MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新橋人気のモツビストロの必食ランチ「大人のモツナポリタン」|ビストロ・ソングラム新橋(ビストロ/新橋)

新橋人気のモツビストロの必食ランチ「大人のモツナポリタン」|ビストロ・ソングラム新橋(ビストロ/新橋)

虎ノ門で評判の肉ビストロ「ビストロ・ソングラム」が新橋に進出。ランチ限定の必食メニュー、それがモツナポリタンだ。

ビストロ・ソングラム新橋(最寄駅:新橋駅)

人気のモツビストロ!モリモリ食べてパワーチャージ

牛・豚・鶏の新鮮な内臓を丁寧に処理し、牛のシマチョウはグリルにしてトッピング、豚と鶏の軟骨などは挽き肉に加えてソースに使うモツ尽くし。濃厚なトマト味にハバネロなどを入れてピリ辛に完成させるのもニクい! なんと希望者にはワイン1杯無料。たまには背徳感もいいよね&モツパワーで英気を養って。

大人のモツナポリタン
950円

無料の大盛りは麺300g。コロッとした牛シマチョウのグリルのほか、豚や鶏のモツは挽き肉に加えて味にコクを与えている

ミートソース<白>
900円

こちらも絶品。白ワインとハーブで煮込んだ豚挽き肉のソースは上品で奥深い旨み

お店からの一言

店長 本村美希さん
シェフ 山本知宏さん

「基本のモツ類は毎朝芝浦の食肉市場から仕入れています」

ビストロ・ソングラム新橋

写真:ビストロ・ソングラム新橋の店内

[住所]東京都港区新橋4-24-4 Aビル1階 [TEL]03-6459-0141 [営業時間]11時半~14時(13時半LO)、17時半~23時半(22時LO)、土17時半~23時半(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]1階カウンター5席、テーブル19席、2階カウンター4席、テーブル20席、計48席/全席禁煙/夜は予約可/夜はカード可/サなし、夜はチャージ300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-6459-0141
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
飯田橋『メリメロ』|ビストロでカツサンド?この意外な組み合わせに挑戦するのは、オーソドックスなビストロ料理からアレンジの利いたフレンチまでオールラウンドにこなす宗像シェフ。
更新: 2018-12-17 12:00:00
“野菜とワイン”がコンセプトのビストロ。まず驚かされるのが植木鉢にぎっしり詰め込まれた野菜とフルーツの数々。
更新: 2018-12-13 12:00:00
BISTRO DOUBLE|(ビストロ/東京駅) ビルの狭間に佇むロケーションに、洒落たテラス席。パリへの憧憬を存分に満たしてくれるビストロである。
更新: 2018-12-03 14:20:34
ガブガブ飲んでガツガツ食べたい時にオススメなのがこちら。ボリューム満点の料理は、肉を得意としながらも、野菜類など素材の旨みをいかしたメニューにも定評あり。
更新: 2018-06-19 15:53:16
BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)/ビストロ/中目黒|ここ数年、カカオ商品のヒットやビーントゥバー専門店の台頭でブームになっているチョコレート。中目黒にオープンした『BONNEL HOUSE(ボンヌ ハウス)』が掲げるコンセプトは、“カカオビストロ”。
更新: 2019-01-30 13:13:53
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00