明治33年にカステラ専門店として創業した『文明堂』自慢の逸品

明治33年にカステラ専門店として創業した『文明堂』自慢の逸品

文明堂カフェ(カフェ/日本橋)|きめ細やかな黄金色の断面、食欲をかきたてる焼き面……。ため息が出るほど美しいこのカステラは、明治33年にカステラ専門店として創業した『文明堂』自慢の逸品だ。


BUNMEIDO CAFÉ|文明堂カフェ(最寄駅:三越前駅)

時代を超えて愛される珠玉のカステラ

カフェのオープンは2013年。どら焼きの生地で作るパンケーキや、カステラで作るフレンチトーストを目当てに訪れるファンも多い。また、ハヤシライスやナポリタンといった洋食、さらには酒のメニューも大充実。甘党にも辛党にも、一杯楽しみたい呑ん兵衛にも幸せをもたらしてくれる。

文明堂 特撰カステラ 二種あわせ、京都宇治茶 880円、 680円(セットの場合390円)

「特撰ハニーかすてら吟匠」(手前)と「特撰五三カステラ」(奥)。窓から眺めるプチ庭園が涼やか

焼き立て“三笠”パンケーキ 特製餡とホイップクリーム 抹茶アイス添え、カフェ・ラテ 980円、630円 (セットの場合390円)

注文後に薄く胡麻油をひいた銅板で焼く。醤油と清酒が隠し味。提供は14時~。ラテアートもお見事!

BUNMEIDO CAFE

[住所]東京都中央区日本橋室町1-13-7 PMOビル1F [TEL]03-3245-0002 [営業時間]11時~23時(日・祝~21時)※ランチタイム有  [休日]無休 [席]60席/全席禁煙/カード可/平日14時以降予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A4出口から徒歩2分

電話番号 03-3245-0002
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

 1481年に建立された川崎市の信行寺。住職の浅野さんが「仏教の教えをもっと身近に感じてほしい」と、6年前に新丸ビルのカフェとコラボで1週間の寺カフェを開いたところ好評で、3年前に常設の寺カフェをオープンさせた。


東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

東京日本橋で涼むならここ!日本橋でおすすめの老舗のカフェ2店

散策の合間に、老舗のカフェでひと休み。江戸文化が薫る日本橋は今も昔も美味しい店が集まっています。品格あるこの街の風情にしっくりと馴染むのは、何といっても和のお店。暑い夏、東京の日本橋で涼むのにおすすめな老舗カフェを2店 ご紹介。


果実園|キッチンストリートのココも三ツ星店!(スイーツ/東京)

果実園|キッチンストリートのココも三ツ星店!(スイーツ/東京)

フルーツパルフェやパンケーキ、フルーツサンドなどで旬のフルーツを存分にいただける果物専門店。写真は朝11時まで提供しているモーニング。


三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

三越前にひたすら米の旨さを追求する米が主役の和食店。

日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。


日本橋の“人気洋食店”の夜の顔!「洋食で一杯」おすすめ3店

日本橋の“人気洋食店”の夜の顔!「洋食で一杯」おすすめ3店

「洋食で一杯!」は日本橋ならではの楽しみ。老舗が多い日本橋にはハイカラな洋食店が多くありますが、夜は酒を愉しむ洋風居酒屋としてにぎわっているとのこと。真偽を確かめるべく、を覗きに出かけてきました。


最新の投稿


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


ランキング


>>総合人気ランキング