MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
一味玲玲 新橋本店|餃子の具材はなんと17種類!好きな味わいをチョイスして(餃子/新橋)

一味玲玲 新橋本店|餃子の具材はなんと17種類!好きな味わいをチョイスして(餃子/新橋)

 トマトにセロリ、シソ、パクチー……コレ全部、餃子の具材。その数ナント17種類!

一味玲玲 新橋本店(最寄駅:新橋駅)

個性いろいろ好きな味わいをチョイスして

それらを「焼き」「水」「蒸し」など好みの食べ方で調理してくれるのがこの店のスタイルだ。豚肉は力強い旨みの静岡県産の銘柄豚を塊で仕入れ、自社で挽き肉にするこだわりよう。調理法と具が違えば香りも食感もさまざまで、ガブリといけば餡の個性がジュワッ。もう唸るしかない!

水餃子セロリ
500円

餡は味が付いているのでそのまま食べるのがおすすめ

蒸餃子トマト
700円

焼餃子パクチー・トウチ
800円

パクチー・トウチはピリ辛味。トウモロコシの粉を加えたスープで羽根を付け、香ばしい風味に仕上げている

一味玲玲 新橋本店

[住所]東京都港区新橋3-19-2 ・2階 [TEL]03-3432-9073 [営業時間]11時半~14時、16~24時、土・祝16時~23時 ※ランチタイム有 [休日]日曜日 [席]テーブル35席、計35席/全席喫煙可(ランチタイム禁煙)/夜のみ予約可/カード可(5千以上に限り)/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

電話番号 03-3432-9073
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
店内には使用する野菜から豚肉まで本日の原材料産地が。極力地元や東北の食材を使った、手作り感ある餃子メニューが数々。
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
 父親が中国人、母親が日本人という店主の揚原さんにとって、身近な存在だった水餃子。「もっと気軽に水餃子を食べてほしい」と、昨年8月にカフェスタイルでオープン。
 移動販売の餃子店を経て、こちら浅草に餃子バーを開店して2年。店主“けいすけ”さんの作る餃子がユニークにして旨い。まずは基本の肉餃子。
容器に入れてふりふりしてシェイクするだけで、素早くホイップクリームができる! 可愛くデコレーションできちゃう!! 「ふりふりクリームメーカー」なるものを、ダイソーで見つけました! 『素早く!』ってことなので、さっそくチェキってみたばい!!
人気グルメ雑誌『おとなの週末』のライターが、実際に食べ歩いて調査したランチ情報!ラーメン、ハンバーグ、カレーなどの人気ジャンルから、「本当に美味しいお店」だけを厳選しました。仕事の合間にひとりで訪れるのにちょうど良いお店もありますよ!
 テーマに掲げるのが“鴨と水”。合鴨を丸ごと仕入れ、チャーシューに使われるムネ肉とモモ肉を手作業でさばいたら、残った身もすべて寸胴へ。
世界的なカクテルコンテストで入賞経験を持つ、バーテンダー宮澤英治氏がオーナーのカクテルワークス。神保町店は話題のクラフトジンがテーマだ。
西新宿に本店を構える『麺屋翔』の3店舗目として2018年10月2日にオープン。既存の2軒は鶏がメインだが、こちらは鯛。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt