創業から200年以上!味も歴史も随一の「うなぎの名店」|小川菊(うなぎ/川越)

創業から200年以上!味も歴史も随一の「うなぎの名店」|小川菊(うなぎ/川越)

「小川菊」の創業は文化・文政年間で200年以上の歴史を持つ、川越でいちばんの老舗だ。主に九州産の上質なうなぎを仕入れ、一子相伝で受け継がれたタレをまとわせながら、紀州備長炭で焼き上げる。


小川菊(最寄駅:本川越駅)

創業から200年以上!味も歴史も随一の老舗の名店

重箱の蓋を開けた瞬間にただよう香ばしさに、たまらず箸を口に運べば、ふっくらとした身からあふれる旨みとコクに感動! 大正初期に建てられた趣ある店内の雰囲気も味わいたい。

うな重(上) 3400円

輝くようなツヤとテリ! 見た目にも職人の高い技術が伝わってくる逸品だ。秘伝のタレはほんのり甘めでうなぎの脂のコクを存分に引き立てている

うざく 800円

まろやかであっさりとした酸味によって、うなぎの甘みをより繊細に感じられる

う巻 2000円

上品なダシ汁をふくんだ玉子焼きはふんわりとしたやさしい口当たり。中心にはたっぷりの蒲焼きが仕込まれている

小川菊

[住所]埼玉県川越市仲町3-22 [TEL]049-222-0034 [営業時間]11時~14時LO、16時半~19時半(19時LO)※ランチタイム有  [休日]木(他に不定休あり) [席]1階テーブル18席、2階テーブル28席、4名用個室1室 計50席/全席禁煙/予約は応相談/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]西武新宿線本川越駅東口から徒歩8分

電話番号 049-222-0034
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。


ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。


見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

江戸時代、東北諸藩の年貢米などを中継する水郷の街として栄えた佐原。伊能忠敬の育った地としても有名なこの街をぶらり散策、ニンマリうなぎしてきました。


絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

蔵造りの街並みが広がる川越は、食も観光も資源豊富。池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力だ。絶品のうなぎを堪能して最高の週末を過ごそう!


90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。


最新の投稿


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


ランキング


>>総合人気ランキング