90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

90年以上継ぎ足したタレでいただく上質のうなぎ|小川藤(うなぎ/川越)

本川越駅から県道51号線を歩いていると、モワッとした煙が見える。近づくにつれ、香ばしい香りが漂う。香りの先は、老舗うなぎ店『小川藤』だ。


小川藤(最寄駅:本川越駅)

大正12年の創業以来継ぎ足しているというタレに3度つけてじっくりと焼き上げるうなぎは、皮がカリッ、身はふんわりの絶妙な食感を生み出す。趣ある店内は1階がテーブル席と小上がりの座敷。2階は畳敷きの座敷で、雰囲気も抜群。最高の環境でうなぎをいただける。

うな重(竹) 2800円

「竹」はうなぎ1尾分を使用。ごはんの量も程よく、しっかりとうなぎの風味を堪能できる。タレはやや辛め

小川藤

写真:小川藤の外観

[住所]埼玉県川越市松江町2-3-1 [TEL]049-222-0643 [営業時間]11時半~15時(14時45分LO)、17時~20時(19時45分LO)※ランチタイム有  [休日]火 [交通アクセス]西武新宿線本川越駅東口から徒歩10分

電話番号 049-222-0643
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

埼玉県民歓喜!ハム&クラフトビールを川越の『GRILL & BEER SAIBOKU』で堪能

豚の育種・生産、精肉、製造・販売まですべてを手がける「サイボクハム」。埼玉県日高市にある本店エリアはミートショップ、レストラン、温泉などを併設。


ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。


見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

見てよし、食べてよし!千葉県佐原で小江戸「うなぎ」旅

江戸時代、東北諸藩の年貢米などを中継する水郷の街として栄えた佐原。伊能忠敬の育った地としても有名なこの街をぶらり散策、ニンマリうなぎしてきました。


絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

絶品うなぎを堪能!池袋から約30分の埼玉県川越を往く小江戸うなぎ旅

蔵造りの街並みが広がる川越は、食も観光も資源豊富。池袋から30分ほどで行けるアクセスの良さも魅力だ。絶品のうなぎを堪能して最高の週末を過ごそう!


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


最新の投稿


奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

奄美大島の居酒屋『あまみの魚たち』

「南国の魚のウマさを知ってもらいたい!」そうアツく語るのは店主の神山さん。名瀬漁協に足を運び、その日の水揚げから特に上質な魚介だけを自身でセリ落としている。


お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

お花茶屋の豆腐屋『気合豆腐 埼玉屋』

 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。


奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

奄美大島の郷土料理『焼酎ダイニング SAKE工房 心』

 黒糖焼酎の品揃えは、島内でもおそらくナンバーワン! 5島からなる奄美群島にあるすべての蔵元の酒を網羅し、そのボトル総数はなんと200本にも及んでいる。


奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

奄美大島の鉄板焼き『TEPPANYAKI 瑠璃』

 とびきり贅沢なディナーを楽しむなら、ここを置いて他になし! 使用する野菜や魚介はすべて奄美産。


曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

曳舟の豆腐屋『三善豆腐工房 キラキラ橘店』

 “生産者の思いも届けられる豆腐作り”を信念とし、店頭には使用する大豆名だけでなく、生産者の名前もズラリと並ぶ。絹や木綿は大豆違いで各3種類、その他に「ごま」や「ゆず」、夏季には「しそ」など、多くの豆腐が揃えられ、それぞれの豆腐にファンが付いている。イチオシなのが「小糸在来の絹」。


ランキング


>>総合人気ランキング