MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
パリから日本初上陸したビストロで“肉”を堪能|Sacrée Fleur(ビストロ/神楽坂)

パリから日本初上陸したビストロで“肉”を堪能|Sacrée Fleur(ビストロ/神楽坂)

Sacree Fleur (サクレ フルール)は2017年4月21日にパリから日本初上陸。肉を全面に打ち出した骨太ビストロ料理が食べられる。

Sacrée Fleur(最寄駅:飯田橋駅)

ランチのオススメは、本日のタルタルとステックアッシェ(牛挽肉のステーキ)の両方を堪能できる「ランチコースA」。500円プラスで180gの肉を300gにグレードアップでき、焼き加減を調整できるホットストーンで提供される。8月22日から新登場のステーキ丼は、マデラ酒を利かせた醤油ベースのソースが炭火焼ステーキと相性抜群!

ランチコースA
2000円

写真のタルタルは自家製ロースハムとパイナップルにパクチーを利かせたもの。甘みのあるフライドポテトはお替わり自由。デザートは写真のクレームキャラメルのほか、焼き菓子などが選べる

肉ビストロのステーキ丼 ソースジャポネーゼ
980円

キャロットラペに温泉卵、クリーミーなコロッケも付き、1000円以下とは思えない完成度の高さ。限定15食

お店からの一言

料理長 阿部 洋平さん

「シンプルかつ豪快な肉料理の奥深さを楽しんでほしいです」

Sacrée Fleur

■『Sacrée Fleur』(サクレフルール)
[住所]東京都新宿区神楽坂3-2 大宗第5ビル
[TEL]03-6228-1513
[営業時間]火曜日~金曜日:11時半~14時半(14時LO)、17時半~23時半(22時半LO)、土曜日・日曜日・祝日:12時~15時(14時半LO)、17時~23時(22時LO)※ランチタイム有
[休日]月曜日(祝日の場合は翌火曜日休み)
[座席]1階テーブル38席、2階カウンター10席、3階個室1室(8~12名) 計56~60席/全席喫煙可/夜のみ予約可/カード可(5000円以上)/夜はひとり378円のチャージ料別
[アクセス]地下鉄南北線ほか飯田橋駅B3出口から徒歩3分

電話番号 03-6228-1513
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
 かつて神保町で氷屋を営んでいた民家を、9年前ビストロに改装。築72年になる昭和の建物をあえて残し、“晩ご飯の香りが漂う夕暮れに、自宅へと急ぎたくなるような”雰囲気を体現したという。
 プリフィクスメニューは、前菜・メインとも5種類以上あり、選択肢の多さに驚く。一皿のボリュームもたっぷりで平日1000円、休日1800円というコスパの高さだから、いつも賑わっていて男性客も多い。
 8.8坪のお店で出すタパスは、気取らないながらも繊細な味付けと美しい盛り付けが魅力。口に含んだ先には、幸せが待っている。
神田にあった人気立ち飲みビストロ店が2018年7月に新装オープン。テーブルでゆっくり楽しめる店に。
食材本来の旨みを、自家燻製や各種ソース作りなどの手仕事で引き出す実力派ビストロ。食べると身体中が喜び出すような、素朴で力強いひと皿に出合える。
サラリーマンがホッピーを酌み交わすここは、どう見ても大衆酒場。だがしかし、しかしですよ、テーブルには焼きとんとビストロ料理が共に並び、手渡される手書きリストにはレアなワインまでズラリ。
ユニークな素材をそれぞれ異なる餡で包んだ菓子9種類。抹茶餡+黒糖焼酎に漬け込んだレーズン、生姜入り白餡+蜂蜜餡など斬新な組み合わせだが、素材の味が餡と見事に馴染んでいる。
「マグロが好きで寿司職人になった」と話す店主の本多さんが頑なにこだわり続けるのは、大間をはじめ日本近海で獲れる天然物の生本マグロ。色、艶、弾力、脂のり、それらを納得して仕入れる築地一の上物は神々しいまでに美しく、部位に切り分けて丁寧に処理を施す柵取りは「自分でやらなきゃ気が済まない」と笑う。
JR東日本を利用している人にはおなじみのコンビニ、ニューデイズで購入したのが、今回紹介するアマタケの「サラダチキン ランチ」シリーズ。 目指したのは「主食になるサラダチキン!」で、ピザ味、鶏めし味といった炭水化物系のフレーバーを採用することで、主食を食べている気分になれるというものだ。
327views 脱メタボ
『池田商店』の2号店としてオープン。名物の炊き餃子はすべて店で手包みし、1人前6個。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt