エリア: 東京都

山手線内のひっそり(?)スポット駒込&田端”奥深”商店街!!【駒込編】

山手線内のひっそり(?)スポット駒込&田端”奥深”商店街!!【駒込編】

山の手線全17駅の中でもかなり”地味な存在”の駒込・田端。しかしこの二駅、駅から離れた所にグッとくる商店街がある、深イイ地域なのだ。今回は駒込をご紹介。駅から離れた所に延びる商店街は、昭和初期まで流れていた谷田川沿いに発展したもの。足を伸ばすほど個人商店が増え味わい深い。ソメイヨシノ発祥の地でJR発車音は「サクラサク」


アザレア通り

横道に名店アリ!ぜひ散策を

「アザレア」とはつつじのこと。駒込駅はつつじの植樹で有名で、4月末から見頃に。
駒込駅東口を出て右手側へ伸びる商店街で田端銀座にほど近い。

【MAP(A)】旬菜 味うら(最寄駅:駒込駅)

1本奥にある路地の隠れ家店

『旬菜 味うら』の 白身魚を包んで蒸した桜蒸し 700円

路地から入った場所にひっそりある魚中心の和食店。敷居は高すぎず低すぎず、落ち着いた雰囲気。
季節を感じる1品料理の品揃えが豊富だ。

「旬菜 味うら」の詳細はこちら

【MAP(B)】喫茶シャルル(最寄駅:駒込駅)

夜っぽいのに居心地がいい喫茶店

『喫茶シャルル』の ドライカレー 900円(食事のみは不可、必ずドリンクの注文を。)

かつてナイトクラブだった喫茶店で、内装や食器がゴージャス&ポップ!
店主の手作りインテリアの妙を楽しめる。ブレンド600円、ドライカレー900円。
食事のみは不可、必ずドリンクの注文を。

「喫茶シャルル」の詳細はこちら

駒込さつき通り

東口に隣接し飲み屋が多い

別名・駒込銀座商店街。飲食店が多く、駅近の各飲食店が切磋琢磨している。駒込駅東口を出た左手にあり、霜降銀座の入り口へと続く。

【MAP(C)】ふで春(最寄駅:駒込駅)

目・舌・お腹・お財布、全てに満足

『ふで春』の 3800円コースより先付

ふぐ料理など本格割烹料理を手ごろな価格で提供。2800円から6000円のコースまで選べ、器・味・量ととにかく満足。写真は3800円のコースの先付・向付から。予約してからの来店が確実。

「ふで春」の詳細はこちら

霜降銀座

ここから約1kmにかけ4つの商店街ロードが続く

入ると、西ヶ原銀座商栄会まで4つの商店街が1本道で続く。アーチ中央に見えるのは商店街のゆるキャラ「しーちゃん」と「もーちゃん」

TWIN DISH(最寄駅:西ヶ原駅)

年中楽しめる大盛りふんわりカキ氷

『TWIN DISH』の いちごミルク 750円

渋い店が多い霜降銀座の中で、2016年7月にできたニューフェイス。ボリュームがあり、甘すぎない大人のカキ氷が通年楽しめる。メニューは季節で変わるものも。

「TWIN DISH」の詳細はこちら

なりきや精肉店(最寄駅:西ヶ原駅)

精肉のほか“揚げ物力”が高い肉屋

『なりきや精肉店』の ほたて貝柱 238円

肉のほかに揚げ物が人気の店。松阪牛メンチカツ238円が定番だが、ほたて貝柱(写真)も大きいのに硬くなく、ジューシーな逸品。揚げ始めは11時〜。自家製シューマイは水曜限定販売だ。

「なりきや精肉店」の詳細はこちら

染井銀座

毎年桜の季節が忙しい商店街

ソメイヨシノ発祥の地である染井村が名前の由来。

清水製麺所(最寄駅:駒込駅)

うどん・蕎麦以外も揃う麺の直売所

『清水製麺所』の ひもかわ(手前左)、焼きそば(手前右) 各90円

珍しい麺の専門店。奥の工房で作った麺を直売している。幅が太いひもかわ(90円)や焼きそば(90円)なども。

「清水製麺所」の詳細はこちら

餃子の点々 駒込店(最寄駅:駒込駅)

種類豊富な中華惣菜パラダイス

『餃子の点々 駒込店』の ごま団子 1個110円

麻婆豆腐など約30種の中華惣菜・弁当をテイクアウトできる。
ごま団子は上品な甘さ。中高生の買い食い場所としても人気!

「餃子の点々 駒込店」の詳細はこちら

二木商店(最寄駅:駒込駅)

旨い魚介を買うならココ

魚や惣菜、自家製干物も扱う。切り身や干物は、刺身でも食べられる良い魚を使用。切り身は購入時に塩をふってくれ、家で焼く時には余計な水分が抜け食べ頃になる。

「二木商店」の詳細はこちら

西ヶ原

染井銀座から続くふたつの商店街

西ヶ原銀座&西ヶ原銀座商栄会と2つが繋がったエリア

【MAP(E)】魚末(最寄駅:西ヶ原駅)

商店街の1番先の魚屋

霜降から始まる長い商店街リレーの1本道のいちばん先の角にあり、隣には豆腐屋さんも。
焼き魚は夕方から提供。住宅も増えた商店街に残る大正時代からの魚屋だ。

「魚末」の詳細はこちら

巡礼・コマタバ商店街

 駒込駅東口の周りには、飲み屋が多い不思議な商店街がある。
山手線の側なのに、妙に地元色が濃い街で、そこが逆に不思議な魅力を放つ。霜降銀座まで行けば、そこは買いもの天国。

 下記地図を見ると、7つの商店街が近接しているのがよくわかる。
けして派手ではなく、地域住民の生活に密着した素朴で真面目なお店が多い。

 霜降銀座商店街の入り口では、ゆるキャラ・しーちゃんが最近登場した新キャラのもーちゃんをおぶってお出迎え。
霜降・染井・西ヶ原と、1本道がひたすら続く。
西ヶ原エリアでは進めば進むほど住宅が増えるが、点在するお店を見つけるのもまた楽し。

 奥深いところまで行くのが面倒な方は、アザレア通りと駒込さつき通りのお店で飲むべし。
紹介した4つのお店は、外からはディープな雰囲気ながらも初めてのお客さんにも優しい。
通りから少し離れた道にも店があるので、夕暮れ時から散策してみると気になるお店が見つかるかも。

※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。

このグルメ記事のライター

関連する投稿


 山手線内のひっそり(?)スポット駒込&田端”奥深”商店街!!【田端編】

山手線内のひっそり(?)スポット駒込&田端”奥深”商店街!!【田端編】

山の手線全17駅の中でもかなり”地味な存在”の駒込・田端。しかしこの二駅、駅から離れた所にグッとくる商店街がある、深イイ地域なのだ。今回は田端をご紹介。”山手線で最も地味”と噂される……が、かつて文士や芸術家が集った渋い町。田端銀座は駒込と田端の中間にあり、専門店が多い。操車場があり電車マニアに有名。文士と商店街の街。


さとみや豆腐店|四季折々の豆腐製品に目移り(豆腐店/田端)

さとみや豆腐店|四季折々の豆腐製品に目移り(豆腐店/田端)

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。手作りの豆腐・油揚げ・がんもは、種類豊富で選ぶのが楽しい。人気商品のひとつが写真のざる豆腐(400円)。


彦坂|素朴な手作りコロッケがおススメ(デリカデッセン/田端)

彦坂|素朴な手作りコロッケがおススメ(デリカデッセン/田端)

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。お肉を使った惣菜が中心で、揚げ物のほか自家製の餃子のタネや皮、チャーシューも人気。


パンのかわむら|思わず覗きたくなるパン工房(パン屋/田端)

パンのかわむら|思わず覗きたくなるパン工房(パン屋/田端)

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。卸中心のパン屋さん。ずらりと並ぶのは業務用の食パン。


川野米店|店頭で精米するから米の風味が違う!(米店/田端)

川野米店|店頭で精米するから米の風味が違う!(米店/田端)

下町うまいもん散歩 駒込&田端特集掲載店。客の好みに合わせて店頭で精米してくれるため、米の風味が新鮮で炊き立てのご飯がさらに美味しくなる。減農薬の会津産EMコシヒカリなど、玄米2kg1000円~。


最新の投稿


東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

東京駅を大調査!北町ダイニングで厳選の三ツ星店2店!

エリア別東京駅の三ツ星店【北町ダイニング編】!飲食店が数多くひしめく東京駅では、どこに入ればいいか迷いがち。時間があればいいが、急いでいるときにアレコレ言ってなんていられない!そこで、編集部スタッフがエリア毎にくまなく調査。食べまくって見つけた三ツ星店をご紹介します!


麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

麻布十番『とんかつ 都』が奏でる【特選豚&繊細な衣】の絶品ハーモニー!

とんかつ 都のトンカツは、うおぉ~と心の声が漏れる感動の分厚さ。繊細でクリスピーな衣から顔を出すのは、経営する肉卸会社が日々厳選する特選豚だ。とんかつ 都 [住所]東京都港区麻布十番3-9-6


池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋の【肉厚ロース定食】は驚きの安さ!嬉嬉豚とんかつ『君に、揚げる。』

池袋のトンカツ店「嬉嬉豚とんかつ 君に揚げる」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「小さな養豚農家さんが一生懸命育てている本当に旨い肉をブランド化して応援したいんです」とは社長の言葉。肉卸の直営店だからこそ、プロが認める上質な肉を安く提供できるという訳で、群馬県産「嬉嬉豚」を使った肉厚ロースが何と850円!


必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

必食!超とんかつマニアの料理長が作る『亀かわ 巣鴨本店』のとんかつ!

巣鴨のトンカツ店「亀かわ」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。店名の『亀かわ』とは?の問いに返ってきたのは店で扱う「甘熟豚南国スイート」の養豚家の名前。南九州で生産に取り組む亀川さんの育てた肉を使っているから名付けたのだそう。[住所]東京都豊島区巣鴨4-19-8


とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

とんかつ激戦区・高田馬場で、絶対に食べたい店『とんかつ ひなた』

高田馬場のトンカツ店「とんかつ ひなた」のグルメ取材記事とおすすめメニューの写真。「とんかつは、ご馳走だ」。このコンセプトこそが「とんかつ ひなた」の特徴そのものだろう。[住所]東京都新宿区高田馬場2-13-9


ランキング


>>総合人気ランキング