MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
今日のランチはココ!「日本橋海鮮丼 つじ半」の和食とラーメンが丼の中で調和する贅沢な海鮮丼(寿司/日本橋)

今日のランチはココ!「日本橋海鮮丼 つじ半」の和食とラーメンが丼の中で調和する贅沢な海鮮丼(寿司/日本橋)

「日本橋海鮮丼 つじ半」は「日本橋天丼 金子半之助」と「めん徳二代目つじ田」という2軒の人気店がコラボした海鮮丼の専門店。たった12席の店内に、連日300人以上の客が詰めかける。[交]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分 ※ランチタイム有

日本橋海鮮丼 つじ半(最寄駅:日本橋駅)

丼にうず高く盛りつけられているのは、生マグロ、中おち、ボタンエビ、カズノコ、貝類など9種類の具材を合わせたもの。ワサビを溶いた黄身醤油をかけて頬張れば、それぞれの具材の味わいや食感が、絶妙のバランスで引き立て合う。お楽しみはこれだけでは終わらない。ご飯をオカワリしたら、別皿の刺身をのせ、香味野菜や焼いた鯛のカブトを5時間煮込んでとった、ラーメンスープを思わせる濃厚なダシをかけてお茶漬けに。一見、共通性のない和食とラーメンが、丼の中で見事に一体となる瞬間だ。

ぜいたく丼(梅)
990円

別皿の刺身は旬の魚を使用し、この日は鯛とワラサ

『日本橋海鮮丼 つじ半』
日本橋

東京都中央区日本橋3-1-15 ☎03-6262-0823 [営]11時〜15時LO、17時〜21時LO、土・日・祝は通し営業 ※ランチタイム有 [休]お盆•年末年始 [交]地下鉄東西線ほか日本橋駅B3出口から徒歩2分

電話番号 03-6262-0823
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
池袋駅の構内は強豪店が点在する立ち食い寿司の激戦地。2017年6月の開業からまたたく間に行列店に成長したのが東武百貨店内にあるこちら。
更新: 2019-07-10 09:55:10
扉を開ければ真新しい白木のカウンターが目に飛び込んでくる。店の主・石川さんは築地場内で指折りの実力を誇る「岩佐寿し」から独立した。
更新: 2019-05-13 13:52:41
車エビや毛ガニなどの茹で物、穴子やヤリイカなどの煮物、玉子や小肌などの焼き物や〆物…。江戸前の仕事がされたネタが端正に並んだ姿が粋でちょっと惚れ惚れ。
更新: 2019-01-18 12:00:00
ネタとシャリとの一体感こそ、この丼の真骨頂。使用するのは、まったりとしたサーモンに酸味の小肌、歯応えを生むイカやタコなど。
更新: 2019-01-17 18:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt