MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

これぞニッポンの定食!新橋で愛情たっぷりの栄養ランチ|花未月(和食/新橋)

「花未月(はなみづき)」は心尽くしの和食が新橋のサラリーマンに愛され続けて20年。昼の定番なら変わらぬ人気の焼き鮭定食だろう。

花未月(最寄駅:新橋駅)

ご覧の通り思わず笑みがこぼれてしまう品数の充実ぶり、そして鮭の見事な焼き加減と迫力を見てほしい。築地の業者を回って選び抜いた品で、大きな半身を3~4㎝の厚さに切り分け甘塩で仕込んでいる。「昼ご飯は毎日のことだからお客様の立場になって考えたら内容がこうなったの」と女将が笑うように、季節の炊き込みご飯からサラダや小鉢まで、栄養を考慮した献立が900円以下とは頭が下がる。ほかにも煮魚と日替わりがあり、毎日来ても飽きない心遣いに拍手せずにはいられない。

甘塩鮭焼き
890円

鮭は遠火で皮はパリッと身はふっくらと焼く。炊き込みご飯は毎日変わり、写真はちりめん山椒。お替わりは白飯またはゆかりご飯になる。食後はコーヒーか自家製コーヒーゼリーか選べる

鰈の煮付け
890円

カレイは継ぎ足しのタレで味付けた甘辛味。魚はその日によって変わる

お店からの一言

板前 木田安信さん

「栄養バランスのいい献立を毎日考えています」

花未月

写真:花未月(はなみづき)の店内

[住所]東京都港区新橋3-8-5 1階 [TEL]03-3431-8470 [営業時間]11時半~14時、17時半~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]土・日・祝 [席]カウンター4席、テーブル10席、小上がり座敷20名、計34席/昼は全席禁煙、夜はカウンターのみ禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし、夜はコース注文時はお通し700円、アラカルト注文時は1100円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3431-8470
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
看板は、クセがなく刺身でも食べられるほど鮮度の良い上州豚料理。中でもスモークまたは塩などから味を選べるヤキトンは、炭でぷりぷりに焼き上げられた魅惑の味だ。
更新: 2019-05-14 15:35:42
 豆腐のほかに、揚げ物、近隣の洋菓子店とコラボしたシフォンケーキなど、バラエティ豊かな品揃えを誇る豆腐店。なかでも青森県産の「おおすず大豆」を使った「できたておぼろ」は火・木・金曜の17時頃からしか買えない逸品だ。
更新: 2019-01-23 12:00:00
 ご近所さんやお使いの子どもたちが続々と訪れる、一見普通の“街のお豆腐屋さん”だが、手間暇かけて丁寧に作られた絶品の豆腐がいただける。四代目の小野田滋さんが北海道産「音更大袖振」と出合い、大豆に魅せられ作ったのは「四代目 絹」。
更新: 2019-01-22 12:00:00
 近隣住民が買いに来るだけでなく、50軒を超える銀座の名店や料亭などにも豆腐を納めている店。ここではプロの舌も唸らせる逸品が手に入る。
更新: 2019-01-21 18:00:00
 店主の新井さんは自他共に認める“大豆オタク”。その時々で吟味した、国産大豆や希少な在来種の大豆を巧みに使い分け、それぞれの個性を引き出した豆腐を作り続けている。
更新: 2019-01-20 18:00:00
最新の投稿
沖縄出身の店主・新垣さんが、「魚や野菜も地元糸満から仕入れている」という、亀戸で人気の沖縄ダイニング。こちらで人気のもずく酢は、本島東部、勝連産の天然もの。
更新: 2019-05-23 12:00:00
水天宮と人形町通りを挟んだ向かいにあるパティスリー。世界的にも有名なステファン・トレアン氏が手がける洋菓子が味わえる。
更新: 2019-05-22 12:00:00
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
更新: 2019-05-21 12:00:00
店主は毎朝築地へ足を運び、勝ち得た信頼と目利きにより入手した天然ものの魚にこだわる。そんな和食店で提供される、肉好きも大満足のメニューが右の逸品。
更新: 2019-05-20 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt