MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

職人が目の前で揚げて提供する天麩羅をこの価格でいただける、お値打ち度の高いランチ。カウンター席に座れば、揚げる前の素材を見せてくれ、天麩羅を一品ずつ提供。

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」(最寄駅:新宿駅)

サクサク軽い食感の衣から、上質なゴマの香りが漂う

ときに料理長の軽妙なトークもはさみながら、ランチにも関わらずディナー気分を味わえる。 店名が表すとおり、料理長が選んだそのときどきの旬の食材を揚げる油は、生のゴマから絞ったもので2種類をブレンド。火が入るとふわっと上品にゴマが香り、素材の味を引き立てる。揚げたての天麩羅全7種に小鉢など付いて、休日でもこの値段。行かない手はない。

しなの 小鉢、サラダ、巻海老の天麩羅、魚介の天麩羅2種、野菜の天麩羅4種、小天丼(天麩羅と白飯を別々も可)、味噌汁、デザート
¥3026

サラダ、小鉢も旬の食材を使用。取材時の小鉢は加賀野菜の金時草のおひたし、かぼちゃサラダ。天麩羅はレギュラーの巻エビから提供される。ほかの魚介2種、野菜4種は季節により変わるが、秋からは旬のキノコ類などサクサク衣との相性がたまらない素材が控えている

コースにつくかき揚げは、甘辛いタレに絡めた天丼にして食べるか、白飯と別々に食べるか選べる

お店からの一言

料理長 榎本稔さん

「店名のとおりそのときの旬の素材を揚げています」

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」

[住所]東京都新宿区西新宿2-2-1 本館7階 [TEL]03-3344-0111(レストラン予約) [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター10席、テーブル10席、計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]京王線ほか新宿駅西口から徒歩5分

2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
更新: 2018-05-18 16:27:40
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
更新: 2018-05-18 16:28:01
中庭の緑を望めるレストランがあるのは、JR水道橋駅からほど近い静かな路地の一角だ。 ここで頂けるのが車エビ、貝類、白身魚と季節の野菜の具だくさんブイヤベース。
更新: 2018-05-18 16:28:38
「RISTORANTE CANOVIANO(リストランテ カノビアーノ)」は代官山から『ホテル雅叙園東京』に移転オープンした、植竹シェフが腕を奮う人気イタリアン。白を基調とした内装の店内は華やかでいて静謐だ。
更新: 2018-05-18 16:28:48
赤坂ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」は1963年創業の築地のマグロ専門仲卸業者が手がける寿司店だけに、ネタの鮮度はお墨付き。マグロの赤身はちょうどいいあんばいのヅケで、中トロはこの価格帯とは思えない厚さに切られてセットに必ず入る。
更新: 2018-09-10 09:06:25
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00