子 600円

店舗情報

[住所]東京都千代田区富士見2-12-16
[TEL]03-3261-3930 
[営業時間]11時半~13時50分LO、17時~20時50分LO ※ランチタイム有  
[休日]日・祝、第3月 
[席]カウンター8席、テーブル18席、計26席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし 
[交通アクセス]JR中央・総武線飯田橋駅西口から徒歩3分

おけ以の詳細ページ

東中野、十番のタンメン

彩りのいい野菜をたっぷり味わうタンメン

 タンメンにどっさり盛られた野菜はニラ、ニンジン、白菜、タケノコ、きぬさや、キクラゲなどバラエティ豊か。創業61年、大きな五右衛門鍋で仕込むスープの淡い味わいは健在。ニンニクとニラが香る餃子と一緒に食べればまたそそる。

写真:タンメン 630円、餃子 370円

[住所]東京都中野区東中野3-7-26 [TEL]03-3371-0010 [営業時間]11時半~14時、17時~20時 ※ランチタイム有  [休日]水、第2・4木 [席]カウンター6席、テーブル16席、計22席/全席禁煙/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR総武線東中野駅西口から徒歩3分

十番の詳細ページ

日暮里、花家のタンメン(現在、休業中)

シャキシャキもやしが瑞々しい香り高いタンメン

 創業72年。当初は甘味屋だったことから甘味と中華が混在するこちら。ゴマ油の香り漂うタンメンは澄んだスープに自家製ストレート麺がよく合う。大きな餃子はかぶりつけばジュウッと肉汁がほとばしり、食欲を掻きたてる。

写真:タンメン 750円、餃子 550円

店舗情報

[住所]東京都荒川区西日暮里3-2-2 [TEL]03-3821-3293 [営業時間]10時半~20時 ※ランチタイム有  [休日]火 [席]テーブル48席/全席禁煙/予約可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか日暮里駅西口から徒歩3分

花家の詳細ページ

主役じゃないけど忘れられない存在

 タンメンが好きだ。“じんわり”心に染みいる、淡い塩味や野菜の甘みが溶け込んだ優しいスープにもうメロメロだ。タンメンを食べ進むうち、単調になってきたらおもむろに用意しておいた餃子を頬張る。フレンチのコースでは口中をさっぱりさせるために口直しが出るが、いうなればこれは逆口直し。餃子が程よいアクセントとなって、タンメンの淡い味を高めてくれる。この鉄板の関係からかタンメンの名店は餃子も旨い。愛好家たちはこれをあたかもひとつのメニューのように、親しみを込めて「タンギョウ」と呼ぶ。

 しかしこれだけタンメンを愛しているのに、そういえば正面切って「タンメンが一番」とは言ったことがなかった。ふとなぜだろうと考えてみたが、それはたぶんタンメンが主役になり切れない庶民派だからか。たとえて言えば、いつも隣でニコニコしている幼馴染のあの子のような。そんなタンメンをずっと注文し続けて、いつか店から「タンメンさん」と陰で呼ばれてみたい。いやマジで(笑)。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


定番人気の「ポテトサラダ餃子」は揚げがオススメ|WASH1N TOKYO(餃子/阿佐ヶ谷)

定番人気の「ポテトサラダ餃子」は揚げがオススメ|WASH1N TOKYO(餃子/阿佐ヶ谷)

「WASH1N TOKYO(ワシン トーキョー)」は味・香り・食感のバランスが絶妙な餃子を提供。野菜はザクザクとした食感が残され、肉はふんわりと仕上げられている。


おすすめ「餃子」は9割野菜にニンニクをガツンと!|餃子の名人 カノケン(餃子/白金高輪)

おすすめ「餃子」は9割野菜にニンニクをガツンと!|餃子の名人 カノケン(餃子/白金高輪)

 野菜がメインの餃子と聞いて、「なんだか物足りない」と思ったならば、一度この餃子を食べてみるべし。9割がキャベツの餡はニンニクをガツンと利かせ、チャーシューの煮汁や秘伝の調味料で旨みを足した、しっかりとした味わい。


赤坂バル横丁でひときわ盛り上がる!GYOZA! 365の「餃子」を紹介(餃子/赤坂見附)

赤坂バル横丁でひときわ盛り上がる!GYOZA! 365の「餃子」を紹介(餃子/赤坂見附)

 2017年6月のオープンから連夜賑わう横丁『赤坂バル』の中で、ひときわ盛り上がっているのがこちら。人気の理由は、捻りの利いたオリジナルの餃子5種。


これぞ隠れ家!日本橋の地下に広がる秘密のコの字酒場|小野屋(居酒屋/日本橋)

これぞ隠れ家!日本橋の地下に広がる秘密のコの字酒場|小野屋(居酒屋/日本橋)

日本橋「小野屋」は知らなければ絶対と言っていいほど素通りしちゃうんじゃないだろうか。入り口は1階の酒屋に入ってすぐ脇にある魅惑の階段。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング