MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
京橋の最強ランチ5選!焼肉・和食・お一人様歓迎店も♪(東京)

京橋の最強ランチ5選!焼肉・和食・お一人様歓迎店も♪(東京)

東京駅に程近い京橋エリアをグルメライターが覆面調査!数ある中から「ランチタイムに絶対に外せないお店」を厳選してピックアップ!和食、焼肉、ハンバーガーなど、実は多国籍料理が集まる注目地帯!食べ放題等、見逃せないお得情報もありますよ♪

はじめに

東京の中心部に位置する京橋はエドグランや東京スクエアガーデンなど、一日中いても飽きることのないスポットです。ランチを利用する人も多く、激戦区といってよいでしょう。
そんな京橋エリアでオススメのランチのお店をピックアップしました。フレンチや焼肉、さらには珍しい国の料理もあって、とっても楽しめますよ!

京橋のランチ地図

まずは地図で場所を確認していきましょう!

焼鳥丼『伊勢廣 京橋本店』(京橋駅明治屋口から徒歩3分)

▲焼鳥4本丼 1550円

1921年創業、小津安二郎に愛されたという逸話も持つ、言わずと知れた焼き鳥の老舗だ。

戦後から熟成を重ねたタレの旨みに、絶妙の火の通りと塩加減、それを受け止める米の甘みとが見事に調和した絶品の丼だ。

大正10年創業という老舗の焼き鳥屋は、会食にも利用できる品の良いお店。ランチは串の本数によって値段の変わる定食と丼がメイン!その時のお腹の好き具合や、お財布事情で選べるのがいい!備長炭で丁寧に焼きあげた鶏に、代々受け継いできたタレが香り、たまりません!!
夜には、ビールや日本酒もいいけれど、品ぞろえ充分のワインもぜひご賞味あれ。
テイクアウトも可能で、10本セットと15本セットを選べますよ。

■『伊勢廣 京橋本店』
[住所]東京都中央区京橋1-5-4
[TEL]03-3281-5864
[営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、16時半~21時(20時半LO)、土曜日:16時半〜20時半(20時LO)
[休日]日曜日・祝日
[座席]1階カウンター7席、2階座敷2席×1卓、4席×4卓、6席×1卓 計31席/全席禁煙/カード可/予約可(昼は「昼のフルコース」〈3850円〉注文時のみ可)/サなし
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅 明治屋口から徒歩3分

焼肉・韓国料理『焼肉トラジ』(京橋駅3番出口から直結)

▲ピビンBAR 1200円(60分)

菜、足りてますか? 都内を中心に約60店を構える『焼肉トラジ』の中でも、この京橋店限定のランチビュッフェがあるのをご存知でしょうか。その名も『ピビンBAR』。

なんとランチでは美味しすぎる野菜たちが食べ放題!!
「焼肉」と「韓国料理」の両方が味わえるお店の名物ランチは、約15種類のナムルやトッポギなどのおかず、デザートをビュッフェ形式で食べられる「ピビンBAR」です。
東京スクエアガーデンの中にあり、京都の竹細工がとっても美しく、おしゃれな空間なので、デートにぴったり!個室も用意されているので、家族でゆっくりするのにもちょうどいいです。
大人気なので、一度は絶対に行く価値ありですよ!!

■『焼肉トラジ』
[住所]東京都中央区京橋3-1 東京スクエアガーデン2階
[TEL]03-5204-1129
[営業時間]11時〜14時半LO、17時〜22時LO
[休日]施設の休館日に準ずる
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅3番出口から直結 ※ランチタイム有

ハンバーガー『グラムズカフェロサンゼルス』(京橋駅3番出口直結)

▲グラムズチーズバーガー

アメリカ西海岸のダイナーのような活気ある雰囲気の店内で味わえるのは、豪快なグリル料理をはじめとしたカリフォルニア・キュイジーヌ。なかでもそのビジュアルも圧巻なのが「グラムズチーズバーガー」だ。

開放的なテラス席も用意されているカフェでは、インスタ映えしそうなフォトジェニックなハンバーガーが食べられます!
その高さなんと20cmと、もはやどうやって食べるのかわからないサイズ感!!肉汁溢れる粗挽きの和牛ハンバーグにふんわりしたバンズが最高に美味です♪
本日のパスタやステーキフリッツなど、ランチタイムからメニューが豊富なのも嬉しいですね。

■『グラムズカフェロサンゼルス』
[住所]東京都中央区京橋3-1-1 東京スクエアガーデン1階
[TEL]03-5542-1730
[営業時間]11時半~23時(22時LO)、日曜日・祝日:11時半~21時(20時LO) ※ランチタイム有
[休日]施設の休館日に準ずる
[座席]テーブル45席、テラス席22席 計67席/全席禁煙/予約可/カード可/サなし、ディナーのみチャージ350円別
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅3番出口直結

クロアチア料理『Dobro(ドブロ)』(京橋駅6番出口から徒歩1分)

▲パスティツァーダ(トロトロになるまでじっくり煮込んだ牛ホホ肉の煮込み)

日本で唯一のクロアチア料理専門店として、2003年にオープンした。

「パスティツァーダ」は、トロトロになるまでじっくり煮込んだ牛ホホ肉の煮込み。クロアチア産のワインをたっぷり使用し、ブラックペッパーを利かせた、深いコクとスパイシーな味わいだ

優雅で高級感の漂う店内は、まるで異国にトリップしたかのよう♪
クロアチア料理は、アドリア海沿岸では魚、内陸部では肉料理が発展したため、魚も肉も両方楽しめるのも魅力です!
一番人気の牛ホホ肉をワインで煮込んだパスティツァーダは必食!スパイシーな味わいがたまりません!ラザニアのようなシュトゥルクリにデザート付のセットもおすすめです。

■『Dobro(ドブロ)』
[住所]東京都中央区京橋2-6-14 日立第六ビル1階
[TEL]03-5250-2055
[営業時間]11時半~14時半(13時半LO)、17時半~22時(21時半LO)※ランチタイム有
[休日]年末年始
[座席]テーブル1階35席、2階25席 計60席/全席禁煙/予約可/カード可/コース注文の場合のみサ10%別
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅6番出口から徒歩1分

海鮮丼『京すし』(京橋駅7番・8番出口直結)

▲はーふ&ハーフ丼鉄火とかんぱち

ランチの丼は980円から。

エドグラン1階にあるお寿司屋さんは、明治時代からの伝統を守る名店でありながら、一人でも立ち寄れる入りやすい雰囲気です!
行列ができるほど人気のランチタイムは、「鉄火丼」など豊富な丼ものが人気。脂の乗ったぷりっとした「あじとかんぱちのハーフ丼」など、ハーフメニューが充実しているのも魅力的!色々食べたくなるお客さん心理をわかっているメニューに、思わずニヤリとしてしまいます。

■『京すし』
[住所]東京都中央区京橋2-2-1 京橋エドグラン1階
[TEL]03-3281-5575
[営業時間]11時半~13時半、17時~21時(20時LO)※ランチタイム有
[休日]土曜日・日曜日・祝日
[アクセス]地下鉄銀座線京橋駅7番・8番出口直結

おわりに

京橋はオフィスも多く、常に活気がある都心の中心地ですが、ちょっと異国情緒が感じられる魅力あるレストランもたくさんあるんです!
まずはランチに訪れてみて、お気に入りができた際には、夜にも足を運んでみてくださいね♪

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
東京都内の「居酒屋激戦区」の1つとして知られる上野。実際にグルメライターが調査したところ、確かにガード下や駅の周辺に、見逃せない安ウマ店をたくさん発見!その中でも特におすすめしたいお店の情報を、厳選してご紹介します!
品川の居酒屋を人気グルメ雑誌のライターが調査!実際に足を運んで、本当に美味い店を厳選しました。ゆったり出来る個室のあるお店やリーズナブルに楽しめる安くて美味しいお店、イチオシのおすすめ店などシーンに合わせてご紹介します!
人気グルメ雑誌のライターが実際に食べ歩いて見つけた有楽町の絶品ランチを厳選してご紹介!安くて美味しいコスパ抜群のお店や土日営業のお店、お洒落なお店などシーンに合わせてご利用いただけますので、ぜひご利用ください。
飲食店がひしめく渋谷駅周辺で、本当に美味しい焼き鳥が食べたい時にぜひ訪れてほしいお店を、厳選してご紹介!安いことが魅力なところ、おしゃれでデートにもぴったりのところ、こだわりの鶏肉を使っているところなど、各店こだわり満載です!
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
210views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
2019年のトレンド鍋は“発酵鍋”に決まったそうだが、ちょっと無理がある気がするのは私だけでしょうか?  そもそもキムチやチーズも発酵食品なんで、たいして新しくもないワケですが……。発酵食品と言えば、私がひそかに注目しているのが、おやつである。 吉祥寺は発酵系のおやつが充実しているので、今回はココをチェック!
かつて貝類が豊富にとれた江戸で、庶民に親しまれた冬の蕎麦が、この“あられ”。今ではほとんどお目にかかれない古典種物を、明治2年創業の老舗はしっかりと守り続けている。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt