MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
 [新広東菜 嘉禅] ランチのグルメ記事と写真(銀座/中華/ランチ)

[新広東菜 嘉禅] ランチのグルメ記事と写真(銀座/中華/ランチ)

「新広東菜 嘉禅 (カントニーズ カゼン) 」(中華料理/銀座)は外堀通り沿いに建つビル2階に2017年6月20日オープン。銀座でゴージャスランチ「ふかひれランチ」で幸せ気分に浸れる!総料理長を務めるのは簗田 圭氏。[交通アクセス]は地下鉄銀座線ほか銀座駅B6出口から徒歩3分

新広東菜 嘉禅(最寄駅:銀座駅)

銀座でゴージャスランチ「ふかひれランチ」で幸せ気分に浸れる!

伝統的な広東料理をベースに香港やシンガポールのエッセンスを加え、美味かつドラマチックなひと皿へと昇華させる。その実力はランチでも発揮。「シェフのスペシャリテ・ふかひれと點心のセット」は、薬膳スープの滋味深さに目を見張り、点心の洗練された味わいに魅せられる。そしてメインは、シェフの特製スープを使用した黄金色のフカヒレと白菜がたっぷり入る煮込み。コクのある優しい味わいで、ご飯が進むことこの上ない。

シェフのスペシャリテ・ふかひれと點心のセット
1500円

シェフ特製根野菜の薬膳スープ、本日の蒸し點心、シェフのスペシャリテ ふかひれの濃厚煮込み、白飯、お漬物、本日のミニデザートの全6品

揚げ桜海老の香り漂う嘉禅特製タンタンメン
(香港飲茶ランチコース2200円より)

極細の香港麺に桜エビの風味を利かせたコク深いスープがよく絡む。他に、本日の特製揚げ點心2種など5品が付く。香り高いお茶も秀逸

お店からの一言

スタッフ 蛭間伸一さん

「料理に合わせてセレクトした紹興酒やワインもご用意しています」

新広東菜 嘉禅 (カントニーズ カゼン)

写真:新広東菜 嘉禅 (カントニーズ カゼン) の店内

[住所]東京都中央区銀座6-5-13 銀座美術館ビル2階 [TEL]03-6264-5851 [営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時(22時LO)、土・日・祝11時半~16時(15時半LO)、17時半~22時半(21時半LO)※ランチタイム有 [休日]年末年始 [席]シェフズテーブル(カウンター)4席、テーブル28席、個室1室(6名) 計38席/分煙(個室、カウンターは喫煙可)/予約可/カード可/サなし [交通アクセス]地下鉄銀座線ほか銀座駅B6出口から徒歩3分

電話番号 03-6264-5851
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
鼻孔をくすぐる何とも本格派の香りと、端正な無かん水の白いストレート麺が強烈に食欲をそそる。その名も「成都式坦々麺」。
更新: 2019-08-14 12:00:00
スープをひと口飲んで思わず唸ってしまった。今まで辛い料理は“熱い”に限ると思っていたが、この「冷やし豆乳担々麺」はその思い込みを見事に覆してくれる。
更新: 2019-08-03 12:00:00
年に数回は中国へ渡り、食材の仕入れや食べ歩きに努めるという早田さん。医食同源をテーマにした料理は、丁寧に仕込んだ自家製調味料や漢方を使い、食べて美味しいだけでなく健康的、かつ本場クオリティ。
更新: 2019-07-30 12:00:00
壁に並ぶメニューには餃子、餃子、餃子の文字。大根に冬瓜、春菊にニラ玉でしょ、季節物も入れて計11種。
更新: 2019-07-24 12:00:00
 「担々麺は食事の最後に食べていただくので、できる限りシンプルを心掛けています」と店主の中村さん。化学調味料などを一切使わない中村さんの中華料理は、味に奥行きを持たせるために発酵調味料を駆使する。
更新: 2019-07-22 12:00:00
最新の投稿
連日の猛暑で外出するのも億劫になる。そんなときは、味噌煮込みうどんを食べて涼しくなろう! えっ? 余計に暑くなるって!? いやいや、食べれば食べるほど涼しくなる味噌煮込みうどんを名古屋市中区新栄近くにある『吉野屋』で発見したのだ……。
更新: 2019-08-20 15:50:00
魚は全国の選りすぐりの漁師船から買い付け。その日の朝獲れたピチピチ鮮魚のほか、「神経〆」という特別な絞め方をされた旬魚が届き、一番美味しい状態で出せるよう、魚によっては寝かせて熟成させる。
更新: 2019-08-20 12:00:00
氷が見えないほどクリームで覆い尽くした、インパクト大な“苦くない抹茶”のかき氷。3種のソースが使われており、味わいのバランスが絶妙で美味しさはもちろんだが、掘っていく楽しみもある。
更新: 2019-08-19 12:00:00
熱々のうなぎとご飯をほおばると、脂のコクとタレの甘みを感じつつもすぅっと溶けるような食べ心地。大串がのる鰻重でも、最後まで飽きることなくお年寄りから子どもまでパクパクと箸が進んでしまう。
更新: 2019-08-18 12:00:00

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt