京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」のホテルランチ|お値打ち度の高い天麩羅ランチ(新宿)

職人が目の前で揚げて提供する天麩羅をこの価格でいただける、お値打ち度の高いランチ。カウンター席に座れば、揚げる前の素材を見せてくれ、天麩羅を一品ずつ提供。


京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」(最寄駅:新宿駅)

サクサク軽い食感の衣から、上質なゴマの香りが漂う

ときに料理長の軽妙なトークもはさみながら、ランチにも関わらずディナー気分を味わえる。 店名が表すとおり、料理長が選んだそのときどきの旬の食材を揚げる油は、生のゴマから絞ったもので2種類をブレンド。火が入るとふわっと上品にゴマが香り、素材の味を引き立てる。揚げたての天麩羅全7種に小鉢など付いて、休日でもこの値段。行かない手はない。

しなの 小鉢、サラダ、巻海老の天麩羅、魚介の天麩羅2種、野菜の天麩羅4種、小天丼(天麩羅と白飯を別々も可)、味噌汁、デザート ¥3026

サラダ、小鉢も旬の食材を使用。取材時の小鉢は加賀野菜の金時草のおひたし、かぼちゃサラダ。天麩羅はレギュラーの巻エビから提供される。ほかの魚介2種、野菜4種は季節により変わるが、秋からは旬のキノコ類などサクサク衣との相性がたまらない素材が控えている

コースにつくかき揚げは、甘辛いタレに絡めた天丼にして食べるか、白飯と別々に食べるか選べる

お店からの一言

料理長 榎本稔さん

「店名のとおりそのときの旬の素材を揚げています」

京王プラザホテル「天麩羅〈しゅん〉」

[住所]東京都新宿区西新宿2-2-1 本館7階 [TEL]03-3344-0111(レストラン予約) [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時~21時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター10席、テーブル10席、計20席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]京王線ほか新宿駅西口から徒歩5分

電話番号 03-3344-0111(レストラン予約)
2017年10月号発売時点の情報です。
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

浅草の居酒屋に冬季限定の人気メニュー「寒ブリしゃぶ」が今年も登場!

「佐渡の酒と肴 だっちゃ」は店主の出身地佐渡から独自のルートで食材や地酒を仕入れる、まさしく佐渡産直の店。そして冬場の目玉のひとつがこちら、佐渡寒ブリのしゃぶしゃぶだ。


五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田で“極上&無敵”の火鍋!旨辛鍋で寒さを吹き飛ばせ!

五反田の火鍋専門店[ファイヤーホール4000]のグルメ記事と写真のページ。この迫力あるビジュルですでに説明は不要! すぐにでも食べたい魅惑の火鍋だ。


練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬で贅沢な「あわびのしゃぶしゃぶ」-あわび亭(練馬/小料理店)

練馬の小料理店「あわび亭」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名が物語るように、新鮮なあわび料理をオンパレードで味わえる隠れ家だ。で、“活きた”あわびならではの醍醐味を存分に味わえるおすすめが、あわびのしゃぶしゃぶ。[住所]東京都練馬区練馬1-35-1 [TEL]03-3557-7369


中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒の隠れ家レストランの「鴨肉のすき焼き」-ナカモグロ

中目黒のすき焼き店「鴨とワイン Na Camo guro」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。中目黒の駅近ながら、実は隠れ家レストランだ。路地裏にある小さな扉を入ると、お洒落な空間がパッと現れる。[住所]東京都目黒区上目黒1-20-5 [TEL]03-5725-3378


秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

秋葉原『さま田』の独創的カツ丼はぜひ一度食べるべし!

秋葉原「さま田」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。大のカツ丼好きの店主が、フレンチで培った技術を駆使しつつ、リーズナブルに楽しめる丼をと考案。豚バラ肉の角煮カツを醤油ベースの玉ネギソースをかけたご飯にのせ、さらにとろり半熟オムレツをオン。[住所]東京都千代田区神田佐久間町3-21-6 第1ヤマコビル1階


最新の投稿


蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦の世界の可能性を広げる!東京<変わり蕎麦 今昔物語>

蕎麦屋の品書きで時折見かける〈変わり蕎麦〉は、季節の味わいを彩るなんとも風雅な蕎麦だ。一方、最近ではまた違った切り口の〈変わり〉も登場し始め蕎麦の世界の可能性を広げている。そんな〈変わり蕎麦今昔〉の世界をご紹介します。 撮影/貝塚 隆 取材/岡本ジュン


見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

見た瞬間「旨い!」を確信! 日暮里のうどん屋『手打うどん あかう』

 見た瞬間「旨い!」と直感するものってあるが、こちらのうどんがそれ。艶っとした手打ちのうどんは、期待を裏切らずよく締まってつるんとしたのど越し。


錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

錦糸町『石臼挽きうどん しゅはり』のうどんは ”白くない” うどん!?

 うどんは白いものと誰が決めた! と言わんばかりにこちらのうどんはやや茶色い。それは「江戸時代と同じような」石臼挽きの小麦粉を使っているから。


「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

「おとなの週末」12月号発売中!今号は「鍋」を大特集!

11月15日は「おとなの週末」12月号の発売日です。今号は「鍋」を大特集!すき焼きからねぎまなどの「和鍋」、しゃぶしゃぶ、旨辛鍋といった、様々な三ツ星鍋をご紹介します。


ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

ビブグルマン常連の本店「根津 釜竹」にはない「うどん」が『慶』で味わえる!

 言問通りにたたずむ、築100年以上の建物を改築したシックな風情の日本酒バー。軽やかな飲み口のものから、重厚感ある味わいのものまで、季節に合わせた約30銘柄を揃えている。


ランキング


>>総合人気ランキング