安ウマランチを発見!西新宿 ランチ ランキング ベスト5!

安ウマランチを発見!西新宿 ランチ ランキング ベスト5!

西新宿のランチグランプリ!!高層ビルが建ち並び、チェーン店が数多くひしめく西新宿。小滝橋通りへ行けば、ラーメン店がしのぎを削る。そんな街では路地へ入って、ひたすら良店を探すのみ。その結果、幅広いジャンルで満足度の高いランチが見つかりました!


高層ビルが建ち並び、チェーン店が数多くひしめく西新宿。幅広いジャンルで満足度の高いランチが見つかりました!

第1位 太樹苑 西新宿店 Part1

たっぷり入った牛タンに魅了!焼き肉店だからこそ高コスパを実現

 西新宿エリアに2店舗を構える焼き肉店で、このPart1のみ平日限定の昼営業を行っている。ランチでは「ローストビーフ丼」や「牛すじ煮込み膳」など魅惑の肉メニューが揃う。なかでもイチオシが「ビーフシチュー膳」だ。グツグツと音をたてながらやってくる石鍋の中には、大きくカットされた牛タンがゴロリと贅沢に入る。夜メニューの焼き物で使われないタン先部分で作っており、リーズナブルな値段で味わえるのは、焼き肉店だからこその強みだ。また、肉を成形する際にでる大量のスジ肉を香味野菜と共に煮込んだソースも濃厚かつ深いコクが満点で、洋食の専門店顔負けの完成度!

写真:ビーフシチュー膳980円

3時間かけてじっくりボイルしたタンは、箸がスッと入るほどの柔らかさ。ゴロゴロとたっぷり入って1000円以下は超絶おトク! ソースには煮込んだスジ肉と野菜をペースト状にして加えており、そのコクと深みに圧倒される。

ランチ営業を行わない系列店の分のタン先も含め、大量の仕入れが可能!

[その他のメニュー]昼ローストビーフ丼980円(限定20食)、自家製ハンバーグ膳880円、牛すじ煮込み膳980円夜塩ロース880円、上ロース1180円、かいのみ980円、ざぶとん1490円、上タン塩1280円、厚切りハラミ1480円、石焼牛ロースビビンパ(L)850円など

[店舗情報]

洋食店にひけをとらない美味しさに心底驚いた。席もゆったりしており、6名以上で座れるテーブルや座敷席もアリ。12時〜13時半頃は混雑することが多い。

写真:太樹苑
西新宿店 Part1の店内

太樹苑 西新宿店 Part1の詳細ページへ

第2位 玄菜壱上(げんさいいちじょう)

高級会席の実力をお昼でも!贅を尽くした空間もよし

 小滝橋通り近くにあるビルの2階で、くつろぎのランチタイムを過ごせる空間を見つけた。夜は本格的な会席料理を味わえる高級店で、昼の定食にも職人の技が細部にまで生かされている。日常使いなら、繊細なダシで味わう稲庭うどんと天ぷらのセットを。またランチの会合や顔合わせには「壱上お楽しみ御膳」をはじめとした昼の会席ミニコースをと、オフィシャルにも使える。このエリアでは希有な存在だ。

写真:稲庭うどんと季節の天麩羅 1080円

うどんは温と冷からチョイス。天ぷらはエビと季節の野菜が付く。

カウンター席も広々してゆったり過ごせる。大小様々な個室も用意し、会合にもピッタリ

[酒]ビール生648円、中瓶702円 焼グラス756円〜、ボトル5184円〜 ワイングラス864円、ボトル5184円〜 日1合702円〜 [その他のメニュー]昼特選 壱上御膳1080円、活穴子と車海老の天麩羅コース3024円、お昼の彩り会席5184円 夜彩り会席コース6480円、旬菜会席コース8640円、板長おまかせ会席コース1万800円など

[店舗情報]

上品な味わいの料理と共にゆったりした店内の雰囲気も◎。着物姿のスタッフの気遣いある接客も見事! 九谷焼をはじめとした器にも注目したい。12時台は混雑。

写真:玄菜壱上の店内

[住所]東京都新宿区西新宿7-9-17 第1伊藤ビル2階 [TEL]03-3369-5110 [営業時間]11時半~14時半(14時LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有 [休日]日・祝 [席]カウンター8席、テーブル4席×3卓、6席×1卓、個室5室(最大30名まで) 計60席/昼は分煙、夜は全席喫煙可/予約可(昼は個室のみ可)/夜のみカード可/夜はサ10%、お通し代648円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩5分

玄菜壱上の詳細ページへ

第3位 串天ぷら 段々屋

揚げたてサクサクの天ぷらを手頃な価格で食べられる優秀ランチ

 目の前で職人が揚げてくれる熱々の天ぷらを、ふっくら炊かれたご飯と共に食す、まさに至福の定食。「松」は鮮度抜群のエビ、イカ、キスに旬野菜が2種類付き、これで750円は驚きのコスパ。揚げ油にはキャノーラ油を使用し、軽い衣はサクサクの食感だ。9月下旬までの限定メニューで、氷水でしめてからミョウガを混ぜたご飯に天ぷらをのせ、冷たいジュレでいただく「元祖冷やし天丼」(950円)もオススメ。

写真:季節の天ぷら定食 松 750円

築地から仕入れる旬の魚介を使用している。

厳選したキャノーラ油を使用するため、衣は軽く胃もたれナシ!

[酒]ビール生594円、中瓶734円 焼グラス594円〜、ボトル3780円〜 ワイングラス648円〜、ボトル3218円〜 日1合810円〜 [その他のメニュー]昼季節の天ぷら定食竹900円、季節の天ぷら定食 梅1100円 夜串天ぷら壱の膳(5本)1296円など

[店舗情報]

あきたこまちの特別栽培米を使用する、ツヤツヤご飯は大盛り&お替わり無料。定食の天ぷらは具材を2度に分けて揚げ、熱々を食べさせてくれる心遣いもうれしい。

写真:串天ぷら 段々屋の店内

[住所]東京都新宿区西新宿1-14-2 [TEL]03-6423-8889 [営業時間]11時半~14時半LO、17時半~23時(22時半LO)、水・木・金~23時半(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター32席、テーブル4席×4卓、3名用個室1室、4名用個室1室、6名用個室2室、12名用個室2室 計91席/昼は全席禁煙、夜は分煙/夜のみ予約可/夜のみカード可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩4分

串天ぷら 段々屋の詳細ページへ

第4位 三是(みこれ) 貝だらけ

貝好きのハートを射止める刺し&焼きの貝尽くし

 西新宿エリアを中心に、寿司割烹や居酒屋を展開する『三是』が、昨年オープンさせた貝の専門店。活けのまま仕入れる20種類ほどの貝を、刺し、焼き、蒸しと素材に合わせた調理法で食べさせてくれる。ランチも貝をふんだんに使用し、日替わりの貝の刺身をのせた「貝鮮丼」や、醤油ダレで香ばしく漬け焼きした貝がたっぷりのる「貝焼弁当」など、貝好きならずとも見逃せないメニューを揃えている。

写真:貝焼弁当 1100円

アサリの炊き込みご飯の上にのるのは、カキ、ホタテ、ツブ貝などの焼き貝。刺身や海鮮サラダも付き、大満足。

定食のご飯は白米or炊き込み御飯、丼は酢飯or炊
き込み御飯と好みでチョイス可能だ。

こ[酒]ビール生594円、中瓶626円 焼グラス540円〜、ボトル2894円〜 ワイングラス648円、ボトル2678円〜 日1合410円〜 [その他のメニュー]昼かきと豚トロのオイスターソース炒め定食880円、特撰刺身定食 貝と鮮魚の盛合せ1580円 夜カキの豪快蒸し2138円、貝出汁巻き玉子734円、ハマグリの地酒蒸し950円、殻付ホタテ天麩羅842円など

[店舗情報]

貝類はもちろんのこと、魚も天然モノをはじめ、質の高い刺身を使用しているのが印象的だった。どのランチメニューもボリューム満点で、男性に人気なのも納得。

写真:三是 貝だらけの店内

[住所]東京都新宿区西新宿1-13-8 [TEL]03-6279-0116 [営業時間]11時~23時半(フード22時半、ドリンク23時LO、ランチは15時LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]カウンター6席、テーブル26席 計32席/全席喫煙可(13時までは全席禁煙)/平日の昼以外は予約可/カード可/サなし・お通し代540円別 [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩4分

三是 貝だらけの詳細ページへ

第5位 西門食房(シーメンショクボウ)

本場に負けない小籠包に悶絶!お粥とセットでヘルシー気分に

 そ~っと箸でつまんで蒸したて熱々をパクリ。薄い皮の中から大量の肉汁が口いっぱいにあふれ出す!

 ここは台湾料理をメインとした中華で、看板を張るのが現地有名店のシェフから直伝された小籠包だ。肉汁の正体は豚の皮や鶏のモミジからとるコラーゲンで、濃厚な旨みがたっぷり。ランチは鶏ガラをひと晩じっくり煮込んだコク深いスープで、トロトロになるまで米を炊いた海鮮粥とのセットがイチオシ!

写真:手作り小籠包セット 880円

セットには日替わりのおかずが付き、この日は干し豆腐の和え物。小籠包は中が透けて見えるほど薄い皮で、繊細な美味しさだ。

[酒]ビ生520円、小瓶630円 焼グラス420円〜、ボトルなし ワグラス450円、ボトル2700円 日1合550円〜 紹興酒グラス460円〜、ボトル2050円〜 [その他のメニュー]昼手作り点心セットA900円、酸辣湯麺セット950円、マーボー丼セット950円 夜大根餅540円、トマトと卵の炒め860円、レタスチャーハン640円、小籠包(4個)640円、台湾風唐揚540円など

[店舗情報]

都内にある数々の小籠包の有名店にもひけをとらない、その美味しさには驚き! 雑居ビルの2階にある隠れた名店で、13時以降は待ち時間なく入れることが多い。

[住所]東京都新宿区西新宿7-11-16 新宿プラスワンビル2階 [TEL]03-3227-0120 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時半LO)※ランチタイム有 [休日]日 [席]テーブル3席×1卓、4席×4卓、5席×1卓 計24席/昼は全席禁煙、夜は分煙/夜のみ予約可/カード不可/サ・お通し代なし [交通アクセス]JR山手線ほか新宿駅西口から徒歩5分

西門食房(シーメンショクボウ)の詳細ページへ

西新宿は格安チェーンにプラスオンで払うのがベスト!

編集・戎「今回の取材で、特に印象に残った店ってドコでした?」

ライター・菜々山「やっぱ1位の『太樹苑』だよね。覆面調査でビーフシチュー食べた時、ひと口目で感動したもん。そして値段にビックリ」

戎「ですよね〜。タンがゴロゴロ入って、あの安さ! 『太樹苑』はこのビーフシチューを、店の名物ランチとして、もっと推すべきだと思います!」

菜「あと『西門食房』の小籠包も美味しかったなあ。ワタシ好みの薄皮&汁ダクで。台湾から東京に進出している有名店より味は上だよ。取材したらオーナーが台湾好きで、小籠包に対する愛情がハンパじゃなかった」

戎「じゃあ、恒例のトホホな店の話に参りましょうか」

菜「やっぱ、マグロをウリにする『M』だよねえ。味云々の前に、お膳のご飯と味噌汁の位置を逆に出してくるってどうなのよ? お客さんに出すものとして、もうちょっと気を付けるべきなんじゃないの?」

戎「小姑みたいッスね」

菜「(ムカッ)」

戎「接客と言えば、『玄菜壱上』はカンペキですよね」

菜「ね! 夜は高級会席だけあって、着物姿の女性スタッフも気遣いが見事なくらい細やか。料理のお味もさすが! って拍手したい上に、ふっくらご飯とダシの利いた味噌汁もお替わりできるし、席は広々。お茶もこまめに注いでくれるから、食後もゆったり過ごせる。1080円の定食しか注文していないのが、申し訳なくなるくらいだよ。アタシが近くで会社勤めしてたら、昼休憩の1時間はこの店で過ごす!」

戎「他にも天ぷら定食の『段々屋』とか、新鮮な貝を食べられる『貝だらけ』とか、大型チェーンだらけだと思っていた西新宿でも、かなりレベルの高い店を発掘できたのが収穫でした」

西新宿ランチMAP

● 第1位 太樹苑 西新宿店 Part1
● 第2位 玄菜壱上(げんさいいちじょう)
● 第3位 串天ぷら 段々屋
● 第4位 三是(みこれ) 貝だらけ
● 第5位 西門食房(シーメンショクボウ)

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラス-グルメレポートと写真

ホテル雅叙園東京 ニューアメリカングリル カナデテラスのランチブッフェに関するグルメ取材記事と写真のページ。店内のグリルで常時焼かれているのは、塩水に漬け込み、全体が均等な味になるよう下ごしらえされた牛肉、淡白さを青山椒の風味で包んだ鶏肉。さらに肉のショーキッチン前のブッフェ台にはスペアリブまで。


品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

品川で食べられるホテルビュッフェは味だけじゃない!圧巻のショーキッチン!

ホテル前の柘榴坂を店名に冠し、2017年4月に『グランドプリンスホテル新高輪』がニューオープン。シェフが切り分けるローストビーフ、ライブで焼かれる魚介と野菜の網焼きグリル、パティシエが盛り付けるジェラートと、ショーキッチンは圧巻だ。圧巻のショーキッチン


文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

文豪が愛した料理を現代風に!日本近代文学館で食から文学にアプローチ

“文学”というと、ちょっと取っ付きにくいイメージだが、食からアプローチしてみてはいかがだろう。日本近代文学館内のこのカフェ『BUNDAN COFFEE & BEER』では、過去の名作に登場した料理や、食を愛した文人に由来するメニューを楽しめる。


本格的な海南鶏飯やラクサが【お得に】丸の内のホテルブッフェで楽しめる!

本格的な海南鶏飯やラクサが【お得に】丸の内のホテルブッフェで楽しめる!

日本でのシンガポール料理の先鞭をつけた『シンガポール海南鶏飯』が手がける、2017年3月にオープンしたホテルの新店「アスコット丸の内東京 トリプルワン シンガポール&チャイニーズキュイジーヌ」。


週末におすすめ!麻布十番の雰囲気抜群おしゃれランチ3選

週末におすすめ!麻布十番の雰囲気抜群おしゃれランチ3選

路地裏にいい店も多く、買い食いしたくなる美味も揃う街、麻布十番。散策でお腹がすいたら、雰囲気がある空間でランチ、いかがですか? 撮影/小澤晶子 取材/松田有美


最新の投稿


東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

東京駅構内で「ちょい呑み」!コスパもGoodな店5選

発車まであと00分!慌ただしくても楽しめるちょい飲みで、美味しいひとときを!列車の発車までまだ少しだけ余裕がある。そんな時に立ち寄りたいのが、ちょい飲みの店。美味しいお酒で列車を待てば、胃も満足、旅情もアップと一石二鳥です。 撮影/石井明和、小澤晶子(エノテカ)、大西尚明(あべや)取材/菜々山いく子


ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

ザクッ、プリッ!一度食べたらハマる「エビフライ」は想像以上の食べ応え!

大山『とんかつ 豚しゃぶ 創作料理 銀扇』|テーブルに運ばれてきて、実際にその大きさを目にすると、「おーっ!」と感嘆の声を上げてしまった。ザクッ、プリッという爽快な歯ざわりのあと、ギュッと詰まった身の濃厚な味で満たされる。


じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

じゅわっと旨みが染み出す大ぶりの牡蠣を赤坂で堪能!『とんかつ末吉』

粗めに仕上げた自家製パン粉に合うものをと探してたどり着いたのが、現在のぷりっぷりで大きな牡蠣。口に運ぶと、ザクザクという小気味いい音とともに、じゅわっと牡蠣の旨みが染み出す。


新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

新宿『とみたや』でA5ランクの肉を使った「すき焼き」を満喫!

とみたや|もとは松阪牛の本場、三重県出身の初代が肉の卸業を営み、さらに虎ノ門で店を構えたのが始まり。3代目となる今も、長年の信頼関係と目利きゆえ、いい肉を安く仕入れられるのが自慢だ。


 昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

昼に食べれば夜まで満腹!美味で食べ飽きない秋葉原の「デカ盛りパスタ」!

『カフェ・レストランフレスカ』ではデカ盛りをどこよりも早い15年前に実施。当初は肉体労働で腹ペコの電化製品販売員のリクエストから始まったのだそう。


ランキング


>>総合人気ランキング