MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店|レストランマルタ(洋食・西洋料理/新橋)

新橋にシチリア島の南に浮かぶ島国、マルタ料理の店「レストランマルタ」。オーナーの髙宮さんが現地で学んだ家庭の味をランチでも楽しめる。

レストランマルタ(最寄駅:新橋駅)

自家製生地からソースがとろりマルタのゴゾチーズが隠し味

イタリアンをベースにスパイスを利かせたアラブテイストの料理が特徴なので、ピッツァも定番だ。写真はほうれん草を練り込んだ自家製生地の中にトマトソースとチーズをしのばせており、カットすると両者がとろ~ん。マルタのゴゾ島で作られたヤギのチーズも隠し味に使っていて何とも奥深い。

生ハムとトマトの包み焼きピッツァ(サラダ、コーヒー付き)
900円

もっちり生地にチーズとトマトソースのバランスが◎

本日のチーズペンネグラタン(サラダ、コーヒー付き)
1000円

具は日替わりで、この日は牡蠣。炒めた玉ネギとアンチョビペースト、生クリームなどで仕上げた濃厚な味

お店からの一言

オーナー 髙宮崇さん

「現地の有名な料理研究家のもとで勉強しました」

レストランマルタ

[住所]東京都港区新橋2-9-17 2階  [TEL]080-4378-9211 [営業時間]12時~15時、17時半~23時(土の昼はコース予約のみ営業)※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター5席、テーブル16席、計21席/昼は禁煙、夜は分煙/予約可(昼は2500円~のコース注文時)/夜はカード可/サなし、夜はお通し300円別 [アクセス]JR山手線ほか新橋駅日比谷口から徒歩2分

電話番号 080-4378-9211
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
新大橋通りに面した角に立つ小さなお店。中に入ると、多種多様なベルギービールが棚にずらりと並び、常時50~60種もの味を楽しめる。
「かろかろん♪」と鈴が鳴るドアを開けると、アフリカ調の素朴な色合いと華やかさが入り混じったリラックス空間が広がる。多国籍の雑貨を売っていた所に、お茶や食事を楽しめるスペースを開設したのが始まり。
 ドイツワインの奥深さに魅了された店主が、現地での研修などを経て2016年にオープン。定番のボトル12種と7~8種の日替わりグラスワインを揃える。
 本場の味はそのままに、日本人の口に合うメニューを厳選したトルコ料理店。トルコ出身のシェフは、多様な地域性をもつトルコ各地の料理に精通、イタリア料理店でも腕を磨いた経験者だ。
ゴドノフ東京 丸の内店(洋食・西洋料理/丸の内)|ロシアで人気の老舗レストラン『ゴドノフ』。丸の内にオープンした日本1号店は、重厚感のある本店と違い、場所柄気軽に入れるようロシアンバルを掲げ、カジュアルに展開。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt