MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
近江牛専門精肉店の直営のハンバーグランチで贅沢に|ラ・ブシュリー・近江(ハンバーグ/新橋)

近江牛専門精肉店の直営のハンバーグランチで贅沢に|ラ・ブシュリー・近江(ハンバーグ/新橋)

食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。

ラ・ブシュリー・近江(最寄駅:新橋駅)

日本三大和牛の醍醐味をハンバーグランチで贅沢に

中でもハンバーグは旨みが凝縮した逸品。なるべくつなぎを少なくし、脂が多い部位と赤身をバランス良く配合して肉々しくもジューシーに仕上げるのがコツだそう。芳醇な肉の味わいを引き立てるためデミグラスソースはあえて若干甘めにしている。

近江牛ハンバーグ(惣菜、サラダ、ライスまたはパン付き)
1290円

各部位を店内で粗めの挽き肉にして力強い食感を生み出す。

近江牛ローストビーフサンドイッチ(サラダ、スープ付き)
1080円

ローストビーフはサシが細かい内モモ肉を使う。焼いてから2週間寝かせ、しっとり柔らかく仕上げる

お店からの一言

シェフ 井手口聡さん

「程良い脂身のA4ランクの処女牛にこだわっています」

ラ・ブシュリー・近江

[住所]東京都港区新橋4-21-6 TKビル2 [TEL]03-3431-3635 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時半LO)、デリカテッセン11時~22時半 ※ランチタイム有 [休日]日曜日(月曜日が祝日の場合、日曜日営業で月曜日休み) [座席]2階テーブル24席、3階テーブル16席、計40席/全席禁煙/予約可/夜はカード可/サなし [アクセス]JR山手線ほか新橋駅烏森口から徒歩4分

電話番号 03-3431-3635
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
 何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!
「うちのタレは、関東大震災も戦争からも逃げ延びたんです」と語る、三代目の小川右二さん。空襲の際は先代が壺ごと持ち出して守り、その後も注ぎ足しながら受け継いでいるという。
埼玉で創業55年超の人気店が出店。代表の倉田氏が他店シェフと共同開発した個性的なパンや、シベリアのような昔ながらのパンを販売している。
ワイワイ、カチャカチャ。ビストロらしい賑わいが似合う店だ。メニューには「フランスの片田舎にあるようなワイン居酒屋」とあり、気取りなく、一方でワインに対して気の利いたアテが揃っている。
大正時代から続く老舗を若き5代目が継いだのは24歳の時。理由は先代の急逝だった。伝統を守りながらより高みを目指し、今35歳。
厳選の国産米を4時間以上かけて炊いたおかゆを12種類提供。看板商品の「POPEYE」(950円)は、ほうれん草のおかゆ。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt