名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

割烹料理店のような本格的な和食ではなく、家庭料理の延長、いわゆる“おふくろの味”をアテに一杯飲みたくなることがある。単身赴任や長期出張などで自宅を離れて暮らしている人はなおさら恋しいだろう。そこでオススメしたいのが、『おうち割烹 ふるかわ』。“おうち割烹”という店名が敷居を低くしている……。


普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」


割烹料理店のような本格的な和食ではなく、家庭料理の延長、いわゆる“おふくろの味”をアテに一杯飲みたくなることがある。

単身赴任や長期出張などで自宅を離れて暮らしている人はなおさら恋しいだろう。

そこでオススメしたいのが、名古屋市中区丸の内2丁目の『おうち割烹 ふるかわ』。

店構えこそ高級店のような重厚感があるものの、“おうち割烹”という店名が敷居を低くしている。






「私を含めた女性スタッフが作る家庭料理と、東京・銀座の名店で修業した職人が握る本格江戸前寿司の2つを看板メニューに、2017年10月にオープンしました。

丸の内界隈は単身赴任の方が多いので、とても重宝されています」と、女将さん。

残念ながら、女将さんを含めたスタッフは写真NGなので、ここでその姿を見せられないが、全員和服が似合う美人! 

料理やお酒がますます旨くなる(笑)。



まず、軽く飲むために用意していただいたのは、自家製のだし醤油に漬け込んだ「いくらの醤油漬け」(700円)。

醤油辛くなく、口当たりがまろやかで実に深みのある味わい。

ちびちびと飲むのにはぴったりの一品だ。


続いて、内容は日替わりの「お造り盛り合わせ」(1500円)。

この日は、マグロと鯛、イカ。

魚介を使った料理は、江戸前寿司のネタと同じものを使用しているだけに味と品質は折り紙付きだ。


「天婦羅盛り合わせ」(1500円)。

こちらもその日の仕入れによって内容が替わるが、魚介は生でも食べられるものを使っている。

薄衣を纏わせて、絶妙な火加減で揚げた天婦羅は、どれも食材そのものの旨みを十二分に引き出されている。


「お造りや天婦羅のほかにも、煮込みハンバーグやエビフライ、コロッケなど、あまり割烹料理店では見かけないメニューも用意しています。
それらのおかずにご飯と味噌汁を組み合わせて定食にされるお客様もいらっしゃいます」
(女将さん)



最後は、もう一つの名物である「江戸前寿司」。

写真はイメージだが、5カン(2000円)と7カン(3000円)を用意している。

どれも、ていねいな仕事がしてあり、口の中に入れるとシャリがハラリとほどけてネタの旨みと一体となる。




「お客様の目の前で握るのではなく、皿盛りになりますから、シャリもそれに合わせて握り加減や温度を計算に入れて作っています。単品での注文も結構ですが、コースでも〆にお寿司をお出ししています」
(女将さん)



ちなみにコースは、ミニ刺盛と煮物、焼き物、揚げ物、寿司の全5品で4000円~。

寿司を沢山食べたい等のリクエストがあれば、予約時に伝えればOK。

また、ランチは日替わりのおかずとご飯、デザートが付く「日替わり定食」(900円)をはじめ、お吸い物と茶碗蒸し、デザート付きの「海鮮丼」(1000円)など。

普段使いから接待まで幅広く使える店だ。

おうち割烹 ふるかわ
[住所]愛知県名古屋市中区丸の内2-10-21
[TEL]052-218-7044
[営業時間]11時半~14時(13時半L.O.)※土はランチ休、18時~22時(21時半L.O.)
[定休日]日、祝




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


家庭料理 名古屋めし

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

名古屋エリア限定グルメ情報(59) 伊勢海老とポルチーニ茸を使った絶品ラーメン

日を追うごとに寒さが厳しくなるこの季節。とくに食べたくなるのが、ラーメン。定番の醤油にしようか、それともあっさりとした塩? いや、濃厚な味噌も捨てがたい……。そんななか、これまでにないまったく新しいタイプのラーメン、豚骨と魚介のWスープに伊勢海老の殻から抽出したスープをくわえた「伊勢海老らぁめん」なるものを発見した。


名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

名古屋エリア限定グルメ情報(58) 梅茶漬けでシメるひつまぶしを名物に! うなぎの新店『ひつまぶし 花岡』の挑戦

ここ2、3年、名古屋ではうなぎ店のオープンが相次いでいる。とくに名古屋駅や栄など都心部に多いところを見ると、ひつまぶし目当ての観光客を取りこみたいという店側の意図がうかがえる。 2016年8月、名古屋・栄3丁目に開店した『ひつまぶし花岡』もその一つ。店名の通り、ここはひつまぶしが名物だ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

名古屋エリア限定グルメ情報(57) 地元グルメレポーターが通い詰める焼肉の名店! 天白区『天火山』

私の友人で、地元タレントの福田知鶴さんから「美味しい焼肉屋さんがあるんだけど……」と誘われて向かったのは、名古屋市東部の天白区。 知鶴さんはレポーター歴20年以上の大ベテラン、というかレジェンド。とくに美味しさを全身で表現するグルメリポートは定評があり、これまで取材で訪れた店は1万軒にものぼる……。


名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

名古屋エリア限定グルメ情報(56) 台湾人が日常的に食べている料理が楽しめる『台湾飲茶cafe 茶坊』

私事で恐縮だが、2018年9月に台湾・台北へ行った。現地に出店した名古屋の飲食店の取材が目的だったが、その合間に台湾のグルメも楽しんだ。そこでわかったのは、名古屋にある台湾料理店との味の違い……。 そこで、本場の味を名古屋で探したところ、名東区一社で見つけた。


名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

名古屋エリア限定グルメ情報(55) 本当は教えたくない! 10月、名古屋駅新幹線口にオープンした寿司の新店

明日が人生最後の食事だったら、何を食べるか──。私は迷わず「寿司!」と即答する。だが、名古屋・栄の錦三丁目あたりで食べたら、2万円以上は覚悟せねばならない。私のような貧乏ライターにとっては高嶺の花……。 そんななか、見つけてしまったのである。旨くて安いのは当たり前だが、雰囲気も高級店に引けをとらない店を。


最新の投稿


奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

奄美大島のフレンチ&イタリアン『ブルノア』

 昼も夜も地元客で満席になる、島内でも指折りの人気店だ。リゾートホテル出身のシェフが作るのは、奄美食材を丁寧に使ったフレンチ&イタリアン。


おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(80) 吉祥寺・居酒屋ランチ選手権、の件

世間は、お正月気分からやっと日常に戻ってくる時期ですが、日常と言えば、お昼のお楽しみ=ランチですよね。 で、おっさん女子的には、安い! コスパが高い! 店にキャパがあるので並ばない! チェーン居酒屋のランチを推奨します!


撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

撮り鉄の「食」の思い出(39) 南阿蘇鉄道、復興へ! /1986~2018年

1986年に国鉄高森線から第3セクター鉄道になった南阿蘇鉄道。 国鉄の時代から最大の撮影ポイントが第1白川橋梁です。 美しい赤いアーチ橋で1928年から使用開始されて、約90年が経っています……。


一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

一見の価値あり!麗しすぎる「ばらちらし寿司」!板橋『鮨彦』

車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。


東京都内【食べ放題】コスパが良くて美味しい!おすすめ8選

東京都内【食べ放題】コスパが良くて美味しい!おすすめ8選

グルメライターが厳選した食べ放題のおすすめ店を、定番から変り種までご紹介!卵、寿司、蕎麦、唐揚げ、海鮮など、大人から子供までみんなが満足できるグルメ情報を集めました。


ランキング


>>総合人気ランキング