MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
赤坂[鉄板焼 さとう]の[ハンバーグランチ]のグルメ記事

赤坂[鉄板焼 さとう]の[ハンバーグランチ]のグルメ記事

[鉄板焼 さとう]のランチには13時を過ぎると訪れる人多し。なぜなら、通常200gのハンバーグが300gに無料で増量できるからだ。[鉄板焼 さとう]の[交通アクセス]は 地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分

鉄板焼 さとう(最寄駅:赤坂駅)

目の前の鉄板で焼かれる圧巻の増量300gハンバーグ

目の前の鉄板でジュウジュウ焼かれる300gのハンバーグは圧巻の厚みと迫力! そこにじっくりローストした玉ネギがたっぷり入ったデミグラスソースがかかって供される。ハンバーグはふんわり焼かれ、肉々しくってジューシーだ。付け合わせの半熟玉子につけて食べる味変もいいぞ!

ハンバーグランチ
1100円※13時から希望すれば300gに増量可

見よ、この厚み! ハンバーグの下にはマッシュポテトも付いている

プラス200円でチーズトッピングもできる。チーズフォンデュに使われるなめらかなチーズ

お店からの一言

店主 佐藤昭弥さん

「昼はハンバーグ1本で勝負しています!」

鉄板焼 さとう

[住所]東京都港区赤坂4-11-6 プティ赤坂B1 [TEL]03-3585-3120 [営業時間]月~金11時半~14時LO、18時~23時(22時LO) 土・祝18時~22時(21時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]14席/全席禁煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/夜お通し(チーズフォンデュ)代500円 [交通アクセス]地下鉄千代田線赤坂駅1番出口から徒歩5分

電話番号 03-3585-3120
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
食材にこだわるご褒美昼メシなら「ラ・ブシュリー・近江」に決まり。何と言っても近江牛専門精肉店の直営だけに、牛肉はすべて一頭買いしている近江牛の処女牛を使う贅沢ぶりだ。
更新: 2018-04-23 17:14:25
 肩が触れ合うような狭いカウンター席に、煙がモウモウと立ちこめる店内。この店を訪れる理由はただひとつ、絶品のラムを味わい尽くすためだ。
更新: 2018-02-24 15:48:40
 ここの魅力は岩中豚を100%使用したパテの旨さ。肩ロースやハラミなど挽き方の異なる4種類の部位を巧みに合わせ、力強い味わいを実現している。
更新: 2018-01-26 12:00:00
 何がいいって、美しい楕円形の肉にポーチドエッグを添えたこのビジュアル。頬張れば牛・鴨・豚の3種を使ったパンチのある旨さに悶絶!
更新: 2018-02-06 18:28:59
厳選国産牛と黒毛和牛のA4・A5のみを使った牛肉100%のハンバーグ。ジューシーなのに脂がくどくないのはモモがメインだから。※ランチタイム有
更新: 2018-03-23 16:08:25
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt