MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
新橋に唐揚げの名店あり!ボリュームは超ド級!|居酒屋タオ(居酒屋/新橋)

新橋に唐揚げの名店あり!ボリュームは超ド級!|居酒屋タオ(居酒屋/新橋)

「居酒屋タオ」はファンの間で新橋の唐揚げの聖地とも言われているらしい。拳大の鶏肉が5個のボリュームにまず仰天、旨さに納得。

Dining Bar TAO 新店(移転前の店名:居酒屋タオ)(最寄駅:新橋駅)

おまけに具だくさんの豚汁とご飯がお替わり自由とくれば腹ペコ男子(女子も!)は泣いて喜ぶに違いない。多い時は1日80㎏を仕込む鶏肉は余分な脂を取り除き、特製ダレに漬けてひと晩寝かせて馴染ませる。素揚げに近い薄衣は胃にもたれず、量の割にヘルシー。お腹を空かせて店に走れっ!

若鶏のから揚げ(豚汁とご飯はお替わり無料)
880円

片栗粉を薄くまぶしてサクッと揚げている。豚汁は野菜たっぷり

まぐろづくし丼(豚汁はお替わり無料)
930円

築地で仕入れたマグロの中トロ、赤身、ヅケなどの丼は数量限定ですぐ完売

お店からの一言

マネージャー 西村美保さん

「昼は持ち帰りの唐揚げ弁当もあります」

Dining Bar TAO 新店(移転前の店名:居酒屋タオ)

●移転後の情報
[住所]東京都港区新橋5-5-1 IMCビル 1F [TEL]03-3434-6620 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~22時半(金・祝前日は23時まで)※ランチタイム有 [休日]土曜日・日曜日・祝日・お盆・年末年始 [座席]カウンター2席、テーブル33席/全席喫煙可/カード可/夜はお通し330円別 [アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分
●移転前の情報
[住所]東京都港区新橋4-3-11 第2ニシムラビル1階 [TEL]03-3434-6620 [営業時間]11時半~14時(13時45分LO)、17時~22時半(金・祝前日は23時まで)※ランチタイム有 [休日]日曜日・祝日 [座席]カウンター2席、テーブル65席、小上がり座敷14名、計81席/全席喫煙可/夜は予約可/夜はカード可/サなし、夜はお通し330円別 [アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩5分

電話番号 03-3434-6620
<>
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鷹匠小路を折れた先にある「たぬき小路」。大通りほどの行き来はないが、多くの人が目指す店がある。
旬を大切にし、素材の持ち味を生かした魚介料理を楽しませてくれる店。そのための魚介は神津島直送の鮮魚をメインに使い、丁寧に端正に仕上げる。
和食の安在さん、イタリアンの中澤さん。このふたりがキッチンから得意技を繰り出す、ちょっと個性的な店だ。
前身の醤油屋から合わせると120年以上の歴史を持つ老舗だ。だが、店構えにも店内にも堅苦しさはまったくない。
赤々と炭を熾した囲炉裏がこの店の舞台。その周りに置かれた席に腰をかければ“三九劇場”の幕が上がる。
初めて訪れたときは、こんな場所に「お店が⁉」と正直驚いた。 言ってみれば鶴橋商店街のダンジョンから抜けてたどり着いた酒場という印象。 それが「よあけ食堂」だった……。 創業74年。長いカウンター席が特徴的で、一品料理から鍋、洋食など、さまざまな料理が楽しめる名店だ。
ラム肉も豚肉もしゃぶしゃぶに程よい厚みにカットされ、食べ応えがあるのがうれしい。「北海道」だからか、ダシに入っている昆布が立派だった。
店主の杉本さんは“ラーメンの鬼”と呼ばれた故・佐野実氏の下で約4年間修業した経歴の持ち主。旨い一杯への情熱は師匠譲り。
静かな北鎌倉は夜になるといっそうひっそりとする。通りからさらに少し引っ込んだ『こころや』は、知らなければまず辿りつけない。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt