蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

蒲焼とパリッと焼いた白焼きの「源平重」が人気|麻生屋本店(うなぎ/佐原)

 小野川と利根川がぶつかる水門近くにある、創業200年近い老舗。蒲焼とパリッと焼いた白焼きを源平に見立てた「源平重」が人気だ。


麻生屋本店(最寄駅:佐原駅)

「源平定食」ではひつまぶしにもできる。また予約をすれば利根川のうなぎを食べることも可能だ。

上源平重 3700円

源平定食 3400円より

麻生屋本店

[住所]千葉県香取市佐原イ4149 [TEL]0478-54-6902 [営業時間]11時~19時半 ※ランチタイム有 [休日]無休 [席]30席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR成田線佐原駅から徒歩18分

電話番号 0478-54-6902
2017年9号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

名古屋エリア限定グルメ情報(49) 厳選黒毛和牛がご飯の上にギッシリ!『大須 万松寺 五代目橋本』の「黒毛和牛のひつまぶし」

ここ何年かで安さをウリにしたステーキハウスが沢山増えた。が、アメリカ産やオーストラリア産の牛肉を使っている店が大半である。 和牛となると、まだまだ敷居が高くなるのは否めない。そんななか、目を疑うような、信じられない値段で和牛が楽しめる店があると聞いて、中区大須へ向かった……。


お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

お坊さんがいる「寺カフェ」!優しい料理に癒される(カフェ/代官山)

 1481年に建立された川崎市の信行寺。住職の浅野さんが「仏教の教えをもっと身近に感じてほしい」と、6年前に新丸ビルのカフェとコラボで1週間の寺カフェを開いたところ好評で、3年前に常設の寺カフェをオープンさせた。


名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

名古屋エリア限定グルメ情報(45) 9割以上も愛知県産の食材を使った名古屋駅前『名駅 宴処 花かるた』の絶品コース

愛知県は食材の宝庫である。それこそ、三河湾産の魚介や知多・渥美半島産の野菜のレベルは全国屈指。 名古屋駅から徒歩1分の場所にある居酒屋『名駅 宴処 花かるた』は、名古屋めしが自慢の居酒屋。 ここに、地元食材を9割以上使った絶品コースメニューがあるのだ……。


丸の内で豪華な刺身盛り定食が1200円!1000円以下のお値打ちランチも!

丸の内で豪華な刺身盛り定食が1200円!1000円以下のお値打ちランチも!

山陰海鮮 炉端かば 丸の内店(居酒屋/東京)見よ、この豪華な刺身盛りが、丸の内で1200円! 鳥取や島根の郷土料理がとことん味わえるこちらの居酒屋。


ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

ふっくら肉厚うなぎの三ツ星店!栃木市でぶらり小江戸うなぎ旅

〈小江戸うなぎ旅〉の締めくくりは、「美しいまちなみ大賞」の受賞歴も誇る栃木市。黒塀や白壁、石造りの街並や市中を流れる巴波川など、ぶらり散歩が心地いい。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング