エリア: 東京都

東京で餃子といえばココ!殿堂入り名店餃子の四天王!

東京で餃子といえばココ!殿堂入り名店餃子の四天王!

東京都内、餃子の四天王!東京で餃子といえばココ!という名店を編集部が厳選。老舗の逸品から地元で愛される人情餃子まで、誰もが虜になるテッパンの味を揃えました!


[阿佐ヶ谷]餃子坊 豚八戒の羽根付焼餃子

目にも楽しい華やかな羽根付き餃子

 まずは目で楽しんでほしい、見事な羽根をまとった焼餃子を! こちらはハルビン出身の店主が作る味を求めて全国から客が集まる店。本場同様ニンニク不使用で、焼餃子の餡は八角や桂皮など9種の香辛料が利いているのが特徴だ。キャベツやニラなど定番の野菜以外にキクラゲや玉ネギが入るのも旨さの秘密。頬張ればスパイスと食材が織り成す奥深い旨みがあふれ出る!

写真:華餃子(羽根付焼餃子)580円

美しい円形の羽根が目を引く。餡はじっくり煮込んだ白湯スープ入り。香辛料の風味がアクセントだ。

写真:明蝦餃子(海老水餃子)640円

エビが丸ごと1尾入る。餅粉入りの皮はプルンとした食感

[酒]ビール生500円 焼酎グラス520円~、ボトルなし ワイングラス520円、ボトル2700円 日本酒一合650円 [その他のメニュー]四川風麻辣水餃子560円、八戒餃子540円、じゃがいもの細切り450円など

店舗情報

写真:餃子坊 豚八戒の店内

[住所]東京都杉並区阿佐谷南3-37-5 [TEL]03-3398-5527 [営業時間]18時~23時(22時半LO) [休日]日・月 [席]1階カウンター7席、2階8名用個室1室(4名~要予約)、計15席/全席禁煙/1階は18時入店のみ予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]JR中央線阿佐ヶ谷駅南口から徒歩2分※8月中旬ごろ店舗拡大のためデータが変更することがあります

[お店から一言]
餃子は餡や皮が違う5種類を用意しています。
店主 陳培華さん

餃子坊 豚八戒の店舗ページ

[八重洲]泰興楼 八重洲本店の焼餃子

創業66年頑なに守り続けるジャンボな旨さ

 「泰興楼(たいこうろう)」の名物は通称ジャンボ餃子。戦後すぐに中華料理店を始めた中国出身の初代が、常連客の「満州で食べた餃子が忘れられないから作ってほしい」との要望に応えたのが提供のきっかけという。大きさの理由は「満腹になってほしいから」。ズッシリと重い餡は豚肩ロースとキャベツ、ニラ、ネギのみのシンプルさ。大きいけれど飽きの来ない旨さの中に、初代の想いも詰まっている。

写真:焼餃子(4個)760円

大きさ約12㎝。熟練の職人が手作業で作る皮も老舗のこだわりだ。特注の厚い鉄鍋で焼くと、食欲をそそるきれいなきつね色に仕上がる。

写真:水餃子(10個)1590円

餡はニラと豚肉がたっぷり。

[酒]ビール生590円~ 焼酎グラス820円、ボトル6180円、ワイングラス520円、ボトル2780円 日本酒144ml 590円~[その他のメニュー]蒸餃子(4個)760円、蒸蝦仁餃子(4個)860円、春巻(4個)860円など ※泰興楼の値段はすべて税抜きです

店舗情報

写真:泰興楼の店内

[住所]東京都中央区八重洲1-9-7 [TEL]03-3271-9351 [営業時間]11時~15時、17時半~22時半、土11時半~15時、17時半~21時半 ※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1~3階テーブル135席、計135席/昼は全席禁煙、夜は喫煙可/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか東京駅八重洲中央口から徒歩1分

[お店から一言]
大きさも味も創業当初から変えていません。
社長 于延光さん

泰興楼 八重洲本店の店舗ページ

[江古田]山東餃子本舗 本店の餃子

母のレシピを受け継ぐ故郷の餃子の味

「原点は母の味」とは店主の利根川さん。友人にふるまっていた故郷の餃子が評判を呼び、店を始めて約20年。今や1日500個を売る地元の人気店だ。

 必食は白菜と豚バラ肉のバランスがいい焼餃子。鶏ガラなどのスープで作るゼラチンと豚の背脂を加えることで肉汁豊かに仕上げている。弾力のある皮とも相性抜群。変わらぬ安さと愛情たっぷりの味に、心まで満たされる。

写真:餃子324円

パリッとした羽根も美味。餡は甘みのある白菜が主役で、肉は脂身の旨みがある国産の豚バラ肉のみ使用

写真:水餃子324円

ひと晩寝かせて粘りを出した自家製の皮はモッチリ

[酒]ビール生540円 焼酎グラス378円~、ボトル2160円~  ワインなし 日本酒一合4 3 2 円~ [ その他のメニュー]小籠包432円、豚バラにんにくタレ540円、炒飯648円、麻婆豆腐702円など

店舗情報

写真:山東餃子本舗 本店の店内

[住所]東京都練馬区旭丘1-55-4 [TEL]03-3953-7802 [営業時間]18時~23時LO [休日]月 [席]カウンター7席、座敷20名、計27席/全席喫煙可/予約可/カード不可/サなし [交通アクセス]西武池袋線江古田駅南口から徒歩5分

[お店から一言]
皮も餡も毎日心を込めて仕込んでいます。
店主 利根川美華さん

山東餃子本舗の店舗ページ

[新橋]一味玲玲(いちみりんりん)新橋本店の餃子

餃子の具材。個性いろいろ好きな味わいをチョイスして

 トマトにセロリ、シソ、パクチー……コレ全部、餃子の具材。その数ナント17種類! それらを「焼き」「水」「蒸し」など好みの食べ方で調理してくれるのがこの店のスタイルだ。豚肉は力強い旨みの静岡県産の銘柄豚を塊で仕入れ、自社で挽き肉にするこだわりよう。調理法と具が違えば香りも食感もさまざまで、ガブリといけば餡の個性がジュワッ。もう唸るしかない!

写真:上・蒸餃子トマト700円、下・水餃子セロリ500円

餡は味が付いているのでそのまま食べるのがおすすめ

写真:焼餃子パクチー・トウチ800円

パクチー・トウチはピリ辛味。トウモロコシの粉を加えたスープで羽根を付け、香ばしい風味に仕上げている。

[酒]ビール生500円~ 焼酎グラス550円~、ボトル4800円~ ワイングラス600円、ボトル2500円 日本酒一合700円~ [その他のメニュー]小籠包(3ヶ)540円、ネギ油チヂミ540円など ※一味玲玲の値段は税抜きです

店舗情報

写真:一味玲玲 新橋本店の店内

[住所]東京都港区新橋3-19-2 ・2階 [TEL]03-3432-9073 [営業時間]11時半~14時、16~22時、土・祝16時~24時 ※ランチタイム有 [休日]日 [席]テーブル35席、計35席/全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可(5千以上に限り)/サなし、お通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩2分

[お店から一言]
好きな具で自分好みの味わいを楽しんで。
オーナー 神山玲さん

一味玲玲の店舗ページ
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連するキーワード


夏こそ、餃子 餃子

関連する投稿


おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

おっさん女子の吉祥寺パトロール(69) 吉祥寺の餃子ライスは、ここに行けばいいのよ! の件

吉祥寺の餃子って、ジャンボ餃子が主流な気がする。土日祝は開店前から行列している中道通りのラーメン屋『 I 』の餃子とか、すごいデカいし。 でもさー、私、餃子はライスに合わせたい人間なのよ。米が好きだからね! そうなるとジャンボ餃子系は、ちょっと厳しいワケ……。


五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。


大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪ローカル穴場メシ情報[24] 外はパリパリ中はジューシー。毛沢東が愛したスペアリブ(四川・餃子バル「PAO²」)

大阪はキタの中通りにある四川・餃子バル「PAO²(パオパオ)」は、バル業界に旋風を起こそうと刺客を送り込んできた! 来日して20年以上という、中国は四川出身の中国人シェフをヘッドハンティング。最強の助っ人とともに、今や、キタで話題を呼ぶお店となったのだ……。


餃子界の人気2トップを食べ比べ!浜松餃子&宇都宮餃子をお取り寄せ

餃子界の人気2トップを食べ比べ!浜松餃子&宇都宮餃子をお取り寄せ

餡はキャベツが中心、もやしをトッピングする「浜松餃子」、ニラ、ネギ、キャベツなど野菜をたっぷりと使う「宇都宮餃子」。餃子界の人気2トップのイチオシを厳選しました!撮影/鵜澤昭彦 スタイリング/中山暢子


ウチの餃子も旨いんです!東京都内のとっておき名酒場2店をご紹介

ウチの餃子も旨いんです!東京都内のとっておき名酒場2店をご紹介

こちらいわゆる酒場ですが、ウチの餃子も旨いんです!餃子は専門店だけにあらず。いわゆる酒場にも工夫を凝らした名物餃子が多々あります。今回はそんな中から、編集部厳選のとっておき2軒をご紹介!


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング