まぐろ 高直|江戸っ子夫婦が切り盛りする人情味あふれる魚の店(魚介・海鮮料理/日本橋)

まぐろ 高直|江戸っ子夫婦が切り盛りする人情味あふれる魚の店(魚介・海鮮料理/日本橋)

「焼き、煮付け、刺身。魚はこれだけ」。そう言って、にっと笑う「まぐろ 高直」店主の前島さん。日本橋で生まれ育った生粋の江戸っ子で、築地のマグロ仲卸で40年近く働いていた目利きのプロでもある。よって市場に旧知の仲間も多く、質のいい天然物を仕入れられるのだそう。


まぐろ 高直(最寄駅:日本橋駅)

日本橋で生まれ育った生粋の江戸っ子で、築地のマグロ仲卸で40年近く働いていた目利きのプロでもある。よって市場に旧知の仲間も多く、質のいい天然物を仕入れられるのだそう。取材日に並んだのは東京湾の太刀魚に銚子の金目鯛など個体を見極めた面々。看板のマグロはさっぱりした脂身のメバチと決めている。「何にする? 江戸前の太刀魚は味が違うよ」なんてやり取りして注文を決めるのも粋な気分だ。野菜小鉢は妻の孝子さんの担当。魚料理に寄り添う優しい味で、心もほっこり。あまりの居心地の良さにとぐろを巻いてしまいそうだ。

煮魚 金目鯛 1836円

金目鯛は頭とカマ部分を豪快に煮付けに。甘過ぎない味付けで、食材そのものの旨みが感じられる

お刺身 まぐろ 1080円

マグロはメバチ1本で勝負。クドくない脂の中トロと、酸味が程良い赤身が美味。

焼魚 太刀魚 1404円

東京湾で獲れた太刀魚の焼き魚は脂がのっていてふわっふわ。

いんげんゴマ和え 540円

女将さんが作るインゲンのごま和えは家庭的な味

まぐろ 高直

[住所]東京都中央区日本橋2-9-7 [TEL]03-3281-5826 [営業時間]17時~22時半(22時LO) [休日]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル10席、計18席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし、お通し432円別 [交通アクセス]都営浅草線ほか日本橋駅D3出口から徒歩1分

電話番号 03-3281-5826
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


食べ応え満点!丸の内でパスタランチ!(イタリアン/東京)

食べ応え満点!丸の内でパスタランチ!(イタリアン/東京)

アマルフィイ・モデルナ|見目麗しい皿の数々に、思わずみとれる。こちらは鎌倉・七里ヶ浜に本店を構えるイタリアン。


[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内] 本格江戸前握りのセットが食べられる穴場(寿司/東京駅)

[鮨 竹山 丸の内]のグルメ記事と写真のページ。創業明治22年の老舗でお寿司、というと敷居が高そうに聞こえるけど、平日昼は1080円から本格江戸前握りのセットが食べられる穴場。気軽なテーブル席もいいが、より優雅に味わいたいなら白木のカウンターへ。[アクセス]丸の内オアゾ6階


日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

日本橋 まえ田|ご飯が見えないほど穴子たっぷりの釜飯!(魚介・海鮮料理/東京)

 ご覧の通り、ご飯が見えないほど穴子が敷き詰められた釜飯に目が釘づけになった人も多いのでは? 期待を裏切らないとはこのこと。


「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久」の看板メニューは旨みと辛みのカレー南蛮

「日本橋 やぶ久(そば/日本橋)」は明治35年創業の老舗だが、お客さんの声に応えて進化し続けている。そのひとつが、看板メニューとも言えるカレー南蛮。


最新の投稿


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


ランキング


>>総合人気ランキング