何を食べても感涙必至!山形&山梨の美味を日本橋で堪能|ジジ&ババ(洋食/日本橋)

何を食べても感涙必至!山形&山梨の美味を日本橋で堪能|ジジ&ババ(洋食/日本橋)

日本橋「ジジ&ババ」は味、量、値段、そして家族経営ならではの温かいもてなしで、界隈でも指折りの人気を誇る。ジジ(ご主人) の出身地、山形県の銘柄牛や直送野菜など、食材へのこだわりは相当なもの。


ジジ&ババ(最寄駅:日本橋駅)

ババ(奥さん)の実家・山梨県のワイナリーで造る無添加ワインもオススメ。

炙り山形牛ローストビーフ風 一口切りで盛り合わせ(2人前) 1450円

主役のポテトサラダとお野菜のサラダ(2人前) 750円

ジジ&ババ

[住所]東京都中央区日本橋2-2-15 日本橋テイトビル2階 [TEL]03-3274-1797 [営業時間]11時~14時半、17時~24時、土17時~23時 ※ランチタイム有  [休日]日 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分

電話番号 03-3274-1797
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

インパクト大!美味しすぎる「お通し」の正体とは?!西秋葉原『オレンチ』

“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。


東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原のオシャレで粋な「ネオ酒場」の代表格、『酒場 晩葡』!

東秋葉原『酒場 晩葡』|店の外にやさしく灯るオシャレな看板。だけでなく、ぶら下がる赤提灯も酔客を惹きつける。


カルボ好き必食!『アルポルトカフェ 日本橋髙島屋店』の感動カルボナーラ!

カルボ好き必食!『アルポルトカフェ 日本橋髙島屋店』の感動カルボナーラ!

『アルポルト』の片岡護シェフといえばイタリア料理界の重鎮。その片岡シェフが少年時代に食べて大感激、イタリア料理の道に進むきっかけとなったのが、カルボナーラだ。


インパクトありすぎの進化系「目玉焼き」!神泉『オルランド』

インパクトありすぎの進化系「目玉焼き」!神泉『オルランド』

たっぷりのオリーブオイルと、少量のバターで揚げ焼きにした目玉焼き。雪のように上にかかっているのは、黄金色のボッタルガ(イタリア産のカラスミ)だ。


美味しさに悶絶!『銀座 しまだ』の淡雪チーズがかかった「卵かけごはん」

美味しさに悶絶!『銀座 しまだ』の淡雪チーズがかかった「卵かけごはん」

伊勢エビ、ズワイガニ、黒毛和牛……、極めつきの食材を使った、高級割烹顔負けの料理が自慢の銀座を代表する立ち飲みの名店だ。言わずと知れた名物が「からすみソバ」。


最新の投稿


美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

美食とスパも揃う、名門カジノリゾート 「ソウル・ウォーカーヒル」一泊二日の旅【PR】

羽田空港からおよそ2時間で行ける都市、ソウル。街中で買い物やエステ、美食にいそしむのも悪くはないが、ゆったりとした時間が流れるシティリゾートで過ごしてみてはいかがだろう。半世紀にわたって愛されてきた名門カジノリゾートの魅力を紹介したい。 (文/大山次郎)


創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

創業大正7年!100年続く「元祖カツカレー」!浅草『河金 千束店』

ご飯、キャベツの千切り、カツ、そしてカレーと丼の中が4層になった「河金丼」。カツには国産豚のもも肉を使用し、そこに豚コマ、玉ネギというシンプルな具材で懐かしさを覚えるカレーがとろり。


早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田名物「ワセカツ!丼」は、ソースカツ丼好きなら必食だ!

早稲田『ワセカツ!奏す庵』|店名の“ワセカツ!”とは、薄いカツを特製のソースに浸したカツ丼のこと。早稲田の地で生まれたことと、早く揚がるという趣旨の“早生”の両方をかけた名だという。


マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

マグロ好き集まれ!コスパも抜群!都内「マグロ自慢」の名店 6選

人気グルメ情報誌「おとなの週末」の覆面調査で発見した、東京都内のマグロが本当に美味しいおすすめのお店をご紹介!六本木一丁目、赤坂見附、高円寺、新橋、神田、有楽町で見つけたイチオシの6軒です。


ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

ロゼ色に輝く「極旨ヒレかつサンド」!東銀座『とんかつ にし邑』

2代目が揚げるロゼ色に輝くとんかつは火入れが肝要。短時間で揚げて余熱で芯まで火を入れるため、肉が驚くほど柔らかい。


ランキング


>>総合人気ランキング