MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
[横浜ロイヤルパークホテル] 鉄板焼「よこはま」のステーキランチ

[横浜ロイヤルパークホテル] 鉄板焼「よこはま」のステーキランチ

鉄板焼もランチであれば、かなりリーズナブル。横浜ロイヤルパークホテル開業当時から店を構え、ディナーであればコースは8640円から提供する店だが、ランチなら牛肉が焼かれる様を目の前で見ながらいただいて、この値段だ。

横浜ロイヤルパークホテル鉄板焼「よこはま」(最寄駅:みなとみらい駅)

味・質・量と3拍子揃った贅沢ステーキランチ

 サーロインは160gと男性にも充分なボリューム。筋はきれいに取り除かれており、程よい弾力と旨みが堪らない。白醤油にワサビを溶いたソースと頂けば、鼻に抜けるツンとした辛さが心地よく、牛肉の脂をすっきりと流してくれる。 先付け、サラダも付き皿数も豊富なこのコース。大満足なのは間違いない。

ステーキランチ 先付け、サラダ、ステーキ(ニュージーランド産フィレビーフ120gまたはオーストラリア産サーロインステーキ160g)、鉄板焼野菜、ご飯、味噌椀、香の物、シャーベット
¥3780

鉄板で焼いたニンニクチップはサクサク。ステーキや添えられた脂身と一緒に食べると美味しい。ソースはワサビ味のほか、大根おろしと玉ネギの和風味も。焼野菜も名脇役

デザートはオレンジのシャーベットでさっぱりと。別席に案内されていただく

お店からの一言

チーフ 工藤卓磨さん

「鉄板焼ならではの焼きたての美味しさをどうぞ」

横浜ロイヤルパークホテル鉄板焼「よこはま」

[住所]神奈川県横浜市西区みなとみらい2-2-1-3 [TEL]045-221-1155(レストラン予約/9時~21時) [営業時間]平日11時半~14時(LO)、土・日・祝11時~15時(LO)、17時半~21時(LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]46席(すべて鉄板焼前のカウンター)/全席禁煙/予約可/サ10% [交通アクセス]みなとみらい線みなとみらい駅5番出口から徒歩3分

2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
更新: 2018-05-18 16:27:40
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
更新: 2018-05-18 16:28:01
職人が目の前で揚げて提供する天麩羅をこの価格でいただける、お値打ち度の高いランチ。カウンター席に座れば、揚げる前の素材を見せてくれ、天麩羅を一品ずつ提供。
更新: 2018-05-18 16:28:27
中庭の緑を望めるレストランがあるのは、JR水道橋駅からほど近い静かな路地の一角だ。 ここで頂けるのが車エビ、貝類、白身魚と季節の野菜の具だくさんブイヤベース。
更新: 2018-05-18 16:28:38
「RISTORANTE CANOVIANO(リストランテ カノビアーノ)」は代官山から『ホテル雅叙園東京』に移転オープンした、植竹シェフが腕を奮う人気イタリアン。白を基調とした内装の店内は華やかでいて静謐だ。
更新: 2018-05-18 16:28:48
最新の投稿
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00
名古屋市東区赤塚町に明治、大正、昭和、平成、そして令和と、5つの時代を駆け抜けた店がある。創業1888(明治21)年の麺類食堂『森田屋』がそれだ。老舗だからといって敷居が高いわけではない。131年間にわたって地元の人々に愛されているのだ。
更新: 2019-04-22 16:00:00
全国から厳選した日本酒が常時40~50種類揃う。銘柄は敢えて固定せず、その季節で一番旨いものを仕入れるのが六三四流。
更新: 2019-04-22 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt