MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
日本橋に青森全域から集まった素材を使った料理!|日本橋 三冨魯久汁八(和食/日本橋)

日本橋に青森全域から集まった素材を使った料理!|日本橋 三冨魯久汁八(和食/日本橋)

「青森の郷土料理というわけではなくて、青森の食材を使った料理です」と店主の石沢さん。三方の海、山に囲まれ、水にも恵まれた青森の食材、その素晴らしさを発信したいというのが願いだ。

日本橋 三冨魯久汁八(最寄駅:三越前駅)

料理はそんな素材を活かした「おまかせ」(5000円~)だ。まずは青森の野菜を活かした前菜。しんとり菜とお揚げの煮びたし、大鰐もやしのナムル……。食感や素材のよさが素直に伝わる。お造りの魚も青森直送。向こうでは当たり前に食べるというメヌケやマゾイ。弾力と甘みが新鮮だ。フジツボのお椀や焼魚、シャモロックの炭火焼に、焼かぜのご飯まで。ここに青森の銘酒が加われば、青森ワールドに目覚めること間違いなしなのだ。

お肉(青森シャモロックの炭火焼)、椀物(ふじつぼのお吸い物)、焼物(竜飛のまぐろ漬け焼)
 

マグロの漬け焼きは行者ニンニクの醤油漬けと一緒に。お椀の磯の香り、シャモロックの食感も実に◎

お造り、ほやの酢の物
 

ホヤと大間のもずくの酢の物。お造りは6種。いずれも新鮮そのもので海の香りを感じる

前菜
 

左上から時計回りに、しんとり菜とお揚げの煮浸し、焼きなす、いんげんごま炒め、長芋の白煮梅肉のせ、食用ほおずき、南瓜の田舎煮、大鰐もやしのナムル

食事(焼かぜご飯)
 

蒸し焼きにしたウニの甘みと磯の香りがたまらない

いちご煮
2300円(単品)

贅沢にウニを使用。香り高く旨し

日本橋 三冨魯久汁八(さぶろくじゅうはち)

写真:日本橋 三冨魯久汁八(さぶろくじゅうはち)の店内

[住所]東京都中央区日本橋室町1-11-6 [TEL]03-6202-3618 [営業時間]月~金11時~15時、17時半~22時半 土・日・祝11時~15時 ※ランチタイム有  [休日]不定休 [席]1階カウンタ-8席、2階座敷18席 計26席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし・お通し500円 [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか三越前駅A1出口から徒歩1分

電話番号 03-6202-3618
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369
東京駅の定食店「米どころん 八重洲店」のランチグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。ふっくらツヤツヤのご飯をお腹いっぱい食べたい!そんな時はここを訪れるべし。[住所]東京都千代田区丸の内1-9-2 グラントウキョウサウスタワー 地下1階
三軒茶屋「三茶呑場 マルコ」は居酒屋のような雰囲気ながら、ひと手間かけた料理とお酒が楽しめる。米は店主の出身地・新潟県の三大コシヒカリブランドのひとつ「いわふね米」を使用。
池尻大橋エリアの和食店「池尻本店 おわん」のおすすめメニューのグルメ記事と写真のページ。おわんを持った時のぬくもり、ほっとできる空間を大切にする店。店主は人との繋がりも大事にしており、滋賀県近江市の契約農家とも厚い信頼関係を紡ぐ。
日本橋 米祥(こめしょう)和食/三越前|食感や香りなど味わいの異なる、5種類のブランド米を常時用意する、米が主役の和食店だ。ひたすら米の旨さを追求した炊き方は、自宅では真似のできないプロの技。
 意外なほど朝ご飯が充実している鎌倉にあって、ここは別格。京都の朝食の名店が今年春に鎌倉店をオープンした。
1948(昭和23)年、店主・河野司さんの父が創業。以来70年、町屋の人たちに愛されている老舗酒場だ。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt