日本橋に久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営するお店|越後の蔵 にほんばし 越州(郷土料理/日本橋)

日本橋に久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営するお店|越後の蔵 にほんばし 越州(郷土料理/日本橋)

日本橋の「越後の蔵 にほんばし 越州」は久保田で有名な新潟の朝日酒造が経営。越州は千秋楽という食用米を復活させて醸した酒で、同社の基本“食中酒”として料理に寄り添う味わい。と同時に、新潟の食を味わってもらおうというのが狙いだ。


越後の蔵 にほんばし 越州(最寄駅:日本橋駅)

淡麗辛口滋味深い新潟の酒と郷土が育んだ酒肴の妙を

まずは食材を厳選した新潟ならではの酒肴がたまらない。貝柱のダシに根菜、里芋のとろみがいい「のっぺ」をはじめ、村上名物「鮭の酒びたし」、えごぐさという海藻を練り固めた「佐渡のえごねり」等々、間違いなく日本酒が進む。冷めても美味しい常田豆腐店の「栃尾の油揚げ」は、ねぎ味噌や納豆を挟んでも旨し。極め付けは力強くもすっと消えていく脂が旨い「のど黒塩焼き」か。まさに新潟の“ごっつお”三昧である。

日本海のど黒塩焼き 時価(4000円前後)

食べ応えも旨みも充分なのど黒。白身ながら濃厚な味わいで品のいい脂が旨い

越後名物のっぺ 720円

新潟の代表的な郷土料理のっぺ。冷やしても旨い。

越後の五種盛り 1480円(期間限定9/15まで)

酒肴は左上から時計回りに、佐渡のもずく、佐渡のえごねり、氷頭なます、鮭の酒びたし、干しずいきのきんぴら。各単品でも注文可

栃尾の油揚げ焼き 700円

ふっくら旨みのある栃尾の油揚げ。

越州 酒三昧(呑み比べ) 1500円

左から弐乃越州(吟醸)、悟乃越州(純米大吟醸)、参乃越州(純米吟醸)。軽快かつふくらみのある飲み口だ

越後の蔵 にほんばし 越州

東京都中央区日本橋2-2-16 共立日本橋ビル地下1階 [TEL]03-6225-2630 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時~23時(22時15分ドリンクLO)※ランチタイム有  [休日]土・日・祝 [席]カウンター8席、テーブル・座敷52席 計60席/カウンター席のみ禁煙/予約可/カード可/サなし・お通し500~700円別 [交通アクセス]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩1分

電話番号 03-6225-2630
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


種類が豊富な日本酒の飲み放題・飲み比べができる東京おすすめ4軒

種類が豊富な日本酒の飲み放題・飲み比べができる東京おすすめ4軒

豊富な酒種の飲み放題や気になる酒蔵の酒を、飲み比べ。そんな夢のような楽しみ方を供してくれる東京都内の4軒をご紹介します。


讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

讃岐うどん と ワインは意外と相性抜群!?錦糸町『分讃岐うどん あ季 時譚』

 2017年11月に個性溢れる店がオープンした。定番の天ぷらや牛スジ煮込みに混じって、ローストビーフや鴨のロティといった洋のつまみが品書きに顔をのぞかせる。


久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原『自然坊』のとんかつはサクッと軽い食感!日本酒を合わせて一杯!

久が原のとんかつ店「自然坊」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真ページ。唐津焼の力強い刷毛目の皿の上にのったとんかつの風情がいい。気取りはないが、丁寧な仕事がなされているのがよくわかる。[住所]東京都大田区久が原4-19-24 [TEL]03-5700-5330


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング