MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
柴又でグルメ散歩!ライター厳選「下町うまいもん」垂涎10選!

柴又でグルメ散歩!ライター厳選「下町うまいもん」垂涎10選!

映画『男はつらいよ』でおなじみの葛飾・柴又。活気に満ちた柴又には垂涎グルメがいっぱい!今回は名物のうなぎ、天丼、団子など10店舗をご紹介します。帝釈天や下町風情溢れる街並みなどを楽しみながら、グルメ散歩はいかがでしょうか?

はじめに

寅さんで広く知られることとなった葛飾・柴又は、その街並みも趣があり観光に訪れる人が多いエリアです。
老舗と呼べる飲食店も多く、食べ歩きにもおすすめ。家族で散策したあとは美味しいものを食べるのもいいですよね。
では、柴又の数ある名店からいろいろなジャンルのお店をご紹介します!

柴又の「下町うまいもん」グルメ散歩MAP

川千家

うな重 2800円~

帝釈天参道で最大級の間口を誇る老舗川魚料理店。安永年間。帝釈天の参拝客のために、農家が副業で始めた茶屋がそのルーツだという。中庭を望む落ち着いた食堂に、100 名の宴会も可能な広間や個室も完備。鰻同様に店の売りでもある鯉は、福島県猪苗代湖畔で一貫養殖されたものを使用している。柴又で「食事をしました!」という土産話にもぜひ。

柴又、帝釈天近くのグルメで有名なのは、やはり創業250年という別格の魚料理店であるこちらでしょう。
100名が入れる大広間や個室もある大きなお店は、昔から鯉やうなぎ料理で親しまれています。
うな重はパリッと焼いた皮が香ばしく、すっきりキレのある醤油ダレに山椒がよく合います。同じく人気の鯉料理もぜひ食べてみてほしいところ。

「川千家」外観

[住所]東京都葛飾区柴又7-6-16
[TEL]03-3657-4151
[営業時間]11時~19時(LO) ※ランチタイム有
[休日]無休
[座席]406席/喫煙席あり/予約可/カード可/サなし
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩3分

大和家

天丼 998円

帝釈天参道に漂う香ばしいごま油の香りは、この店から漂う魅惑のシグナル! 店頭の大鍋で揚げられたエビやキス、ししとうといった天ぷらに回しかけられる甘じょっぱい天ツユは、心も胃袋も満足すること間違いなし。

帝釈天参道の老舗は江戸前の天丼が味わえます。
ごま油の良い香りに誘われて店内に入ると意外に広く、オープンな雰囲気が落ち着きます。海老、キス、ししとうの天ぷらは甘辛い天つゆと一緒に食べるとご飯が進みます。
寅さん役の渥美清さんも好きだったというこちらの天丼。ランチもできるので昼からビールに天丼も粋ですね。

[住所]東京都葛飾区柴又7-7-4
[TEL]03-3657-6492
[営業時間]9時~17時(飲食は11時~16時) ※ランチタイム有
[休日]不定休
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩2分

鮒泉

うなぎ弁当 1500円~

串打ちからタレまで全て店で行っているため、リーズナブルに提供できる静岡吉田産の鰻が自慢のお店。香ばしい香りがたまらない1500円からのうなぎ弁当を、ぜひ江戸川の土手で食べていただきたい!

焼き鳥などの串ものも扱うこちらのお店。
うなぎは串打ちやタレづくりなどすべてお店でしているので、リーズナブルな価格で食べることができます。
静岡吉田産のうなぎの蒲焼、うなぎ弁当、白焼きが気軽に食べられるなんて嬉しいですよね。各種焼き鳥も90円からと安いので、ちょっと小腹がすいたら立ち寄ってみるといいかもしれません。

[住所]東京都葛飾区柴又4-10-7
[TEL]03-3657-8330
[営業時間]10時~18時 ※ランチタイム有
[休日]火
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩4分

柴又 宮川

うな重 3200円

重箱のフタを開け、そのふっくらと光り輝く蒲焼を見た瞬間、だれもがこの店の仕事の丁寧さに舌を巻くに違いない。さらにひと口食べれば、さっき巻かれた舌が今度は唸る!
創業から26年が経つが、その前身は『男はつらいよ』第8作でマドンナ・池内淳子が経営していた喫茶店のモデル兼ロケ場所だそう。

こちらのお店、寅さんの撮影の際に喫茶店としてロケをしたとあって、いまだにその雰囲気を残しています。
人気のうな重は、うなぎがふわふわでとろける美味しさ。タレは濃すぎずさっぱりとしており、うなぎの脂が苦にならずに食べられます。
注文が入ってから作るため時間が少しかかりますが、1杯飲みながら待つ方も多いようです。

[住所]東京都葛飾区柴又7-5-24
[TEL]03-3659-7268
[営業時間]11時~19時(18時半LO) ※ランチタイム有
[休日]金
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩4分

三河屋

焼きそば 300円

柴又駅を降りたら目の前に現れる焼きそばと今川焼のお店。焼きそばはカレー焼きそば400 円も。
今川焼はひとつ100円で、あんこ、クリームにトマトチキンカレー(!)など充実のラインナップ。店先のテーブルで食べるのも可

柴又駅を降りて食欲をそそる香りに誘われて歩けば、今川焼きと焼きそばが名物のお店にたどり着きます。
レトロな雰囲気がもうすでに美味しそう。昔ながらの焼きそばはカレー味も。
今川焼きは1個100円で定番のクリームとあんこに、珍しいトマトチキンカレーがあります。ちょっとしたお土産に今川焼きというのもいいかも。

[住所]東京都葛飾区柴又4-8-16
[TEL]03-3657-0056
[営業時間]10時~20時 ※ランチタイム有
[休日]木
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩すぐ

船橋屋 柴又帝釈天参道店

玉子雑煮 775円

亀戸天神近くのくず餅の老舗『船橋屋』の柴又支店。名物・くず餅など甘味をいただきつつ、散策で疲れた足を休めるのもいいが、お雑煮や昼のみ提供(平日14時LO、土日祝15時LO)のくず餅もセットになった数種あるにゅうめんでお腹を満たすのも◎。

元祖くずもちのお店は文化2年に創業した名店です。
外観は記念写真を撮りたくなるような趣と風格のある雰囲気。しかし店内は明るくて広めなのでゆっくり休むことができます。
もちろん人気なのはくず餅ですが、玉子雑煮やにゅうめんなども人気なんですよ。
お土産の販売もしているので観光で訪れた際には足を運んでみてください。

[住所]東京都葛飾区柴又7-6-1
[TEL]03-5693-2784
[営業時間]お土産販売9時~18時 飲食/11時半~16時半(16時LO)、土・日・祝~17時(16時半LO) ※ランチタイム有
[休日]無休

とらや

クリームあんみつ 550円

『男はつらいよ』の1~4作まで、実際に映画の撮影で使用され、現在建物自体は新しくなっているが、当時の階段は今もまだ残っているお店。店内で食べる草団子は350円。
ちなみにジュースやコーラを頼んだら、たまたま表面が少しシャーベット状に凍ってて、たまらないほど美味しかった。

土・日・祝限定発売の「焼草だんご」 一串150円

柴又と言えばよもぎを使った草団子、というのが世に広まったのは寅さんの影響なんだとか。
その名物の草団子が味わえるのがこちらのお店です。別添えの自家製あんこといただく草団子は甘さ控えめでいくつでも食べられそう。
しょうゆと海苔が香ばしい焼草だんごは土日祝のみ限定販売。クリームあんみつも風情があっていいですよ。

[住所]東京都葛飾区柴又7-7-5
[TEL]03-3659-8111
[営業時間]10時~17時(土・日・祝9時~17時半) ※ランチタイム有
[休日]不定休
[席]1階60席、2階70席 計130席/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩2分

酒場 春

タヌキ豆腐 300円

地元・柴又のラムネ屋さんに造ってもらっているという炭酸の注がれた名物「柴又ハイボール」は、スッキリとした飲み口ながら、肝臓にもシッカリくる、一番うれしいタイプの味。しかしなによりも素晴らしいのは、店全体に満ちている一見さんにも優しい独特の空気感。常連さんと店が作り上げたこのムードで飲む酒は格別である。

カウンター10席のこじんまりしたお店は、優しい雰囲気で初めてでも入りやすくておすすめです。
豊富なメニューはレバーや牛串などの焼き物類、モツ煮込み、タヌキ豆腐と酒の肴がずらり。
ラムネ屋製の炭酸を使った柴又ハイボール、クスリと笑ってしまうブランデーとジンジャーエールのブラジャーなど美味しいお酒が進むお店ですよ。

「酒場 春」外観

[住所]東京都葛飾区柴又4-8-16
[TEL]03-3657-3518
[営業時間]16時~23時(土・日・祝10時半~)
[休日]水 [席]カウンター10席(晴れた日は店外席あり)/喫煙可/予約不可/カード不可/お通し代300円別
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩すぐ

居酒屋・お食事処 なかばやし

エビグラタン 600円

あのポール・ボキューズの元でフレンチの修業をし、ホテルのシェフを勤めていたご主人が、ホテル退職後にオープンさせた“旨くて、安くて、腹いっぱいになる料理”の店。赤字覚悟の食材、冴えわたる腕、安いにもほどがあるアルコール類。

ポール・ボキューズの元でフレンチの修業を積み、ホテルでシェフも務めていた店主が自分で開いたのは、安くておいしい、お腹も心も満たされるお店です。
メニューにはエビグラタンやカサゴのから揚げなど。洋風のうどんもあったりして、ジャンルに縛られない美味しさが魅力です。
お酒が安いのも呑兵衛にはうれしいですよね。

「居酒屋・お食事処 なかばやし」外観

[住所]東京都葛飾区柴又1-45-7
[TEL]03-5660-3232
[営業時間]11時半~14時、16時~21時 ※ランチタイム有
[休日]日 [席]16席 喫煙可/予約可/カード可/サなし
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩1分 ※メニューは毎月曜、旬に合わせて刷新!

焼肉 木浦

ハラミ 1000円

焼肉 木浦は柴又駅から帝釈天とは反対方向に歩くことしばし。住宅街に現れるその佇まいからしてただ者ではない風格。創業以来55年、キムチをはじめタレなどは全て変わらぬ手作り。豊潤な赤身、新鮮な内臓、刺激的なモミダレは激烈な旨さ。そしてお手頃価格。文字どおり満腹で感服!

住宅地にある焼肉店は、実は創業55年以上という歴史を持つ老舗でした。小上がりとテーブル席のこじんまりしたお店です。
ハラミや新鮮なホルモンの盛り合わせは、注文を受けてから調味料を混ぜていくスタイルで甘めの味付けです。
トマトナムルや、キムチ盛、せんまい刺しなどの焼き物以外も美味しいのでぜひ食べてみて下さい。

「焼肉 木浦」外観

[住所]東京都葛飾区柴又4-12-26
[TEL]03-3657-0457
[営業時間]17時~22時頃
[休日]木
[座席]24席/喫煙可/予約可/カード不可/サなし
[アクセス]京成金町線柴又駅から徒歩6分

【コラム】日本人の心の故郷で参る、食べる、飲む

経栄山題経寺(柴又帝釈天)

日本人なら知らない人はおそらくいないだろう、映画『男らつらいよ』の主人公、姓は車、名は寅次郎、人呼んで“フーテンの寅”の生まれ故郷である。

だが、京成線の柴又駅の改札を抜けた瞬間、この町が単なる寅さんの故郷というだけではない、もはや日本国民全員の心の故郷なんじゃないかという郷愁すらが胸に迫ってくる。

そんな空気が柴又にはあふれている。
よく柴又を“下町”だと思っている人がいるが、正確にはこのあたりを下町とは呼ばない。

本来の東京の下町は、日本橋や神田、上野、浅草といった、江戸時代からの繁華街を指す言葉だからだ。

しかし“下町風情”という意味では、そんな伝統的下町を大きく凌駕しているのが柴又だ。
帝釈天へと続く参道を歩けば、「備後屋、あいかわらずバカか」という寅さんのバカ明るいセリフが聞こえてきそうな庶民的でノスタルジックなムード。

こじんまりとしていながらも活気にあふれた雑踏。日本人のイメージする故郷、下町風情、そのお手本がここにはある。

そんな感慨を実感しつつ、まずは帝釈天にお参りをするのが柴又を歩く時の筋というものだ。
お参り後にはすぐに参道を引き返すのではなく、帝釈天裏の江戸川の土手を訪れたい。
そこに広がる田園風景は、日本人だけではなく人類全ての心に響くものがある。

矢切の渡し

柴又駅は京成電鉄の金町線にある。
この金町線、京成金町駅と高砂駅を結ぶ短い路線なのだが、なんと京成金町駅と高砂駅以外には、この柴又駅しかないという、駅数わずか3つのミニ路線。
そんなかわいらしい沿線イメージそのままに、帝釈天の参道も、その長さこそ短いが、ギュギュッと魅力が詰まっている。

まず目を引き、そして味覚神経を刺激するのが、参道に何軒も並ぶ、草団子をメインとした甘味を売りにするお店。
そう! 車寅次郎の生家であり、“おいちゃん” こと車竜造、おばちゃんこと車つね(得意料理は芋の煮っころがし)夫妻が経営する団子屋『くるまや』のモデルともなったお店たちである。
柴又に来たらまずこの団子を食べなきゃ話にならない。というか、団子を食べないなんていっちゃぁおしまいだよ。

たいていの団子屋さんの奥は食堂になっていて、甘味はもちろん、ラーメンや日本そばといった食事を取れるようになっているので、そこで皿に盛られた草団子をいくのもよし。食べ歩
き用に串に刺した団子も店頭で売っているので、散策しながらそれをパクつくのもよし。もちろん箱入りのお土産用を家で待つ家族や近所の人へと買っていくことも忘れちゃぁならない。

そして草団子と並ぶ柴又の食の名物といえば、これはもう鰻である。
シリーズ第二作『続 男はつらいよ』で、寅次郎が恩師でありマドンナのお父さんでもある坪内散歩先生(演じるは東野栄治郎)のために江戸川で天然鰻を釣るという泣けるエピソードがあった。
そんな映画のワンシーンを思い出しながら、関東風の鰻に箸を伸ばすことこそ、柴又歩きの醍醐味といっていい。
さらにそんな団子屋さん、鰻屋さんの多くが、なにかしら『男はつらいよ』との関連があったりして、いやぁ~柴又という町の奥深さは、見上げたもんだよ屋根屋の褌ふんどしである。

柴又の夜は早い……。
特に観光地的な側面も持つ参道は、夜ともなると昼間の賑わいが嘘のように静まり返ってしまう。
すわ、旨い料理で美味しいお酒を楽しめる店は柴又にはないのか? そういえば映画の車寅次郎も飲むというと、よく上野で飲んでた記憶があるし……とイヤな想像が頭を駆けめぐるが、そんな想像はあっさりと退けられた。

人の営みがあるところ、ましてや柴又のように人間臭い町に、イイ店がないワケないじゃないか!
いい店というのはもちろん店自体がイイということもあるが、柴又の店は、お客さんたちがそれに輪をかけてイイ人ばかりだ。
よそ者の我々にもなんの垣根も作らず、逆によそ者だからこそ、この町の良さを知ってほしいと、明るく語りかけてくる。『男はつらいよ』に流れる人情というヤツが、映画の中の世界だけではないということを実感できる、それが柴又の店。それが柴又という町なのだ!

【開運】神社仏閣情報

帝釈天こと題経寺が有名なれど、柴又と不思議な因果で繋がる神社が古くからあるのです。

●柴又八幡神社

京成金町線の線路沿いに鎮座増します、江戸時代、柴又村の鎮守社だったという神社。
その社殿は古墳の石室の上に建つ。石室からは、帽子を被り、細ォ~い目をした埴輪、通称”寅さん埴輪”(複製は寅さん記念館に展示)が出土したことでも話題となった。なんという偶然、いや必然!

[住所]東京都葛飾区柴又3-30-24
[アクセス]交京成金町線柴又駅から徒歩2分

●最上位稲荷

『川千家』の参道からは裏側にあたる座敷席の入口横に鎮座まします社は、日本三大稲荷として有名な岡山県の『最上稲荷』の分社。
『最上稲荷』は、”神仏習合”の形態の仏教の流れをくむ珍しい稲荷になるので鳥居はあるけれど、二礼二拍一礼ではなく、合掌でお参りしましょう。

[住所]東京都葛飾区柴又7-6-16
[アクセス]交京成金町線柴又駅から徒歩3分

おわりに

下町風情溢れる柴又グルメをご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか。
美味しいものをたくさん食べながら、名所をお散歩するときっとお腹も心もいっぱいになるはず。
観光の際はぜひご活用ください!

このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連するキーワード
関連記事
新宿から近く、人気のエリア「高円寺」で、雑誌「おとなの週末」のグルメライターが実際に食べ歩いて見つけた絶品ランチの中から、おすすめ店を厳選してご紹介!お昼の時間帯にしか食べられないメニューや、安いと評判のコスパがいい定食もありますよ♪
更新: 2019-10-17 11:16:19
門前仲町で、人気グルメ雑誌のライターが実際に足を運んで見つけた本当に美味しい居酒屋をご紹介します。リーズナブルに楽しめるお店や、こだわりが光るおすすめ店など朝まで飲みたくなる名店ばかり!ぜひチェックしてください!
更新: 2019-09-27 17:35:00
都内の人気エリアの一つ、高円寺。数多くある飲食店の中から、ここではおすすめのカフェを厳選してご紹介します。猫カフェなど流行のお店ではなく、昔ながらの雰囲気を保ちながらも新しいメニューを取り揃える、おしゃれな絶対に訪れるべきお店ばかりです!
更新: 2019-09-27 14:41:00
神田でお酒を呑むなら絶対に外せない居酒屋情報をお届け!グルメ雑誌「おとなの週末」のライターが実際に訪れて調査し、お酒も料理も本当に美味しく、こだわりのおもてなしがあったり、老舗の安心感があるなど、自信をもっておすすめできるお店ばかりです!
更新: 2019-09-24 12:22:00
小川町・御茶ノ水の本当におすすめしたい絶品ランチを、グルメ雑誌のライターが厳選しました!安くて美味しいコスパ抜群のお店をばかり♪複数ではもちろん、ひとりでも入りやすいお店もたくさんあるので、ご利用シーンに合わせて是非ご活用ください!
更新: 2019-09-18 10:54:31
最新の投稿
「芸者新路」なんていう粋な名前の通りに佇む、創業20年の和食店。しかしこちら、これぞ隠れ家といった裏路地にはあるが、「しーん」とした店ではない。
更新: 2019-10-22 12:00:00
 今年ついに500店舗を突破し、回転寿司チェーンのなかでも絶好調の『スシロー』。直球から創作まで種類が豊富だが、それだけなら他の大手も同じ。
更新: 2019-10-21 12:00:00
別記事で“光り物”で大きく紹介している『銚子丸』だが、「サーモンにも絶対の自信があります」と胸を張る。自慢の「オーロラサーモン」は本場・ノルウェーでも最高品質と評判の「レロイ社」から空輸。
更新: 2019-10-21 11:50:00
 「今までにない味わいのカクテルを作りたい」という店主・清崎さんは、ベトナムにバーを2店舗持つ実力派。彼のカクテルをひと言で表すとすれば“組み合わせの妙”だろう。
更新: 2019-10-20 12:00:00
 今やレベルの高い店が揃うという意味で、フレンチ同様に注目を集める神楽坂イタリアンだが、創業16年のこちらはその象徴ともいえる存在。磨き上げられた木の床に糊の効いたクロスがかかったテーブルがゆったり配された店内は、正統派のリストランテの佇まい。
更新: 2019-10-19 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt