MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
大塚屋|名店『くるり』が屋号を変えて再出発(ラーメン/市ヶ谷)

大塚屋|名店『くるり』が屋号を変えて再出発(ラーメン/市ヶ谷)

濃厚味噌ラーメンの人気店『くるり』が屋号を変えてリニューアル。大塚屋 JR市谷駅から徒歩6分 ※ランチタイム有

大塚屋(最寄駅:市ヶ谷駅)

スープの濃度が最も高かったという創業初期の味をイメージし、背脂をたっぷり含んだ濃厚なスープを復活させた。今回、新たな要素としてスープに加えたのが一味唐辛子やラー油などの辛味成分。見た目は真っ赤なスープだが、背脂の甘みが中和してくれるので、辛さがあまり得意でないという人でも美味しくいただける。麺は手もみ風のやや縮れがかった平打ち麺。スープの粘度が高いため、麺にしっかり絡み、スープを“食べて”いるような感覚に。

辛味噌ラーメン
750円

シャキシャキに炒めたモヤシの下には、刻んだにんにく、生姜、玉ねぎが隠れている。ねっとりと濃厚なスープとよく混ぜることで、一層パンチの効いた味わいに。

辛味噌つけそば
800円

つけ汁もラーメンと同じく濃厚な仕様。辛さがほどよく効いたつけ汁の中には、角切りにしたバラ肉チャーシューがゴロゴロ入っている。麺量はたっぷり300g

大塚屋

東京都新宿区市谷田町3-2 トゥービル1F ☎03-3269-0801 [営]11時~15時半LO、17時~21時LO [休]日 [席]カウンター7席 [交]JR市谷駅から徒歩6分

電話番号 03-3269-0801
2015年12月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
人形町で愛されるラーメン店といえばココ! ラーメンは塩・醤油・味噌で懐かしい美味しさだ。
更新: 2019-05-20 11:52:44
串かつの店を昼間のみ間借りして営業している。煮干しや昆布などからとるスープは、澄んだ見た目以上に香りと旨みが力強く、弾力あるコシの細麺との相性も抜群だ。
更新: 2019-05-13 13:09:04
鶏ガラとトンコツを重ねたスープは濃厚さがありつつもスッキリ。かえしは白醤油と黒醤油の2種類があり、白醤油はスープの味わいを繊細に際立たせ、黒醤油はコクと深みを増している。
更新: 2019-05-13 11:51:13
こだわりの炭火焼鳥の店でランチのみ味わえるのが勝浦タンタンメン。透き通った赤いスープは見るからに辛そうだが、豚の旨みや野菜の甘みが凝縮して爽快な辛旨味!
更新: 2019-05-14 15:44:36
モダンな店構えのイタリアンバルが、昼は名物の長崎ちゃんぽんをはじめ、皿うどん、カレーちゃんぽん、極旨辛の炎のちゃんぽんまで、6種類のちゃんぽんを提供。豚骨、アサリ、野菜を5時間以上煮込んだ白濁スープはマイルドでクリーミーな味わい。
更新: 2019-05-15 15:29:46
最新の投稿
実は、誰にも頼まれていないが、ここ3年くらいずっと吉祥寺で追っている案件がある。 それは幻のジャーマンレモンパイである。 調査対象は、アトレ吉祥寺に入っているバームクーヘンでおなじみの『J』。 欧文の綴りのイメージが違うんだけど、1文字目の音は「ユ」ね……。
更新: 2019-06-26 16:00:00
中野にある老舗が2018年2月にオープンさせた新店。炭火の焼き台の前に立つのはこの道40年のベテラン職人、森川さんだ。
更新: 2019-06-26 13:37:36
そのビジュアルは、ローストビーフ丼というよりユッケ丼!? 実力店が軒を連ねる神楽坂で、予約困難な人気焼肉店が打ち出すランチの名物メニューだ。
更新: 2019-06-26 13:28:48
名古屋めしのなかでもイマイチ注目度の低いきしめんを見つめ直そうと、地元で昔から営んでいる店を食べ歩くようになり、その旨さに驚愕したお店のうちの1軒が、今回紹介する愛知県西春日井郡豊山町にある『みのや』だ……。
更新: 2019-06-24 16:00:00
浜名湖産天然うなぎから、共水うなぎに変えたのは約14年前。「力強い旨みが衝撃的で、タレに三河のたまり醤油を足すことにしたくらいです」と店主の伊藤正樹さん。
更新: 2019-06-26 13:40:32

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt