MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
八重洲で創業66年頑なに守り続ける「ジャンボ餃子」の旨さ|泰興楼 八重洲本店(餃子/八重洲)

八重洲で創業66年頑なに守り続ける「ジャンボ餃子」の旨さ|泰興楼 八重洲本店(餃子/八重洲)

「泰興楼 八重洲本店」の名物は通称ジャンボ餃子。戦後すぐに中華料理店を始めた中国出身の初代が、常連客の「満州で食べた餃子が忘れられないから作ってほしい」との要望に応えたのが提供のきっかけという。

泰興楼 八重洲本店(最寄駅:東京駅)

大きさの理由は「満腹になってほしいから」。ズッシリと重い餡は豚肩ロースとキャベツ、ニラ、ネギのみのシンプルさ。大きいけれど飽きの来ない旨さの中に、初代の想いも詰まっている。

焼餃子(4個)
760円

大きさ約12㎝。熟練の職人が手作業で作る皮も老舗のこだわりだ。特注の厚い鉄鍋で焼くと、食欲をそそるきれいなきつね色に仕上がる

水餃子(10個)
1590円

餡はニラと豚肉がたっぷり

泰興楼 八重洲本店

[住所]東京都中央区八重洲1-9-7 [TEL]03-3271-9351 [営業時間]11時~15時、17時半~22時半、土11時半~15時、17時半~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1~3階テーブル135席、計135席/昼は全席禁煙、夜は喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲中央口から徒歩1分

電話番号 03-3271-9351
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
「トリュフ餃子」は薄皮のやや小ぶりな餃子を口に近づけるとフワ~ンとトリュフの香り! パクリとやれば肉汁溢れる餡と交わって口内に旨みが広がり、これはもう間違いなくワインである。
更新: 2018-04-27 12:00:00
「しっかり味がついてるので、最初は何もつけなくてもOK」という餃子は、ニンニクがちゃんと利いて、野菜がたっぷり。しっかりパンチを感じさせながら、噛み締めればニラ、ネギ、そしてキャベツの甘みも感じる。
更新: 2018-04-25 12:00:00
中野エリアの餃子屋「中野餃子 やまよし」のグルメ記事とおすすめメニューの写真。ラーメン店に勤めていた「中野餃子 やまよし」の矢部さんは餃子が大好き。美味しい餃子があると聞けば、あちこちに足を運んで食べ歩いていた。
更新: 2018-09-23 08:02:18
「哈爾濱餃子 (ハルビンギョウザ)」の笑顔が優しいご夫婦は餃子が美味しい中国東北部の出身。ここでは現地で味わうような手作りの水餃子と日本人好みの焼き餃子の両方が味わえる。
更新: 2018-04-23 21:00:00
「豚八戒」の「羽根付き餃子」まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を!こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。
更新: 2018-04-21 21:00:00
最新の投稿
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
更新: 2019-05-20 11:44:41
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
更新: 2019-05-20 11:47:44

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt