MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋のど真ん中で味わう

日本橋のど真ん中で味わう "本物"の京料理に心酔|京の馳走 はんなりや(郷土料理/日本橋)

2階の店へと続く階段を進むとお香がほのかに漂い、店内に入れば凛とした空気が心地いい。カウンターには大鉢のおばんざい、メニューを開けば京の味覚が勢ぞろい……そう、ここは日本橋の小京都。

京の馳走 はんなりや(最寄駅:三越前駅)

腕をふるうのは祇園で修業した店主の松上さんだ。主な食材は地元の市場から直送し、ちりめんじゃこや生湯葉もすべて手作り。「1日中仕込みをしていますよ」と松上さんは苦笑するも、全ては本物の京料理を伝えるためだ。ことにダシには心を配る。昆布と鰹に鯖節などを加えて風味良くするのが特徴で、ほとんどの調理に使う京料理の命だとか。伝統技と確かな仕事から生まれる味わいは上品。肩ひじ張らず楽しめるのも魅力だ。

季節の八寸
(コースの1品・単品注文は事前予約で1620円~)

内容は変わる。11880円のコースのひと品だが、予約すれば単品注文も可。京都で定番の鯖寿司のほか鱧の肝煮など心も華やぐ品々だ

冷やし鉢
1296円

この日の冷やし鉢には関東ではあまりお目に掛かれない白芋茎も入る

鰊と茄子
1296円

おばん菜取り合わせ
1296円

京都人のおふくろの味、おばんざいは常時12種類ほど揃えている。少しずつ味わいたい人はおからや高野豆腐などを盛り合わせた写真のひと皿がおすすめ。「大根葉とじゃこ」のちりめんじゃこは丹波篠山から取り寄せた実山椒を使う自家製

京の馳走 はんなりや

[住所]東京都中央区日本橋室町1-11-15 UNOビル2階 [TEL]03-3245-1233 [営業時間]11時半~14時(料理が無くなり次第終了)、17時半~22時(21時半LO)、土17時半~21時半(21時LO)※ランチタイム有  [休日]日・祝・土は月2回不定休(第1・3月のランチは休み) [席]カウンター8席、テーブル8席、個室3室 計30席/全席禁煙(個室は喫煙可)/予約可(昼は席のみの予約不可)/カード可/サ10%、お通し(先付)972円別 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩3分

電話番号 03-3245-1233
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 土佐鴨とは、高知の南東部に位置する芸西村でこだわりの穀物飼料と水を与えて育てられた合鴨のこと。プリッとした食感とクセのない身質が特長だ。
更新: 2019-04-08 18:00:00
 島根にある本社の社長から店に与えられたミッションがあるそうだ。ズバリ「東京で島根の魅力を伝えること」。
更新: 2019-04-06 18:00:00
屋号の「ハナハナ」は、沖縄の言葉で「乾杯」を意味することから。明るくかわいらしい店内の雰囲気とは裏腹に、コース、アラカルトともに大皿に景気よく盛られるのが特徴だ。
更新: 2019-02-05 12:00:00
八戸出身の店主・蔦林さん親子は言わば青森の宣伝隊。生産者が真面目に作っている本物の食材を知ってほしいと故郷の味をココ東京で独自に広めてるのだから。
更新: 2019-02-04 12:00:00
“あんま”(お母さん)と親しみをこめて呼ばれるのが、店を切り盛りする恵上イサ子さん。島の中学校の校長を定年退職後、奄美独特の食文化を次の世代に伝えたいと、料理人へ転身した。
更新: 2019-01-22 18:00:00
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt