名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

名古屋エリア限定グルメ情報(32) 普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」

割烹料理店のような本格的な和食ではなく、家庭料理の延長、いわゆる“おふくろの味”をアテに一杯飲みたくなることがある。単身赴任や長期出張などで自宅を離れて暮らしている人はなおさら恋しいだろう。そこでオススメしたいのが、『おうち割烹 ふるかわ』。“おうち割烹”という店名が敷居を低くしている……。


普段使いから接待まで幅広く使える名古屋・丸の内「おうち割烹 ふるかわ」


割烹料理店のような本格的な和食ではなく、家庭料理の延長、いわゆる“おふくろの味”をアテに一杯飲みたくなることがある。

単身赴任や長期出張などで自宅を離れて暮らしている人はなおさら恋しいだろう。

そこでオススメしたいのが、名古屋市中区丸の内2丁目の『おうち割烹 ふるかわ』。

店構えこそ高級店のような重厚感があるものの、“おうち割烹”という店名が敷居を低くしている。






「私を含めた女性スタッフが作る家庭料理と、東京・銀座の名店で修業した職人が握る本格江戸前寿司の2つを看板メニューに、2017年10月にオープンしました。

丸の内界隈は単身赴任の方が多いので、とても重宝されています」と、女将さん。

残念ながら、女将さんを含めたスタッフは写真NGなので、ここでその姿を見せられないが、全員和服が似合う美人! 

料理やお酒がますます旨くなる(笑)。



まず、軽く飲むために用意していただいたのは、自家製のだし醤油に漬け込んだ「いくらの醤油漬け」(700円)。

醤油辛くなく、口当たりがまろやかで実に深みのある味わい。

ちびちびと飲むのにはぴったりの一品だ。


続いて、内容は日替わりの「お造り盛り合わせ」(1500円)。

この日は、マグロと鯛、イカ。

魚介を使った料理は、江戸前寿司のネタと同じものを使用しているだけに味と品質は折り紙付きだ。


「天婦羅盛り合わせ」(1500円)。

こちらもその日の仕入れによって内容が替わるが、魚介は生でも食べられるものを使っている。

薄衣を纏わせて、絶妙な火加減で揚げた天婦羅は、どれも食材そのものの旨みを十二分に引き出されている。


「お造りや天婦羅のほかにも、煮込みハンバーグやエビフライ、コロッケなど、あまり割烹料理店では見かけないメニューも用意しています。
それらのおかずにご飯と味噌汁を組み合わせて定食にされるお客様もいらっしゃいます」
(女将さん)



最後は、もう一つの名物である「江戸前寿司」。

写真はイメージだが、5カン(2000円)と7カン(3000円)を用意している。

どれも、ていねいな仕事がしてあり、口の中に入れるとシャリがハラリとほどけてネタの旨みと一体となる。




「お客様の目の前で握るのではなく、皿盛りになりますから、シャリもそれに合わせて握り加減や温度を計算に入れて作っています。単品での注文も結構ですが、コースでも〆にお寿司をお出ししています」
(女将さん)



ちなみにコースは、ミニ刺盛と煮物、焼き物、揚げ物、寿司の全5品で4000円~。

寿司を沢山食べたい等のリクエストがあれば、予約時に伝えればOK。

また、ランチは日替わりのおかずとご飯、デザートが付く「日替わり定食」(900円)をはじめ、お吸い物と茶碗蒸し、デザート付きの「海鮮丼」(1000円)など。

普段使いから接待まで幅広く使える店だ。

おうち割烹 ふるかわ
[住所]愛知県名古屋市中区丸の内2-10-21
[TEL]052-218-7044
[営業時間]11時半~14時(13時半L.O.)※土はランチ休、18時~22時(21時半L.O.)
[定休日]日、祝




永谷正樹(ながや・まさき)
1969年生まれのアラフィフライター兼カメラマン。名古屋めしをこよなく愛し、『おとなの週末』をはじめとする全国誌に発信。名古屋めしの専門家としてテレビ出演や講演会もこなす。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

名古屋メシの専門家として、実際に食べてみて本当に美味しかったものや、名古屋のグルメ事情について、好き勝手に書き綴る。

関連するキーワード


家庭料理 名古屋めし

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(50) 高級フレンチのシェフが本気で作った『CHARLIE'S』の絶品フルーツサンド

名古屋エリア限定グルメ情報(50) 高級フレンチのシェフが本気で作った『CHARLIE'S』の絶品フルーツサンド

2年ほど前から「インスタ映えする」と、人気に火がついたフルーツサンド。カフェやフルーツショップ、サンドイッチ店など、ここ最近、名古屋でも美味しいフルーツサンドを食べさせてくれる店が増えた。 なかでも、『CHARLIE'S(チャーリーズ)』で売られているフルーツサンドは、ひと味もふた味も違うと評判だ。


名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

ここ何年かで安さをウリにしたステーキハウスが沢山増えた。が、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉を使っている店が大半である。 和牛となると、まだまだ敷居が高くなるのは否めない。そんななか、目を疑うような、信じられない値段で和牛が楽しめる店があると聞いて、中区大須へ向かった……。


名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

名古屋エリア限定グルメ情報(48) 岐阜県が誇るブランド豚「ボーノポークぎふ」の高いポテンシャルに驚愕!

愛知県の隣、岐阜県で肉といえば、飛騨牛があまりにも有名である。では、豚肉はどうか。岐阜のブランド豚、「ボーノポークぎふ」は、知名度こそまだまだだが、鹿児島の黒豚や沖縄のアグー豚にも負けてはいない。 今回紹介する『豚料理 とんと』は、ボーノポークぎふに魅せられた店主が作る、こだわり満載のメニューだ……。


名古屋エリア限定グルメ情報(47) 名古屋駅ホームのきしめんにまつわるさまざまな「ウワサ」を徹底検証してみた!

名古屋エリア限定グルメ情報(47) 名古屋駅ホームのきしめんにまつわるさまざまな「ウワサ」を徹底検証してみた!

きしめんと聞いて、名古屋駅のホームを連想される方は多いと思う。人によっては、「○番線ホームがいちばん旨い」とか「○番線ホームは天ぷらが揚げたて」など、真偽のほどは定かではないが、ネット上ではさまざまな説が論じられている。そこで今回は、駅ホームのきしめんの魅力に迫るとともに、ネット上の説について検証してみようと思う。


名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

名古屋エリア限定グルメ情報(46) 台湾&ベトナム好き姉妹が営むアジアン食堂『花果(ホアクア)』で絶品台湾メシ

私事で恐縮だが、今年の夏休みは少し後にズラして、ずっと前から行きたかった台湾へ行く予定。牛肉麺や魯肉飯、小籠包などを食べまくろうと思っている。それだけに、今、私は「台湾」というフレーズに敏感になっているのだ(笑)。 ってことで、名古屋に居ながら本場台湾の味が楽しめる店を発見した……。


最新の投稿


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


ランキング


>>総合人気ランキング