日本橋に久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営するお店|越後の蔵 にほんばし 越州(郷土料理/日本橋)

日本橋に久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営するお店|越後の蔵 にほんばし 越州(郷土料理/日本橋)

日本橋の「越後の蔵 にほんばし 越州」は久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営。越州は千秋楽という食用米を復活させて醸した酒で、同社の基本“食中酒”として料理に寄り添う味わい。と同時に、新潟の食を味わってもらおうというのが狙いだ。


越後の蔵 にほんばし 越州(最寄駅:日本橋駅)

淡麗辛口滋味深い新潟の酒と郷土が育んだ酒肴の妙を

まずは食材を厳選した新潟ならではの酒肴がたまらない。貝柱のダシに根菜、里芋のとろみがいい「のっぺ」をはじめ、村上名物「鮭の酒びたし」、えごぐさという海藻を練り固めた「佐渡のえごねり」等々、間違いなく日本酒が進む。冷めても美味しい常田豆腐店の「栃尾の油揚げ」は、ねぎ味噌や納豆を挟んでも旨し。極め付けは力強くもすっと消えていく脂が旨い「のど黒塩焼き」か。まさに新潟の“ごっつお”三昧である。

日本海のど黒塩焼き 時価(4000円前後)

食べ応えも旨みも充分なのど黒。白身ながら濃厚な味わいで品のいい脂が旨い

越後名物のっぺ 720円

新潟の代表的な郷土料理のっぺ。冷やしても旨い。

越後の五種盛り 1480円(期間限定9/15まで)

酒肴は左上から時計回りに、佐渡のもずく、佐渡のえごねり、氷頭なます、鮭の酒びたし、干しずいきのきんぴら。各単品でも注文可

栃尾の油揚げ焼き 700円

ふっくら旨みのある栃尾の油揚げ。

越州 酒三昧(呑み比べ) 1500円

左から弐乃越州(吟醸)、悟乃越州(純米大吟醸)、参乃越州(純米吟醸)。軽快かつふくらみのある飲み口だ

越後の蔵 にほんばし 越州

東京都中央区日本橋2-2-16 共立日本橋ビル地下1階 [TEL]03-6225-2630 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時15分ドリンクLO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル・座敷52席 計60席/カウンター席のみ禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し500~700円別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩1分

電話番号 03-6225-2630
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

脂ノリノリの「絶品 鯖寿司」を純米酒と堪能!五反田『酒場それがし』

扱う日本酒は純米酒が原則。人気銘柄も飲めるので、日本酒好きには知られた人気店だ。


絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

絶品天ぷら&鮮魚が楽しめる和バル!湯島『天ぷら&フィッシュバルころも』

目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。


1日20食限定のちらし寿司!超高級寿司屋さんの味を気軽に楽しめる名店

1日20食限定のちらし寿司!超高級寿司屋さんの味を気軽に楽しめる名店

日本橋『すきやばし次郎日本橋髙島屋店』|「本店のおやじさんから教わったことをやってるだけです」。店主の河端さんは謙虚に語る。


じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

じわっと旨さの幸福感が心を満たす!根津『瞬彩 真』

瞬彩 真(日本料理/根津)|根津にまたひとつ、魅力的な和食店が誕生した。いい店の条件は人それぞれだけど、言うなればここは店主の誠実さがどの料理にも感じられることだろう。


宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

宮崎の鶏と酒に酔いしれる 谷中『和味』は商店街きっての実力店!

繊維の奥からあふれ出す肉汁、ほど良い歯応え、そして冴えわたる旨みに、ひと串目から感動! この鶏肉の正体こそ、宮崎の豊かな山林で、ブロイラーの3倍以上の日数をかけて飼育された「黒岩土鶏」。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング