MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。

レストランマルタ(最寄駅:新橋駅)

自家製生地からソースがとろりマルタのゴゾチーズが隠し味

イタリアンをベースにスパイスを利かせたアラブテイストの料理が特徴なので、ピッツァも定番だ。写真はほうれん草を練り込んだ自家製生地の中にトマトソースとチーズをしのばせており、カットすると両者がとろ~ん。マルタのゴゾ島で作られたヤギのチーズも隠し味に使っていて何とも奥深い。

生ハムとトマトの包み焼きピッツァ(サラダ、コーヒー付き)
900円

もっちり生地にチーズとトマトソースのバランスが◎

本日のチーズペンネグラタン(サラダ、コーヒー付き)
1000円

具は日替わりで、この日は牡蠣。炒めた玉ネギとアンチョビペースト、生クリームなどで仕上げた濃厚な味

お店からの一言

オーナー 髙宮崇さん

「現地の有名な料理研究家のもとで勉強しました」

レストランマルタ

[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階 [TEL]080-4378-9211 [営業時間]12時~15時、17時半~23時(土の昼はコース予約のみ営業)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/昼は禁煙、夜は分煙/予約可(昼は2500円~のコース注文時)/夜はカード可/サなし、夜はお通し300円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅日比谷口から徒歩2分

電話番号 080-4378-9211
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
更新: 2019-03-12 12:00:00
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
更新: 2018-12-28 18:00:00
 その裏手にあるのがルーマニア料理の『ラ・ミハイ』だ。写真の「人気三種のいいとこ取りプレート」(1500円)は、「いんげん豆のたたき」、「たらこのペースト」と通常は「フェタチーズ」が盛られるが、これをホール担当のユリアさんに「ルーマニアポテトサラダ」に変えたい旨を伝えると快く聞いてくれた。
更新: 2018-02-07 18:00:00
 まず向かったのはロシア料理の『スカズカ』。写真の「ニシンのマリネ」(1134円)、「ロシア風水餃子」(972円~)などを注文。
更新: 2018-02-07 07:00:00
白金高輪のシチリア料理店「ロッツォシチリア」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。シチリア料理を代表するナスやズッキーニ、トマトはすべて夏野菜。季節を問わずある玉ねぎやじゃがいもの方が実は活躍の場は広く、じゃがいも料理も思いのほか多い。[住所]東京都港区白金1-1-12
更新: 2018-10-14 07:05:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00