MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
母の日のプレゼントはこれ!食通編集者が全部食べ比べた「母の日のお取り寄せ」2018年人気予想ランキングBest7

母の日のプレゼントはこれ!食通編集者が全部食べ比べた「母の日のお取り寄せ」2018年人気予想ランキングBest7

5月の「おとなの週末 お取り寄せ倶楽部」の特集は「母の日」、今年のプレゼントに取り寄せたい逸品がラインナップしました。候補商品の中から編集部員が”自腹視点“で食べて決定した、美味しい! 売れそう! な商品をランキング形式で7つご紹介します。母の日のプレゼントはこれで決まり!

7位:小さくて愛らしい約30種類の茶菓子が華やかに

銀座菊廼舎 冨貴寄 母の日

「大正時代から愛される銘菓で味は折り紙付き、毎日少しずつ楽しんでもらえるのも嬉しい」(編集部)ということで悩んだ末の7位はこちら。明治23年歌舞伎座のそばに創業、歌舞伎煎餅を売り出して大評判となって以来128年を超える銀座の老舗「菊廼舎(きくのや)」が大正時代に発売した「冨貴寄(ふきよせ)」は、茶事には欠かせないお菓子としても親しまれています。郷土菓子の素朴さを損なうことなくかたどり、上品に小型化。東に豆菓子、金平糖、和風のクッキー、打ち物など、色も形も異なる約30種類以上の可愛らしい江戸和菓子が、缶の中にぎゅっと詰め込まれて、まるで宝箱のよう。赤と青の缶も可愛らしく、小物入れとしても愛用してもらえそう。

価格:2,900円(税別)
送料込

6位:たっぷりリンゴのパイと生花のアレンジメント付き!

信州あずみ野まるごとアップルポテトパイ(生花付)

2017年、『おとなの週末』部員×楽天スタッフが選ぶ「母の日ギフトをお取り寄せ」で第2位に輝いたお墨付きアイテムは今年も6位をキープ。「去年も美味しいと思ったけれど、今年食べてもやっぱり美味しい!」と編集部の支持は今年も継続。信州の契約農家が栽培したアップルパイに最適のリンゴ「グラニースミス」を使用、甘さ控えめのスイートポテトパイと合わせ、軽やかなパイ生地とその上に重ねた自家製バームクーヘン生地が、全体をしっとり包み込みます。「見た目はしつかりしているけれど、瑞々しくジューシーなリンゴとスイートポテトの軽い口当たりで、あっさり食べられる」が編集部の評。何より、生花(直径約15㎝)も付いてこの価格は取ってもお得。
お花にするかスイーツにするか悩まずに、お母さんも2倍喜んでくれること確実です!

価格:5,000円(税別)
送料込/冷蔵

5位:エディブルフラワーを豪華にあしらったマカロン

フラワーマカロン

「お花好きなお母さんなら、食べられるお花も絶対喜ばれるはず。箱を緒開けると、可愛らしいマカロンの上にお花畑が広がるこちらは、話題性もばっちりです」(編集部)。島根県松江市の「シェ・ブラン」がお届けするお花畑みたいなマカロンは、女性なら誰でも嬉しくなっちゃう可愛らしさ。フランボワーズ、パッション、ショコラ、ピスタチオ、バニラの5種類の味のカラフルなマカロンに、地元で生産されたエディブルフラワー(食用花)の押し花を1枚1枚丁寧にあしらいました。
食べるのがもったいないほどの可愛らしさは、とっておきのプレゼントにぴったりです。

価格:2,980円(税別)
送料込/クール便

4位:銀座で長年愛される上品な味わいの和菓子

銀座銘菓詰め合わせ

「マナーに厳しい義理ママも納得のブランド感。老舗の安心、美味しいが最大のポイント」(編集部)。外さない贈り物として4位にランクインしたのは、明治44年創業の銀座「清月堂本店」の銘菓詰め合わせ。お持たせでも定番の老舗ですが、その人気の和菓子3種を贅沢に詰め合わせました。看板商品の「おとし文」は、黄身餡とこし餡を蒸し、ホロホロとした口溶けとしっとりした舌ざわりで、おだやかな甘さが味わしみじみ美味しい銘菓。「あずま銀座」は丁寧に皮をむいて炊きあげた小豆餡に、風味豊かな大納言小豆を散りばめた、こちらも定番商品。黒ごま餡を求肥で包んだ「ごまもち」と、茶事にも使われる人気の3種は上品&安心のプレゼント。

価格:2,980円(税別)
送料込

3位:デザート感覚で食べられるヘルシーな酢漬けフルーツ

フルーツピクルス盛り合わせ

「また太っちゃった! が口癖のお母さんに、ダイエット効果もあってヘルシーなプレゼントを意識したら、こちらがおすすめ。女性なら誰でも喜ぶビジュアル度の高さも秀逸で3位!」(編集部)。天下の台所と言われた大阪の食文化を農作物で支えてきた泉州。その「泉州のうまいもん」を、軽やかな風味で仕上げたピクルスの名店が「idsumi(いずみ)」です。中でも、フルーツピクルスは、見た目も華やかな瓶詰めで、手軽にフルーツを楽しめるとあって大人気。国産りんご酢、低精製のきび砂糖を使った、ヘルシーなデザート感覚のピクルスです。ほどよい酸味は、そのまま食べるのはもちろん、ヨーグルトにかけたり、炭酸で割ってドリンクにしてもおすすめ。

価格:3,980円(税込)
送料込

2位:ありがとうの思いがこもった生どら焼き

「噂の生どら(母の日仕様)」

「気取らない和菓子が好きなお母さんて多いはず。ひとつずつ解凍して違う味を楽しめるのもポイント」(編集部)のどら焼きが2位にランクイン。島根県、奥出雲で創業80年を迎える和菓子屋・松葉屋が「噂の生どら焼き」を発売したのは17年前。今でこそコンビニなどでも目にする生どら焼きですが、その先がけたる名店が、実はこちらの松葉屋。スポンジに近いふわふわの皮と甘さ控えめの特製クリームのバランスが絶妙で、軽やかだから年配の方でもぺろりと食べられてしまいます。4種類の味は定番の小倉、香り豊かな抹茶、珈琲、コクのある胡麻。
表面にありがとうと刻印を入れた母の日スペシャルバージョン。

価格:3,300円(税別)
送料込/冷凍配送

1位:九州の地産地消のこだわり材料が詰まったタルト

「CHIZZA 彩り豊かなチーズタルト」

『おとなの週末』部員&楽天スタッフ混合の最強チームによる試食会で、今回「とにかく美味しい!」と1位に選ばれた商品がこちら。九州の中でも最良の産地から届けられる烏骨鶏の卵や阿蘇の牛乳など、地産地消の美味しい素材にこだわり、毎日お店で手作りしているスイーツショップのタルトです。濃厚なチーズタルトの上に、サワーチェリー・フランボワーズ・あまおう苺・ブラックベリー・ブルーベリー・黄桃・キウイとフレッシュなフルーツがたっぷり敷き詰められ、チーズタルトの甘みとベリー類の酸味が絶妙のバランス。
九州の安心素材、見た目の豪華さと、母の日にふさわしい逸品。

価格:3,500円(税別)
送料込/冷凍配送

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
寒くなると食べたくなる料理の代表といえば「お鍋」!お肉、魚介類、たっぷりの野菜を、各店オリジナルのこだわり出汁でいただけば、至福の時間が訪れること間違いなし!今回はグルメライターが実食して見つけたおすすめ店を、厳選してご紹介していきます。
5950views まとめ記事
グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に食べ歩き調査したデカ盛り情報を厳選してご紹介!もちろん量が多いだけではなく、美味しさもお墨付き!定番のラーメン・焼肉・定食から、オリジナリティ溢れる料理まで、魅力的なメニューが続々登場します♪
東京都と神奈川県を中心に、美味しいカニ料理が食べられるお店をグルメライターが厳選してご紹介します!生でも焼いても茹でても炒めても美味しい。濃厚なミソもクセになる。見た目も華やかで味も抜群の「カニ」に特化したとっておきの情報をお届けします♪
下北沢を訪れたら絶対に訪れるべき、おすすめの喫茶店を厳選!懐かしさとモダンな雰囲気が共存する街で、こだわりの美味しいコーヒー・紅茶・日本茶を、お店自慢のスイーツとともに味わうのは至福の時間です。お買い物の合間に是非立ち寄ってみてください!
古さと新しさが混在する魅惑の町「五反田」。かつては歓楽街としても発展し、最近では若者向けのおしゃれな飲食店が増え、アクセスも良いので、グルメ注目度の高いエリアの1つです。ここでは、おとなの週末のグルメライターが厳選した情報をお届けします!
昭和29年、屋台からスタート。14種の具材を練ったジューシーな餡と、香ばしい皮の絶妙なバランスの餃子はたちまち人気を博し、現在は博多駅近くにビルを構えて営業中。
窯焼きピザとクラフトビールの店。パン職人を経てピザ職人になった店主が作る生地は、小麦粉の配合と寝かせる時間がポイント。
 穴子は、お魚マイスターの資格を持つ魚屋から、東京湾に面した金沢八景のものを使用。ふっくらと柔らかな身質を味わってほしいと、開店以来30年継ぎ足した煮汁で煮上げしたものを握る。
 明治10年に魚市場で開業し、市場の移転と共に現在の場所へ。代々築いてきた信頼のもとに、厳選された旬の魚介を優先的に仕入れられるのが強みだ。
日々の仕事の不条理から生じる“やってらんない”感は、食べ物にそれなりのお金を投入&満足度を加速させ、自分を甘やかす作戦のおっさん女子です。 吉祥寺にはケーキ屋、カフェ、喫茶店などがムダにたくさんあるため、スイーツ入手には事欠かないのですが、今回は、やってらんない感を解消するためのスイーツを紹介します!

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt