MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
洋食バル ウルトラ|長年愛された亡き父の味を受け継ぐ店(洋食/経堂)

洋食バル ウルトラ|長年愛された亡き父の味を受け継ぐ店(洋食/経堂)

下北沢で33年以上営業し、7年前に閉店した人気店「洋食屋マック」の味を受け継ぐ。店主が他界後、イタリアンなどで経験を積んでいた息子の石田幸路さんが洋食バルとして店名も新たに経堂でオープンした。洋食バル ウルトラ[交]小田急線経堂駅南口から徒歩2分 ※ランチタイム有

洋食バル ウルトラ(最寄駅:経堂駅)

 下北沢で33年以上営業し、7年前に閉店した人気店「洋食屋マック」の味を受け継ぐ。店主が他界後、イタリアンなどで経験を積んでいた息子の石田幸路さんが洋食バルとして店名も新たに経堂でオープンした。マックの最後の4年半を父の元で修業した石田さんは「どの店より厳しかった」と振り返る。 伝承するいくつかのレシピの中でも、長年愛されているのがハンバーグ。時季ごとに肉質を見極めて仕入れる合挽き肉を使い、焼く時に白ワインを加えて蒸し焼き風にして仕上げる。ご飯に合うよう日本酒や醤油を入れた特製ソースとも相性抜群だ。

ハンバーグステーキ温泉玉子付き(ランチ)
1000円

牛と豚は7対3の配合。酸味と甘みのバランスがいいソースが合う。昼だけでも40食が出る

エビフライサンド
1188円

エビフライを3本使ったサンド。自家製タルタルがアクセント(夜のみ)

洋食バル ウルトラ

東京都世田谷区経堂1-19-2 松菱ビル1階 ☎03-6413-9326 [営]11時~15時、18時~24時(23時LO) [休]日、第1月 [席]カウンター8席、テーブル18席、計26席/ランチは全席禁煙、夜は分煙/夜は19時までの入店は予約可/カード可(VISA・MASTER)/サなし [交]小田急線経堂駅南口から徒歩2分

電話番号 03-6413-9326
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
エチェガライとはマドリードにある通りの名前で、そこに店主の大森さんが好きなシェリー専門のバルがある。そんな現地の雰囲気で、シェリーと、それに合うスペイン料理を楽しむことができるのだ。
 1932年(昭和7年)創業の老舗酒問屋が営む小さなバルが、1年のブランクを経て先月リニューアルオープンした。つまみは生ハムに、チーズ、そしてタパスが少々。
ジビエが苦手な人ほど食べてほしいのがここのイノシシ肉。柔らかな肉と甘みたっぷりの脂が驚くほどの美味しさなのだ。
店主の今村さんが本場スペインで体感したバルの魅力をそのまま神楽坂で再現したような店だ。肉、魚、野菜と目移りする多彩なタパスは美味炸裂のオンパレード。
目の前で揚げる本格天ぷら、そして手の込んだ和食、その両方が同時に楽しめるバル……気になるでしょ?その注目の一軒がココ。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt