MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
王道かつ絶品の”名古屋めし”がズラリ!名古屋出張グルメはココで決まり!

王道かつ絶品の”名古屋めし”がズラリ!名古屋出張グルメはココで決まり!

出張先での楽しみといえば、美味しいご当地メシ。各エリアを知り尽くした調査員たちがとっておきのお店を選び出しました!手羽先や味噌カツ、地酒や地魚など名古屋の旨いものをとくとご覧あれ!

串カツ 青山七丁目(最寄駅:栄駅)

巷のチェーン店とは完全に一線を画した、本物の名古屋めし!

『串カツ 青山七丁目』の名古屋めしコース
(たたききゅうり、どて煮豆富、ポテトサラダ、手羽先唐揚げ、おつまみキャベツ、味噌串カツ、串揚げ4種盛り)(写真は2人前)

大ぶりで食べ応えのある「手羽先唐揚げ」(3個540円)をはじめ、自家製の味噌ダレで味わう「味噌串カツ」(5本500円)などの名古屋めしが豊富に揃う居酒屋。「味噌串カツ」に使う味噌は、八丁味噌と合わせ味噌をブレンドして、口当たりをマイルドに。さらに、どて煮の仕込み時に出る牛すじの煮汁とザラメをくわえて、深みのあるコクを出している。 これら名古屋めしと、もうひとつの名物である串揚げを楽しむには全7品の「名古屋めしコース」(3500円)がオススメ。120分の飲み放題も付くのでかなりお値打ちだ。

日本酒処 華雅(最寄駅:久屋大通駅)

常時10種類が揃う「義侠」と手作りおばんざいが激旨!

『日本酒処 華雅』の 義侠 泰(やすらぎ) 972円、いわしの梅煮 648円
おつまみ4種盛り 1620円、赤味噌の豚角煮 648円

愛知県愛西市にある山忠本家酒造の『義侠』の美味しさに惚れ込んだママの加藤直子さんが2011年に開店させた日本酒とおばんざいが楽しめるバー。「『義侠』は、甘さや辛さ、すべてにおいてバランスがとれていて、神々しい味わいです」と、加藤さんは『義侠』について語り出すと止まらない。
カウンターに並ぶおばんざいは日替わりで15種類ほどを用意。どれも料理好きだった加藤さんの母親直伝の味だ。それらを少量ずつ盛り合わせた「おつまみ4種盛り」(1620円)は、多くの客が注文する人気メニュー。「義侠」(グラス648円~)とともに堪能したい。

Sushi Dining Kugi(最寄駅:久屋大通駅)

ネタの大半が地魚!三河湾産魚介の旨さを実感する10貫

『Sushi Dining Kugi』の 厳選10貫握り 5000円

マグロやウニ、イクラなど一部を除いて寿司ネタの大半は三河湾産の魚介を使っている。それらの旨みを引き出しているのが、店主・釘宮さんが研究に研究を重ねたシャリだ。粒が大きくて粘り気の少ない岐阜県産米・ハツシモを岐阜県から汲んできた水で炊き上げる。シャリの味付けには赤酢を使用し、シャリが口の中でほぐれるとまろやかな味と香りが広がる。握り10貫に巻物と先付け、赤だしが付く「厳選10貫握り」のコースがリーズナブルでおすすめだ。

大甚 本店(最寄駅:伏見駅)

素朴な味わいの惣菜と歴史を感じる佇まい。これに勝る肴はない

『大甚 本店』の(右奥から時計回りに)
日本酒(大徳利) 720円、かしわ旨煮 250円、
いわし煮付 350円、海老ときゅうりの酢の物 250円

創業は明治40年。名古屋屈指の老舗居酒屋がここ。一枚板の大きなテーブルでは、相席した客同士が意気投合し、盃を傾け合うことも珍しくはないという。お酒は瓶ビールと日本酒のみ。肴は配膳台に並ぶ惣菜から好きなものを取って楽しむスタイルだ。「いわし煮付」(350円)や「かしわ旨煮」、「海老ときゅうりの酢の物」(各250円)など常時30種類以上が揃う。

総本家 えびすや 本店(最寄駅:栄駅)

名古屋人のハートをガッチリ掴んだ大きな海老天が激旨!

『総本家 えびすや 本店』の えびおろしきしめん(ころ) 1450円

昭和2年創業の老舗麺食堂。自慢の手打ち麺は透けるほど薄く、箸で持ち上げても切れないほど弾力がある。ムロアジとソウダガツオでとったダシにたまり醤油を合わせたつゆは関東風や関西風でもない名古屋独自の野趣溢れる味わいだ。 大きな海老天とたっぷりの大根おろしなどをのせた「えびおろしきしめん」(1450円)は店の名物。深夜1時まで営業しているのでお酒の〆にもぴったりだ。

ひつまぶし う家 名駅店(最寄駅:名古屋駅)

ひつまぶしの激戦区、名古屋駅界隈ではナンバーワンの実力店

『ひつまぶし う家 名駅店』の う家ひつまぶし 3080円

ひつまぶしの有名店が建ち並ぶ名古屋駅前にオープン。大サイズの国産鰻にこだわり、時季ごとに産地を厳選して仕入れている。炭火で皮をパリッと、身はふんわりと焼き上げた鰻は絶品そのもの。甘さと辛さのバランスが絶妙なタレも鰻とご飯を見事なまでに一体化させている。 約一尾分の鰻がのる「う家ひつまぶし」(3080円)は、食べ応え十分だ。

cafeTAKATORI(最寄駅:名古屋駅)

名古屋といえば、モーニング!

『cafeTAKATORI』の モーニングサービス 380円(コーヒー代のみ)

名古屋駅周辺の喫茶店はドリンク代に追加料金を払うモーニングセットが主流。しかし、ここはドリンク代(コーヒーの場合は380円)のみでOK。ランチは「イタリアンスパゲティ」(780円)がおすすめだ。

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
おしゃれな街「自由が丘」でランチをするなら絶対に外せない4店をご紹介!ランキング常連の人気店をはじめ、グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩いて見つけた本当に美味しいお店ばかりです!【料理写真あり】
更新: 2019-05-16 09:51:06
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-26 10:46:29
グルメ専門誌「おとなの週末」ライターが覆面調査で実際に食べたお店だけを厳選。今回は「新宿のイタリアン」を徹底調査。ピッツァ、パスタを中心に、ランチ、ディナーにおすすめの店やコスパよしのグルメ・レストラン情報を公開。
更新: 2019-04-16 20:27:31
有楽町周辺のカフェ情報のまとめ記事です。グルメライターが実際に行って見つけた厳選4店をご紹介。気になるランチ・朝・夜の営業時間やおすすめメニュー、喫煙可否、穴場のお店なのか、など各店の特徴を分かりやすくご案内します!
更新: 2019-04-17 12:14:14
上野エリアを人気グルメ情報誌「おとなの週末」のグルメライターが食べ歩いて見つけた、本当におすすめのランチ情報。和食・洋食・中華・カレー・食べ放題など特におすすめの9店舗をご紹介します!営業時間や休日などの店舗情報もあり。
更新: 2019-04-15 11:13:04
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt