MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
1日500個も「餃子」を売る江古田の人気店「山東餃子本舗 本店」(餃子/江古田)

1日500個も「餃子」を売る江古田の人気店「山東餃子本舗 本店」(餃子/江古田)

「原点は母の味」とは店主の利根川さん。友人にふるまっていた故郷の餃子が評判を呼び、店を始めて約20年。

山東餃子本舗 本店(最寄駅:江古田駅)

母のレシピを受け継ぐ故郷の餃子の味
今や1日500個を売る地元の人気店だ。 必食は白菜と豚バラ肉のバランスがいい焼餃子。鶏ガラなどのスープで作るゼラチンと豚の背脂を加えることで肉汁豊かに仕上げている。弾力のある皮とも相性抜群。変わらぬ安さと愛情たっぷりの味に、心まで満たされる。

餃子
324円

パリッとした羽根も美味。餡は甘みのある白菜が主役で、肉は脂身の旨みがある国産の豚バラ肉のみ使用

水餃子
324円

ひと晩寝かせて粘りを出した自家製の皮はモッチリ

山東餃子本舗 本店

[住所]東京都練馬区旭丘1-55-4 [TEL]03-3953-7802 [営業時間]18時~23時LO [休日]月 [席]カウンター7席、座敷20名、計27席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩5分

電話番号 03-3953-7802
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。
旨さの秘密は第一に皮にある。無論、餡の配合や全体の調和も大事にするのは言うまでもないが、大前提で皮が旨くないと全てがおじゃん。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
323views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt