MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」の寿司ランチのグルメ記事

ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」の寿司ランチのグルメ記事

赤坂ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」は1963年創業の築地のマグロ専門仲卸業者が手がける寿司店だけに、ネタの鮮度はお墨付き。マグロの赤身はちょうどいいあんばいのヅケで、中トロはこの価格帯とは思えない厚さに切られてセットに必ず入る。

ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」(最寄駅:赤坂見附駅)

ネタの鮮度とボリュームが両立!満腹間違いなし(赤坂)

 ほかのネタは築地にその日に入った魚介を握るため、日により変わる。取材時の光りものには酢締め加減が絶妙なシンコ、白身では高級魚のコチが登場。築地の仲卸業者直営らしい旬のお寿司を、お値打ち価格で存分に味わうことができる。

にぎり 勝どき にぎり10貫、巻物1本、茶碗蒸し、椀
¥4104

自家製のダシ巻きは水菜入りで、シャキシャキした食感がおもしろく、口の中もサッパリする。シャリの大きさは適度で、1.5人前のボリューム感。さらに茶碗蒸し、椀物もついているため男性でも満足できる量だ

お店からの一言

店長 高地裕二さん

「カウンターの方には一貫ずつ握って提供します」

ホテルニューオータニ「つきじ鈴富」

[住所]東京都千代田区紀尾井町4‐1 [TEL]03-3239-5599 [営業時間]ランチ11時半~15時(14時半LO)、ディナー17時~21時半(21時LO)※ランチタイム有 [休日]無休 [席]カウンター10席、座敷20席、計30席/全席禁煙/予約可/カード可/サ10% [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか赤坂見附駅D出口から徒歩3分

電話番号 03-3239-5599
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
渋谷駅近くの『セルリアンタワー東急ホテル』にある利便性の高さにプラスして、3種の味が楽しめる前菜、肉か魚から選べるメインディッシュ、パスタとボリュームが魅力のランチを提供。使う素材は旬を意識しているためどれも新鮮で、日本ブランドにもこだわる。
更新: 2018-05-18 16:27:40
ホテルのクラスを考慮するとコスパ抜群のランチセットは、4種類から選べるメインと小菜から成り、食材の旬に合わせて半月毎に内容が替わる。麻婆豆腐のみ常時提供で、日本における四川料理の父といわれる陳建民氏の愛弟子だった初代料理長から引き継いだ、伝統の味だ。
更新: 2018-05-18 16:28:01
職人が目の前で揚げて提供する天麩羅をこの価格でいただける、お値打ち度の高いランチ。カウンター席に座れば、揚げる前の素材を見せてくれ、天麩羅を一品ずつ提供。
更新: 2018-05-18 16:28:27
中庭の緑を望めるレストランがあるのは、JR水道橋駅からほど近い静かな路地の一角だ。 ここで頂けるのが車エビ、貝類、白身魚と季節の野菜の具だくさんブイヤベース。
更新: 2018-05-18 16:28:38
「RISTORANTE CANOVIANO(リストランテ カノビアーノ)」は代官山から『ホテル雅叙園東京』に移転オープンした、植竹シェフが腕を奮う人気イタリアン。白を基調とした内装の店内は華やかでいて静謐だ。
更新: 2018-05-18 16:28:48
最新の投稿
皇居は雄大な歴史と自然に触れあえる日本人の心の場。丸の内、日比谷、東京駅からのアクセスもよく、皇居観光や散歩を楽しんだ後は、ランチ・グルメや買い物へも出かけやすい。春は桜、秋は紅葉、四季を通じて楽しめる魅力をご紹介。
更新: 2019-04-24 14:18:43
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
更新: 2019-04-24 12:00:00
平成ももうまもなく終わりですが、個人的に“平成っぽい食べ物”と言うと、食べる調味料が浮かびます。 食べるラー油、食べる醤油、食べる味噌などなど……。 ちなみに、私が吉祥寺で食べる調味料を入手するのは、中道通りをちょっと入ったところにある『吉祥寺 千恵蔵さん』に決まっています。
更新: 2019-04-23 16:00:00
黒ゴマをまとい旨みが増したサーモンに、きめ細やかな衣で甘みを最大限に引き出した天使の海老……。素材により4種の衣を使い分け、白絞油でカラリと揚げた串はどれも独創的かつ完成度の高い仕上がりだ。
更新: 2019-04-23 12:00:00
富山のチューリップの撮影はけっこう難しいことで有名です。 花が見られる時間は長くても数日。 さらに、天気が良くて背景の立山連峰まで美しく見えるという条件がそろわなくてはなりません。 なかなかの難題……。 今回は、ちょっと昔の思い出と、ホタルイカ三昧のお話です。
更新: 2019-04-22 16:01:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt