MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
東麻布 不風流(日本料理/麻布十番)|和モダンな空間でいただく洗練の和食ランチ

東麻布 不風流(日本料理/麻布十番)|和モダンな空間でいただく洗練の和食ランチ

 風情漂う前庭に上品な土壁、存在感を醸す長さ8mの赤松の一枚板カウンター……。ここは和モダンな雰囲気の中、洗練の和食が味わえる懐石料理店「東麻布 不風流 (ブフウリュウ) 」だ。

東麻布 不風流|ぶふうりゅう(最寄駅:麻布十番駅)

2017年6月から始めたランチは4種類。「本日の焼魚」は新さんまや金目、太刀魚など6~7種類から選ぶ焼魚に、お造り、出し巻玉子、お新香、京都米釜炊き白飯、赤出し、デザートが付く。皮目までパリッと焼けた魚は塩加減が抜群。炊きたてご飯が進むこと請け合いだ。

本日の焼魚(炭火焼)
1800円

内容は季節や仕入れで変更。写真のお造りはマグロ、鯛、シマアジ。焼魚は金目の他、スズキ、鰆などを用意

季節野菜と海老・穴子の天麩羅
1800円(セットに付く料理は『本日の焼魚』と同じです)

エビに穴子、ナスやシシトウなどの季節野菜。ダシが香る上品な天つゆも美味

お店からの一言

板長 渡邊 清司さん

「旬の食材の美味しさをシンプルな調理法で引き出しました」

東麻布 不風流 (ブフウリュウ)

写真:東麻布 不風流 (ブフウリュウ) の店内

[住所]東京都港区東麻布2-33-5 第四松坂ビル1階 [TEL]03-3505-5686 [営業時間]12時~13時半LO、17時~22時半LO ※ランチタイム有 [休日]無休(GW、お盆、年末年始) [席]カウンター10席、個室5室(昼は予約制でコースのみ利用可) 計32~34席/全席禁煙/予約可/カード可/夜はサ10%別 [交通アクセス]地下鉄南北線ほか麻布十番駅3番出口から徒歩5分

電話番号 03-3505-5686
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
全コースに登場する文字通りの看板料理、それが鯛茶漬けだ。店主の内山さん曰く「好きだった修業先の味」で、独立の際に自身の店でも定番で出すようになった。
更新: 2019-02-25 12:00:00
銀座の高級日本料理と聞けば身構えるがこちらは例外。全てが一流でありながら、明るく清々しい接客で緊張をゆるりとほぐしてくれる。
更新: 2019-02-24 12:00:00
ランチと言えど仕込みも器もしつらえも妥協なし。それは美しい料理の数々をひと目見れば分かるだろう。
更新: 2019-02-23 12:00:00
至高の食材を使った会席コースが3000円台、しかも銀座でいただけるなんて胸の高まりが抑えられない。蓋を開ければ旬の味覚が詰まった玉手箱仕立ての八寸や、春頃なら水槽から取り出して調理する稚鮎の天ぷらなど、思わず感嘆の声が漏れる美味しい驚きが次々と。
更新: 2019-02-22 12:00:00
煮物、焼き物、あるいはそのままで。四季折々の海や山の幸の味わいを生かし、様々に見目麗しく調理する。
更新: 2019-02-03 12:00:00
最新の投稿
「まともな料理が食べられるバー」を標榜するのは伊達じゃない! 100円の廉価なおつまみから、オードブル、パスタに本格的な中華、極めつけは日替わりでネタの変わるにぎり寿司(ネタには本格的に返しが!!)までメニューにのぼり、カクテルも本格的なオリジナルかつ無敵感満載のバー!
更新: 2019-03-18 18:00:00
谷町筋沿いにある居酒屋「珠」は、開店からちょうど5周年。 創作料理がおすすめの居酒屋で、この近辺の住民や近隣で働く人たちに愛され、いつも人でごった返している。とくに、おススメの「ホルモン炒め」(580円)はマル秘レシピの、激ウマ料理だ……。
更新: 2019-03-18 16:05:00
名古屋の玄関口、名古屋駅界隈には名古屋めしを出す店が軒を連ねている。 名古屋駅構内の名古屋中央通りにある『マーメイドカフェ JR名古屋駅店』もその一つ。しかも、「ちょっと変わった名古屋名物を……」ということで、青柳総本家「青柳ういろう」と、店自慢の「クロワッサン」とのコラボを考えたのだった……。
更新: 2019-03-18 16:00:00
 トスカーナ地方で4年半修業していたシェフによる豪快さと巧緻さを伴う料理に、舌だけでなく心もグッと掴まれてしまった。 特注の炭焼き台で丁寧に焼かれた「フィレ肉の炭火焼き」は柔らかで肉汁があふれ、放牧牛ならではの滋味を感じる力強い味わい。
更新: 2019-03-17 18:00:00
 看板商品の「アマトリチャーナ」は、イタリアで7年間修業したシェフが現地の素材を使い、作り方を守り、徹底して本場の味を再現。ディナーで使うプカティーニは、天日干しされた希少なもの。
更新: 2019-03-16 12:00:00