ため息が出るほど美しい「カステラ」が文明堂の自慢の逸品!|BUNMEIDO CAFE(カフェ/日本橋)

ため息が出るほど美しい「カステラ」が文明堂の自慢の逸品!|BUNMEIDO CAFE(カフェ/日本橋)

きめ細やかな黄金色の断面、食欲をかきたてる焼き面……。ため息が出るほど美しいこのカステラは、明治33年にカステラ専門店として創業した『文明堂』自慢の逸品だ。


BUNMEIDO CAFÉ(最寄駅:三越前駅)

時代を超えて愛される珠玉のカステラ
カフェのオープンは2013年。どら焼きの生地で作るパンケーキや、カステラで作るフレンチトーストを目当てに訪れるファンも多い。また、ハヤシライスやナポリタンといった洋食、さらには酒のメニューも大充実。甘党にも辛党にも、一杯楽しみたい呑ん兵衛にも幸せをもたらしてくれる。

文明堂 特撰カステラ 二種あわせ、京都宇治茶 880円、 680円(セットの場合390円)

「特撰ハニーかすてら吟匠」(手前)と「特撰五三カステラ」(奥)。窓から眺めるプチ庭園が涼やか

焼き立て“三笠”パンケーキ 特製餡とホイップクリーム 抹茶アイス添え、カフェ・ラテ 980円、630円 (セットの場合390円)

注文後に薄く胡麻油をひいた銅板で焼く。醤油と清酒が隠し味。提供は14時~。ラテアートもお見事!

BUNMEIDO CAFE

[住所]東京都中央区日本橋室町1-13-7 PMOビル1F [TEL]03-3245-0002 [営業時間]11時~23時(日・祝~21時)※ランチタイム有  [休日]無休 [席]60席/全席禁煙/カード可/平日14時以降予約可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか三越前駅A4出口から徒歩2分

電話番号 03-3245-0002
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

宴会もチョイ飲みもおまかせ!使い勝手抜群の一軒|ブラッスリー TOYO(洋食/日本橋)

1階は喫茶、2階のレストランでは懐かしい美味しさの洋食やおつまみメニューが楽しめる。200席の広々とした空間には個室も用意。


日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔|京の馳走 はんなりや(郷土料理/日本橋)

日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔|京の馳走 はんなりや(郷土料理/日本橋)

2階の店へと続く階段を進むとお香がほのかに漂い、店内に入れば凛とした空気が心地いい。カウンターには大鉢のおばんざい、メニューを開けば京の味覚が勢ぞろい……そう、ここは日本橋の小京都。


きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

きよ川|蕎麦屋でも居酒屋でも使い勝手のいい地元密着店(そば/日本橋)

蕎麦と季節料理、どちらも主役。昼はサラリーマンが通う蕎麦屋として、夜は豊富なつまみで一杯、〆に蕎麦を手繰る居酒屋として。


ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

ひよく亭(日本料理/日本橋)|つまみは安くて量も満足!人気ランチは行列必至

「ひよく亭」は元力士の先代が新橋で創業し、日本橋に移って約30年。現在は京都の日本料理店で修業した2代目が切り盛りしている。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング