MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
近江牛専門精肉店の直営のハンバーグランチで贅沢に|ラ・ブシュリー・近江(ハンバーグ/新橋)

近江牛専門精肉店の直営のハンバーグランチで贅沢に|ラ・ブシュリー・近江(ハンバーグ/新橋)

食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。

ラ・ブシュリー・近江(最寄駅:新橋駅)

日本三大和牛の醍醐味をハンバーグランチで贅沢に

中でもハンバーグは旨みが凝縮した逸品。なるべくつなぎを少なくし、脂が多い部位と赤身をバランス良く配合して肉々しくもジューシーに仕上げるのがコツだそう。芳醇な肉の味わいを引き立てるためデミグラスソースはあえて若干甘めにしている。

近江牛ハンバーグ(惣菜、サラダ、ライスまたはパン付き)
1290円

各部位を店内で粗めの挽き肉にして力強い食感を生み出す。

近江牛ローストビーフサンドイッチ(サラダ、スープ付き)
1080円

ローストビーフはサシが細かい内モモ肉を使う。焼いてから2週間寝かせ、しっとり柔らかく仕上げる

お店からの一言

シェフ 井手口聡さん

「程良い脂身のA4ランクの処女牛にこだわっています」

ラ・ブシュリー・近江

[住所]東京都港区新橋4-21-6 TKビル2 [TEL]03-3431-3635 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時半LO)、デリカテッセン11時~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日(月が祝の場合、日営業で月休み) [席]2階テーブル24席、3階テーブル16席、計40席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし [交通アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

電話番号 03-3431-3635
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
更新: 2018-09-10 09:52:01
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
更新: 2018-02-24 15:48:40
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
更新: 2018-01-26 12:00:00
 何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!
更新: 2018-02-06 18:28:59
厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%のハンバーグ。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。※ランチタイム有
更新: 2018-03-23 16:08:25
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00