MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。

ひよく亭(最寄駅:日本橋駅)

先代からの志を若き2代目がそのまま受け継ぐ
夏はハモ、冬はフグが看板食材と聞けば高級店かと尻込みするが、心配はご無用。メニューを見れば安くて量も満足のつまみが多彩に揃う。それは「腹いっぱい食べてほしい」という亡き父から受け継ぐこの店の姿勢。丁寧に骨切りした「鱧天ぷら」は何切れも盛られているし、「盛込さしみ」は大トロ、中トロ、赤身に旬の魚も入ってかなりのお値打ち。どれも奇をてらわずしみじみ旨い。ランチも人気で、自家製ゴマだれで和えたマグロ丼や大根炒めを加えたしらす丼など、限定品を求めて行列ができるほどだ。

盛込さしみ
2300円

豪華に盛り付けたインドマグロの大トロや中トロ、旬のカツオやヒラメなど7種類ほどが入る

鱧天ぷら
700円

この日のハモは徳島産。肉厚でほっくり。

筑前煮
680円

筑前煮は福岡出身の父から受け継ぐレシピ。オリーブオイルで炒めてから、干椎茸の戻し汁などを加えて甘辛く煮る。しっかりと味がしみていて酒のつまみに最適

しらす丼
880円(ランチは小鉢3品付き、夜は単品で650円)

釜揚げしらすに、砂糖と醤油で味付けた大根炒めを合わせてご飯の上に。ヤミツキになる味わいだ。ランチでは10~15食の限定。夜も注文可

ひよく亭

[住所]東京都中央区日本橋2-2-15 森井ビル1・2階 [TEL]03-3273-0720 [営業時間]11時~13時半、17時~21時半LO ※ランチタイム有  [休日]土・日・祝(土は応相談) [席]1階テーブル20席、2階座敷30名、計50席/全席喫煙可/夜は予約可/夜はカード可/サなし、お通し500円別 [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか日本橋駅B0出口から徒歩1分

電話番号 03-3273-0720
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00
1階はカウンター立食席で、お昼はおむすび、夜はお酒と軽めの食事を提供。2階は小さな本屋スペースと一緒に、座って飲食を楽しめる空間になっている。
更新: 2019-04-15 12:00:00
 能、狂言、日本舞踊……これほどの伝統芸能、各流派が日替わりで出演する場は他にはないだろう。2018年3月に誕生したこちらは人気アーティストの木村英智さんが手掛ける劇場型レストラン。
更新: 2019-04-04 18:00:00
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt