日本橋 うしやま|ひと皿ひと皿に真心が込められた感動を呼ぶ懐石料理(日本料理/日本橋)

日本橋 うしやま|ひと皿ひと皿に真心が込められた感動を呼ぶ懐石料理(日本料理/日本橋)

日本橋のとあるビルの地下でとっておきの食空間を見つけた。夜は懐石のおまかせコースが2種類のみ。


日本橋 うしやま(最寄駅:日本橋駅)

上品な先付から始まり、季節感あふれる前菜やお造りなど、手間暇かけた品々は「もっと日本料理に親しんでほしい」と店主の牛山さんが考え抜いたおしながきだ。それが単なる"美味しい料理"という印象だけにとどまらないのは、随所におもてなしの心が感じられるからだろう。

「大事にしているのは、当たり前だけど手を抜かないこと」と牛山さんが力を込める通り、いい食材をなるべく安く提供できるよう毎日自分の目で魚を選び、調理法を工夫し、感動してもらえるよう演出にもひとひねりしている。例えば鮎の焼き物は、風干ししたものを2枚におろして骨を取り除き、再び元の姿に戻して塩焼きに。さらに笹の葉で燻してその煙と共に鵜籠で運ぶ。お凌ぎに至っては毎日店内で打つ二八蕎麦だ。それら料理を前に歓声と笑顔あふれる店内を見渡せば、いい店だなあと、頷くばかり。

コース(9品) (内容は月替わり) 5400円

写真は7月のおしながき。華やかな前菜には、卵の黄身を酢と砂糖で練り上げ茗荷で包んだ黄身寿司や、コリコリのつぶ貝などが入る

笹の葉で燻して鵜籠で運ばれる鮎の塩焼きは誰もが感嘆の声を上げる品。8月ごろまで提供する。すだち酢を付けていただく。骨せんべいもパリッとして美味。二八で打つ蕎麦は季節で蕎麦粉を変える。現在は北海道産

冷やし鉢は2時間蒸して柔らかくした鮑やシャキシャキのレンコンなど、食材によってダシや炊き方を変えて調理している。〆の食事は青しば漬けともち米を器ごと蒸したもの。下に桜の葉をしのばせており、風味豊かだ

会席弁当 2700円(昼・12時40分以降の利用で要予約)

とうもろこしの天ぷらなど旬の味が重厚なお重に盛られ、特別感も満載

日本橋 うしやま

[住所]東京都中央区日本橋2-2-20 日本橋仲通りビル地下1階 [TEL]03-3275-9475 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~22時半(21時LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝 [席]カウンター12席、テーブル14席、計26席/全席禁煙/要予約(昼の和定食利用は予約不可)/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか日本橋駅B0出口から徒歩2分

電話番号 03-3275-9475
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

秋葉原の老舗天ぷら店土日限定ランチ「メガ盛り大名天丼」は迫力満点で絶品!

大正7年創業の老舗『ひさご』が、土・日のランチのみ1日10食限定で提供している迫力満点の天丼。旬の野菜と築地で仕入れる新鮮な魚介を惜しみなく使う太っ腹さ、食後感を軽やかにと揚げ油にサラダ油を使用する気配り……老舗ならではの味わいで、これが絶品なのだ。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

[ねぎま]の「ねぎま鍋」のグルメ記事と写真(北池袋)

ねぎま鍋で知られた北池袋の『なべ家』は江戸料理の大家・福田浩さんの店、惜しまれつつ閉店したが、そこで仲居をしていたのがこの店の女将。[交通アクセス]東武東上線北池袋駅から2分、JR赤羽線ほか板橋駅西口から徒歩10分


[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

[吉次蟹蔵]毛ガニの旨みと辛さコクが渾然一体の贅沢な旨辛鍋(和食/中目黒)

中目黒エリア「吉次蟹蔵」の「毛ガニ大根鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。鍋の中には丸ごと一杯の毛ガニが鎮座し、3種の唐辛子で真っ赤に染まっている。圧倒的な見た目だが、それは始まりに過ぎない。


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


最新の投稿


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


ランキング


>>総合人気ランキング