新橋〜有楽町ガード下グルメ!“ガード下の聖地”で美食巡りおすすめ5選(JR山手線・京浜東北線高架下)

新橋〜有楽町ガード下グルメ!“ガード下の聖地”で美食巡りおすすめ5選(JR山手線・京浜東北線高架下)

“ザ・ガード下”といえるのが新橋〜有楽町界隈。周辺で働く人々を満足させる店を巡りました。定番から最新までコスパの高い三ツ星店をご紹介します。


古き良きガード下

王道の新橋~有楽町ガード下で美味の名店を再発見

編集戎(以下戎)「コレコレこの雰囲気。やっぱガード下といえばJR新橋~有楽町間スね」

肥田木(以下肥)「だよね。高架下に並んだ酒場の風情はこれぞ王道。個人的に世界遺産に登録したいと本気で思ってるもん」

 新橋・烏森口は大手の店も多い印象。周辺で一番賑わっていた『サカナヤ オアジ 新橋店』に入ってみた。富山から初進出した居酒屋で、地元直送の魚とご当地料理に三崎マグロもウリ。

肥「店がチャラくない?」

 が、富山湾直送の刺身を食べて前言撤回。何てったってプリンプリンで新鮮。郷土料理もハズレなしだし、地元名物の味噌田楽串「あんばやし」なんてルーレットで提供本数を決めちゃって遊び心満載なんだから。ちなみに私は最高本数の15本ゲット。よし!

戎「これで今年の運勢、全部使い果たしちゃったりして」

肥「オメエには1本も食わせんっ」

 別の日は超有名だけど外せないビールの名店『新橋ドライドック』で一杯。徹底した品質管理を守って注ぐ味は相変わらず最高に旨い。その後は有楽町に向かう途中にあるチキンカツが名物の『T』へ。実は予約必須で、事前の電話で「チキンカツは提供に2時間以上かかることもあります」と念を押されていた。お世辞にもキレイとは言えない店に入ると、店主らしき男性が「2時間かかるけど」と再度確認してきた。本当に? ピクリとも笑わない。こりゃマジだ。こ、怖いよお~。

戎「肥田木さんにも怖いもんがあるんだ」

 待つこと1時間半。やってきたそれは分厚いのにふわぁと歯が入る驚愕の柔らかさ。こんなの人生ではじめて! そっか、店主は怖いんじゃない、味へのこだわりが強いんだ。忍耐力のある方はぜひ。

 有楽町は歴史ある赤レンガのガードの風情が素敵。耐震工事中の店舗もチラホラあるが、本場ドイツビールの樽生が飲める『バーデンバーデン』など名店は健在だった。そんな中、昭和28年から続く酒場『玉菊』が耐震工事で現店舗を閉めるという情報が。安くて大衆的な味と鰻の寝床のような細長~い店はなくなるのかあ。聞けば近くの仮店舗で営業し、1年ほど後に元に戻る予定だそう。

戎「このエリアは昔ながらの安い店も多くて好きだなあ」

 形を変えずガード下文化と歴史を未来へ繋いでほしいです。

サカナヤ オアジ 新橋店

富山の人気店がガード下に“ キトキト”鮮魚を毎日直送

 2013年に関東初進出した富山の人気店が、昨年新橋ガード下に移転オープン。富山湾で獲れた魚介や郷土料理、さらに新橋店限定の三崎マグロを看板に掲げて連日大盛況だ。自慢は地元から直送される鮮魚の刺身。豪快な「桶盛り」は旬の味がてんこ盛りで、生き生きと新鮮な状態を意味する方言通り、まさに“キトキト”! ご当地ラーメン「富山ブラック」のテイストを取り入れたオリジナル料理も侮れない。昼夜通し営業なのでランチはもちろん、昼飲みできるのも呑んべえの心を掴んでいる。

写真:富山から届く鮮魚の刺身のほか、地元料理が豊富に揃う。この日の「桶盛り」は、白エビやヒラメのほか三崎のマグロなど7種類を豪快に盛り合わせ。数人でシェアできるボリュームだ。「あんばやし」はルーレットで7~15の本数を決定。ゲーム感覚で楽しい。ご当地ラーメン「富山ブラック」を焼きそばにアレンジしたオリジナル料理も人気

[酒]ビール生550円~ 焼酎グラス500円~、ボトル2200円~ ワイングラス450円、ボトル2300円~ 日本酒1合550円~ [その他のメニュー]昼お造り定食1000円など 昼夜さといもの唐揚げ550円、だし巻き玉子600円、白海老唐揚げ900円など

店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-25-19 [TEL]03-6450-1135 [営業時間]11時半~23時(22時半LO、金は~翌4時)、土12時~翌4時(土はランチなし) [休日]日 [席]カウンター12席、テーブル席68席 計80席/全席喫煙可/予約可/夜のみカード可/サなし、お通し320円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩1分 MAP A

店長 赤井俊一さん

サカナヤ オアジ 新橋店の詳細ページへ

新橋ドライドック

徹底した管理で提供する極上のビールとつまみ

 ビール&新橋ガード下好きならこの店を知らぬ人はいないだろう。かつて銀座にあった名店『キールズ・バー』の精神を受け継ぎ、今年で10周年。徹底した器具類の洗浄や注ぎ方により“日本一スーパードライが美味しい”と名を馳せるのはご存じの通りだ。現在は国内外のクラフトも合わせて常時8種を用意し、それぞれ最高の状態で味わえるよう提供している。料理は王道のチキンバスケット。至福の旨さに日々の悩みも吹っ飛ぶはず。

写真:チキンバスケットは特製ダレに付けた鶏肉がシンプル。オムレツは40日掛けて仕込むデミグラスソースが絶品だ

[酒]ビール生670円~ 焼酎なし ワイングラス650円、ボトル3430円 日本酒なし [その他のメニュー]ビールに合うポテトサラダ520円、ニシン缶詰の香草焼き780円、煮込みハンバーグ980円など

店舗情報

[住所]東京都港区新橋3-25-10 [TEL]03-5777-4755 [営業時間]16時(冬は17時)~24時、土16時~22時 [休日]日・祝、第3土 [席]1階スタンディング最大14名、2階テーブル席17席 計31席/全席禁煙/2階は予約可(2名~)/カード可/サなし、2階はチャージ520円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅汐留口・烏森口から徒歩1分 MAP B

店長 池田合亜さん、スタッフ 河井宣明さん

新橋ドライドックの詳細ページへ

炉端焼 うだつ 新橋店

独自ルートで仕入れる本ししゃもの刺身

 北海道フードマイスターの資格を持つ職人が、プロの目利きで厳選した旬の食材を炉端焼きなどで味わえる。店内に入るとまず目を奪われるのは、ズラリと並んだ色とりどりの鮮魚や野菜。「帆立バター」はプリッと弾力のある身で、スープの1滴まで残さず食べたいほどだ。「本ししゃもの刺身」など東京では滅多にお目に掛かれない逸品もある。カウンター席では炉端焼きを大きなしゃもじで運んでくれる。

写真:鵡川産 本ししゃも刺身1200円

店舗情報

[住所]東京都港区新橋1-13-9 [TEL]03-3597-8585 [営業時間]16時~23時(金は~24時) [休日]日(3連休などの場合は最終日が休み) MAP C

炉端焼 うだつ 新橋店の詳細ページへ

Trattoria Ciao 日比谷

目の前で仕上げるリゾットが名物

 一番人気の名物は、客の目の前で仕上げてくれる「パルメザンチーズのリゾット」。くり抜いた大きなパルメザンチーズの中に入れたリゾットをチーズとまんべんなく絡め、それを熱々の石鍋に移して供してくれる。香ばしいチーズの焦げめとクリーミーな味わいはヤミツキになる味だ。ほかにも石窯で外はカリッと中はモチモチに焼き上げるピッツァも人気。約80席ある広い店内は、デートやグループでも使える。

写真:パルメザンチーズのリゾット M1400円

店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-1-13 JR高架下 [TEL]03-3506-0035 [営業時間]11時半~14時半、17時~23時半、土12時~23時半、日・祝12時~23時 [休日]無休 MAP D

Trattoria Ciao 日比谷の詳細ページへ

バーデンバーデン

伝統のビールと味に新しいセンスをプラス

 今年で創業37年になる有楽町ガード下の老舗。ドイツの「ホフブロイ・ミュンヘン醸造所」の樽生が本場さながらの雰囲気で味わえる。昔ながらの自然醸造法を守るビールは芳醇な旨さで、根強いファンも多い。料理はソーセージやアイスバインなど多彩。伝統的な味を継承しながらも、スタッフがドイツに出向き研修を重ねて完成させた「シェバイネハクセ」など新しいテイストのメニューも評判を呼んでいる。

写真:左 ホフブロイミュンヘナー・ヴァイス 中ジョッキ980円、右 ホフブロイオリジナル中ジョッキ890円

店舗情報

[住所]東京都千代田区有楽町2-1-8 [TEL]03-3508-2807 [営業時間]17時~23時、土16時~23時、日・祝16時~22時 [休日]無休(12月31日、1月1・2日は除く) MAP E

バーデンバーデンの詳細ページへ

新橋〜有楽町ガード下グルメMAP

●Aサカナヤ オアジ 新橋店
●B新橋ドライドック
●C 炉端焼 うだつ 新橋店
●DTrattoria Ciao 日比谷
●E バーデンバーデン

関連特集

上野のガード下グルメ!激戦区で安ウマ店を発掘!(JR山手線・京浜東北線高架下)

https://matomeshi.jp/articles/3291

新幹線も止まるターミナル駅、上野はアメ横をはじめ、多くの人が集まる観光地。上野駅から御徒町駅を結ぶ約400m の長いガード下には飲食店がズラリと並びます。そんな激戦区で安ウマ店を発掘しました!

蒲田ガード下グルメはジャンルレスな美食が揃う!(東急線高架下)

https://matomeshi.jp/articles/3290

京急と東急をつなぐ蒲蒲線の開業が待たれる蒲田駅。覆面調査の結果、東急線蒲田のガード下に美食の店を見つけました。のんびりくつろげる居酒屋や小洒落たイタリアンなど、ジャンルを超えた名店の数々をご覧あれ。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


高円寺のガード下グルメ、ニューウェーブが続々|JR中央線・総武線高架下

高円寺のガード下グルメ、ニューウェーブが続々|JR中央線・総武線高架下

新店ラッシュで変化の兆し。高円寺駅を中心に西へ東へ個性的な店が立ち並ぶ高円寺のガード下。特に西側、阿佐ヶ谷方面の「高円寺ストリート」は調査中に新店がオープンするなど、徐々に変化の兆しが。そんな新しい店を中心に絶品の店をご紹介します。


上野のガード下グルメ!激戦区で安ウマ店を発掘!(JR山手線・京浜東北線高架下)

上野のガード下グルメ!激戦区で安ウマ店を発掘!(JR山手線・京浜東北線高架下)

新幹線も止まるターミナル駅、上野はアメ横をはじめ、多くの人が集まる観光地。上野駅から御徒町駅を結ぶ約400m の長いガード下には飲食店がズラリと並びます。そんな激戦区で安ウマ店を発掘しました!


大ぶりで旨みたっぷりの「カキ」が安価で楽しめる!|呑める魚屋 魚草(居酒屋/上野)

大ぶりで旨みたっぷりの「カキ」が安価で楽しめる!|呑める魚屋 魚草(居酒屋/上野)

「アメ横の“安かろう・悪かろう”というイメージを、いい意味で裏切りたいんです」と言う店主の大橋磨州さん。自ら網元などへ足を運んで交渉し、漁師が自信をもって獲った魚を漁師の言い値で仕入れている。だからこそ朝獲れの最高の素材がいただける、漁師も客も喜ぶ仕組みを作り上げた。


上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

上野ガード下に突如現れるタイ料理店|空 KOO Soi Ameyoko(タイ料理/上野)

 ガード下に突如現れる、タイの屋台を彷彿とさせる店。開放的な雰囲気のなかで本場さながらの味わいが楽しめると評判だ。


有楽町のガード下で65年、玉菊のおすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」(居酒屋/有楽町)

有楽町のガード下で65年、玉菊のおすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」(居酒屋/有楽町)

おとなの週末「古き良きガード下」特集掲載店舗。おすすめは「まぐろ中とろ刺」と「まぐろカマ焼き」。


最新の投稿


蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

全国から客が集まる店の「羽根付き餃子」|餃子坊 豚八戒(餃子/阿佐ヶ谷)

「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。


行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

行列必至の佐原の人気店の「極上うなぎ」は上品な甘さのタレでいただく|長谷川(うなぎ/佐原)

 佐原駅にほど近い住宅地の中にある、江戸時代から続く老舗。照りが美しいうな重のタレは甘口だが、最上白味醂をたっぷりと使ったもので、後味は思ったよりも上品であっさり。


まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

まちがってソースをかけたときの対処法(コラム:口福三味)

おとなの週末で連載中の人気コラム「美味しい食の研究所 口福三味(こうふくざんまい)」。美味しい食を求めて、漫画家ラズウェル細木さんが実際に『食の実験』に挑戦。テーマにちなんだプチ情報やさっと作れる超簡単おつまみレシピもご紹介。今回のテーマは『まちがってソースをかけたときの対処法』。


讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

讃岐うどん ほし野|コシに終始しない「手打ちの麺」の食感!(うどん/日本橋)

“伸びのあるコシ”と店自体が謳っている通り、手打ちの麺の食感がなかなか秀逸。力強い弾力に終始することなく、適度にモチッとした感じは喉越しもいい。


ランキング


>>総合人気ランキング