MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

「花未月(はなみづき)」は心尽くしの和食が新橋のサラリーマンに愛され続けて20年。昼の定番なら変わらぬ人気の焼き鮭定食だろう。

花未月(最寄駅:新橋駅)

ご覧の通り思わず笑みがこぼれてしまう品数の充実ぶり、そして鮭の見事な焼き加減と迫力を見てほしい。築地の業者を回って選び抜いた品で、大きな半身を3~4㎝の厚さに切り分け甘塩で仕込んでいる。「昼ご飯は毎日のことだからお客様の立場になって考えたら内容がこうなったの」と女将が笑うように、季節の炊き込みご飯からサラダや小鉢まで、栄養を考慮した献立が900円以下とは頭が下がる。ほかにも煮魚と日替わりがあり、毎日来ても飽きない心遣いに拍手せずにはいられない。

甘塩鮭焼き
890円

鮭は遠火で皮はパリッと身はふっくらと焼く。炊き込みご飯は毎日変わり、写真はちりめん山椒。お替わりは白飯またはゆかりご飯になる。食後はコーヒーか自家製コーヒーゼリーか選べる

鰈の煮付け
890円

カレイは継ぎ足しのタレで味付けた甘辛味。魚はその日によって変わる

お店からの一言

板前 木田安信さん

「栄養バランスのいい献立を毎日考えています」

花未月

写真:花未月(はなみづき)の店内

[住所]東京都港区新橋3-8-5 1階 [TEL]03-3431-8470 [営業時間]11時半~14時、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]土曜日・日曜日・祝日 [座席]カウンター4席、テーブル10席、小上がり座敷20名、計34席/昼は全席禁煙、夜はカウンターのみ禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし、夜はコース注文時はお通し700円、アラカルト注文時は1100円別 [アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3431-8470
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
オイスターバーから、和食に特化して牡蠣を楽しめるようにしたお店。生牡蠣や焼き牡蠣の他、牡蠣しゃぶや牡蠣のすき焼きなどの鍋物を気軽に楽しめる。
約40年前の創業時からの看板料理があんこう鍋。毎年10月から始まるこの鍋を、今や遅しと待ち構える客の予約が殺到するのだ。
毎朝仕入れる地魚を使った料理に定評あり。なかでも、鎌倉で水揚げされたしらすをたっぷりのせた海鮮丼が名物で、3~12月は生しらすも味わえる。
荒木町のスナックビルの2階奥にある、小さな和食屋。10席のこぢんまりした店内で、秋田出身の亭主が温かくもてなす。
店に入ると目に飛び込んでくるのが、じっくり煮込まれた「和牛黒煮込み」の大鍋。ビロードのような美しい光沢感にノドが鳴ること間違いなし。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt