日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔|京の馳走 はんなりや(郷土料理/日本橋)

日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔|京の馳走 はんなりや(郷土料理/日本橋)

2階の店へと続く階段を進むとお香がほのかに漂い、店内に入れば凛とした空気が心地いい。カウンターには大鉢のおばんざい、メニューを開けば京の味覚が勢ぞろい……そう、ここは日本橋の小京都。


京の馳走 はんなりや(最寄駅:三越前駅)

腕をふるうのは祇園で修業した店主の松上さんだ。主な食材は地元の市場から直送し、ちりめんじゃこや生湯葉もすべて手作り。「1日中仕込みをしていますよ」と松上さんは苦笑するも、全ては本物の京料理を伝えるためだ。ことにダシには心を配る。昆布と鰹に鯖節などを加えて風味良くするのが特徴で、ほとんどの調理に使う京料理の命だとか。伝統技と確かな仕事から生まれる味わいは上品。肩ひじ張らず楽しめるのも魅力だ。

季節の八寸 (コースの1品・単品注文は事前予約で1620円~)

内容は変わる。11880円のコースのひと品だが、予約すれば単品注文も可。京都で定番の鯖寿司のほか鱧の肝煮など心も華やぐ品々だ

冷やし鉢 1296円

この日の冷やし鉢には関東ではあまりお目に掛かれない白芋茎も入る

鰊と茄子 1296円

おばん菜取り合わせ 1296円

京都人のおふくろの味、おばんざいは常時12種類ほど揃えている。少しずつ味わいたい人はおからや高野豆腐などを盛り合わせた写真のひと皿がおすすめ。「大根葉とじゃこ」のちりめんじゃこは丹波篠山から取り寄せた実山椒を使う自家製

京の馳走 はんなりや

[住所]東京都中央区日本橋室町1-11-15 UNOビル2階 [TEL]03-3245-1233 [営業時間]11時半~14時(料理が無くなり次第終了)、17時半~22時(21時半LO)、土17時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝・土は月2回不定休(第1・3月のランチは休み) [席]カウンター8席、テーブル8席、個室3室 計30席/全席禁煙(個室は喫煙可)/予約可(昼は席のみの予約不可)/カード可/サ10%、お通し(先付)972円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3245-1233
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


代々木上原のそば『山せみ』

代々木上原のそば『山せみ』

この店を訪れるなら刺身類はぜひ注文されたし! というのも、築地のみならず、契約する三浦の漁師から水揚げしたばかりの新鮮な魚介を日々仕入れているのだ。


赤坂のそば『東京赤坂 やぶそば』

赤坂のそば『東京赤坂 やぶそば』

『かんだやぶそば』から暖簾分けした『杉並やぶそば』が、今年1月に赤坂サカスのダイニングに新店をオープン。「そば遊膳」と銘打ったコースには、カンピョウや玉子焼きを具に風味豊かな海苔で巻いた「そば寿司」や、もっちり感と溢れ出す香りを楽しめる「そばがき」など、伝統の蕎麦料理を盛り込んでいる。


最新の投稿


根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

根津の焼き鳥・鶏料理『照隅』

柔らかな雰囲気の店内。店主の杉本さんの応対も温かいなぁと和んでいたら、コースの序盤から一本取られてしまった。


護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

護国寺の焼き鳥・鶏料理『炭火焼鳥 そかろ』

店名の「そかろ」とは、ご主人が以前住んでいたメキシコにある「中央広場(公園)」の意味。「いろんな人が自然と集まる、憩いの場でありたいですね」と話す本間さん。


代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

代々木のそば『山形蕎麦茶寮 月の山』

郷土料理を肴に酒盃を傾け、板蕎麦で〆る。山形の豊富な山海の恵みを看板に、3月にお目見えしたばかりの新店だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

大阪ローカル穴場メシ情報[35] 十三で出会った石焼の絶品ひつまぶし。おこげとウナギの相性が絶妙なハーモニー

もともとは区役所の裏手にあった有名店が、約3年前に十三駅東口から徒歩2分の場所に移転。 『和屋』は、海鮮から創作料理まで、十三らしいお値打ち価格で食せる居酒屋だ。


撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

撮り鉄の「食」の思い出(43) ひたちなか海浜鉄道であんこう鍋&駅猫&多彩な車両を楽しむ/2012~2016年

茨城県のひたちなか海浜鉄道は常磐線に接続する勝田駅から海岸に近い阿字ヶ浦駅までを結ぶ電化されていないローカル線。この鉄道の魅力のひとつは、多彩な列車が走っていること。 それに、ひたちなか海浜鉄道の途中駅、那珂湊駅はネコの駅として有名です。 そんなマニアック情報に加え、今回の旅の目的は、あんこう鍋です……。


ランキング


>>総合人気ランキング