MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ハンバーグの店モンブラン浅草店|個性豊かな6種類の選べるソースが嬉しいハンバーグ(洋食/浅草)

ハンバーグの店モンブラン浅草店|個性豊かな6種類の選べるソースが嬉しいハンバーグ(洋食/浅草)

国産の牛肩ロース肉100%を使った手ごねハンバーグ。基本ソースの味は6種類から選べ、ワインとマッシュルームが入ったコクのあるデミグラスソースで味わう「フランス風」。濃厚チーズソースの「オランダ風」などがある。家族連れにも人気だ。ハンバーグの店モンブラン[交]地下鉄銀座線浅草駅雷門出口 徒歩5分、銀座線田原町駅徒歩7分

ハンバーグの店モンブラン浅草店(最寄駅:浅草駅)

国産の牛肩ロース肉100%を使った手ごねハンバーグ。鉄板でジュージューと音を立てて運ばれてくる。基本ソースの味は6種類から選べ、写真はワインとマッシュルームが入ったコクのあるデミグラスソースで味わう「フランス風」。ほかに濃厚チーズソースの「オランダ風」(950円)などがある。家族連れにも人気だ。

鉄板焼きハンバーグステーキ フランス風
950円

ハンバーグの店モンブラン浅草店

■『ハンバーグの店モンブラン浅草店』
[住所]東京都台東区浅草1-8-6
[TEL]03-5827-2771
[営業時間]11時~22時
[休日]水曜日(祝の場合は営業、翌木が休み)
[アクセス]地下鉄銀座線浅草駅雷門出口から 徒歩5分

電話番号 03-5827-2771
2016年1月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
洋食店としての創業ながら、先代はとんかつ専門店だったという歴史を持つ店の当代が打ち出したのは、驚くほどふわふわのハンバーグ。「子どもの頃、親父が作るハンバーグが好きで、それを再現したかった」と店主は笑う。
[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt