MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
芊品香 別館(四川料理/飯田橋)-餃子のグルメ記事と写真

芊品香 別館(四川料理/飯田橋)-餃子のグルメ記事と写真

飯田橋の四川料理店「芊品香 別館」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真のページ。餃子は皮を極限まで薄くするなど、試行錯誤を重ねて現在の味にたどり着いた、店主渾身の餃子。三元豚の挽肉をオイスターソースや胡椒などの調味料で旨みを引き出し、ジューシーに仕上げた餡が絶品だ。[住所]東京都千代田区富士見1-7-6

芊品香 別館(せんぴんしゃん)(最寄駅:飯田橋駅)

トロリと滴り落ちる肉汁とゴマの香りに感服する「棒餃子」

キャベツやニラなどの野菜は手切りし、食感を残すことも大切にしている。箸でつかむと肉汁がこぼれるが、口に入れた瞬間にジュースのように溢れ出すことに驚くはず。皮についたゴマのパリッとした食感と香りも食欲をそそる。 山椒や香辛料類はすべて本場四川で仕入れており、化学調味料などは一切不使用。ホテルのレストランなどで研鑽を積んだシェフが腕をふるう本格的な四川料理もぜひ堪能したい。

名物の鉄鍋の胡麻棒餃子
626円

シンプルな味付けだが、ジューシーさがたまらない

別館名物本場四川正統派汁なし担々麺
950円

香川県産の金ゴマと白ゴマを使った濃厚タレ、高級漢源花山椒と青山椒が鮮烈な味わい。モチモチの麺がつゆに絡んで美味

芊品香 別館の店舗情報

[住所]東京都千代田区富士見1-7-6 [TEL]03-6261-7988 [営業時間]11時半~15時半(15時LO)、17時半~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]1階:カウンター5席、2席×2卓、4席×2卓 2階座敷:4席×6卓 計41席/全席喫煙可/予約可/カード可/サなし、お通し別270円 [交通アクセス]JR総武線飯田橋駅西口から徒歩3分

電話番号 03-6261-7988
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「中華街のエビ・カニ大調査」特集掲載店、「新錦江」は四川と広東の家庭料理が楽しめる。約115種類のメニューが揃うなか、エビのイチオシは「殻つき海老唐揚げ」。[アクセス]元町・中華街駅2番出口から徒歩7分、石川町駅北口から徒歩5分 ※ランチタイム有
「食神 餃子王」ではポピュラーな中華から、四川、広東、台湾などの通好みな料理までメニューに並び、590円の定食でもゴハンが1回お替り無料なありがたい店。完食者わずか3名という『ジャンボ油淋鶏』はメニューには載ってないが、いつでも注文可能!
西麻布にある中華の人気店『真不同』の姉妹店として、2016年10月にオープン。本店のメニューの中でもとりわけ人気の高い本格的な香港式点心を料理の主軸にすえている。
JRの高架下に店を構える中華食堂兼居酒屋。店を訪れていた、日本における自然派ワインの第一人者・勝山晋作氏のすすめで、5年前からワインをメニューに載せるように。※ランチタイム有
立ち呑みでは珍しい、中華料理を提供する店。それも「干豆腐香草あえ」(250円)や「麻辣牛すね肉」(300円)から「激辛魚(うなぎ) 珍味」(250円)といった、ここは大陸か? といった料理も揃える。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。
三軒茶屋のすずらん通り沿いにあるバー。3階はオーセンティックなバーだが、2階はクラフトジンを中心としたボタニカル・バーで、雰囲気も接客もカジュアル。
一歩入れば"榎本劇場"の始まりである。音楽は寿司屋らしからぬジャズ。目の前で活きエビを捌いて握るなどカウンターで熟練の技を魅せるのは店の主、榎本さんだ。軽妙な語りも加わり客の気分を盛り上げてくれる。
2016年に開業するや、『ミシュランガイド東京』で、2018、2019一ツ星を獲得した南俊郎シェフの店。テイクアウトで点心や中国茶を販売。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt