MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
夏こそ、餃子!神保町「兵六」の餃子は野菜の優しい甘みがうまい(餃子/神保町)

夏こそ、餃子!神保町「兵六」の餃子は野菜の優しい甘みがうまい(餃子/神保町)

「兵六 (ひょうろく)」はコの字カウンターに古色漂う佇まい。シンプルだが丁寧に作るつまみと酒を美味しく飲ませる工夫に優れ、多くの文化人に愛されてきた歴史ある酒場だ

兵六(最寄駅:神保町駅)

端正な餃子は餡に野菜の優しい甘みを滲ませる。さらりと飲めるお湯割りにもビールにもよく合う。

餃子
600円

兵六あげ
450円

青とうがらし豆腐
500円

峠の露
700円

兵六 (ひょうろく)

写真:兵六 (ひょうろく)の店内

[住所]東京都千代田区神田神保町1-3 [TEL]なし [営業時間]17時~22時半(21時45分LO) [休日]土・日・祝、8/11~27 [席]カウンター16席、テーブル8席、計24席/喫煙可/予約不可/カード不可/サなし、お通し代なし [交通アクセス]地下鉄半蔵門線ほか神保町駅7番出口から徒歩2分

電話番号 なし
2017年9号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 店内はカウンター、座敷合わせて約40席あるが、晴れた日であれば立ち飲みがおすすめだ。立ち飲みメニューは、牛、豚、鶏、羊と揃う肉類と魚介類の焼き物、飲み物ともに一部を除きすべて300円とリーズナブル。
更新: 2019-03-15 18:00:00
休業していた名店が2018年3月に再オープン。串焼き、もつ類のうまさはもちろん、サワー類やホッピーの焼酎の濃さが選べるなど、呑兵衛にとってたまらない店だ。
更新: 2019-03-11 18:00:00
「お茶は本来日本人に身近なものだと思うんですが、最近は茶葉から淹れる機会も少ない。もっとていねいに淹れてやれば、お茶割りはもっと地位向上できるんじゃないかと」
更新: 2019-03-04 18:00:00
使い込まれた南部鉄器の鉄瓶から柄杓で湯をすくい急須に入れる。その佇まいがすでにいいじゃないか。
更新: 2019-03-03 18:00:00
店名通り、トロットロの豚の角煮が名物で、お楽しみなので書かないけど、食べ方にも一工夫あり。で、角煮やお刺身とも抜群の相性なのが「コウバシ茶割り」。
更新: 2019-03-02 18:00:00
最新の投稿
手軽につまめるファストフード感覚の〈いなり寿司〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。ニューウェイブが増えている東京都内のいなり寿司をご紹介!
更新: 2019-03-22 12:35:23
手軽につまめるファストフード感覚の〈太巻き〉。基本がシンプルなだけに、その組み合わせはある意味無限大!ぜひ色々取り揃えて、食べ比べたい。具だくさんが楽しい東京都内の太巻きをいろいろご紹介!
更新: 2019-03-22 11:28:17
 “バーの街”吉田町を、大きな窓から見下ろすようにたたずむこの店のテーマは「バー未経験の女性がひとりで安心して来られる店」。それもそのはず、オーナーは女性バーテンダー!ならではの洗練された空間だ。
更新: 2019-03-21 18:00:00
 昼夜で名称こそ異なるが、このコースが昼夜共に1620円という衝撃価格!メインは週替わりで、ポークのコルドン・ブルーや肉汁あふれるハンバーグなど、フレンチの技法を駆使した実直な仕事が伺える料理が登場する。
更新: 2019-03-20 12:00:00
吉祥寺の街をカオスに巻き込む花見シーズンがやってきました。 今年も店を求めて路頭に迷う人々が多そうです……。 桜のシーズンの井の頭公園はとても美しいですが、実は公園には謎なものがけっこうあります。今回は、そこにフォーカスしてみたいと思います……。
更新: 2019-03-19 16:05:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt