MENU
グルメ専門誌「おとなの週末」のグルメライターが覆面調査で食べ歩いた厳選記事を中心に紹介
Asian Cuisine A.O.C.|華やかなエスニック料理で贅沢気分に(アジア・エスニック/麻布十番)

Asian Cuisine A.O.C.|華やかなエスニック料理で贅沢気分に(アジア・エスニック/麻布十番)

 タイやインドネシア、ベトナム、中国などアジア各国料理をAOC流にアレンジ。スパイスが香る本格派ながら、どこか華やかでワインやカクテルに合うと評判だ。Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)

Asian Cuisine A.O.C.(最寄駅:麻布十番駅)

「土日祝ランチセット」はフォーやパッタイなど7種から選ぶメインに、選べる前菜とドリンクがセット。ガパオライスは粗挽き豚肉がジューシーでクセになる旨さ!

土日祝ランチセット
1680円

蒸し鶏と彩り野菜の生春巻き~ゴイクン~、豚肉のバジル炒めご飯~ガパオライス~、自家製ジンジャーエール

本日の前菜(土日祝ランチセットより)

自家製炙り〆サバに青唐辛子やパクチーをたっぷりのせたサラダ仕立ての一品

海南チキンライス~カオマンガイ~(土日祝ランチセットより)

低温真空調理で約1時間、しっとり仕上げた鶏モモ肉が美味

スパークリングワイン
グラス680円、ボトル2980円~

ワインは50種類以上

お店からの一言

佐藤由季さん 
店長 星野貴史さん
小川一紀さん 
料理長 鈴木茂雄さん

「ラグジュアリーな店内や多彩なアジア料理はインスタ映えします!」

Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)

写真:Asian Cuisine A.O.C.(アジアン キュイジーヌ エー・オー・シー)の店内

■Asian Cuisine A.O.C.
[住所]東京都港区麻布十番1-2-1ボヌール麻布十番1階
[TEL]03-5545-3340
[営業時間]11時半~15時(14時半LO)、17時半~23時半(22時45分LO)※ランチタイム有
[休日]月
[席]48席/全席禁煙(外に喫煙スペース有)/予約可/平日の昼はカード不可/サなし
[交通アクセス]都営大江戸線麻布十番駅5a出口から徒歩1分

電話番号 03-5545-3340
2017年10月号発売時点の情報です。
このグルメ記事のライター
※写真や情報は当時の内容ですので、最新の情報とは異なる可能性があります。必ず事前にご確認の上ご利用ください。
関連記事
今年9月で開店40周年を迎えた同店。エキゾチックな雰囲気の店内でいただく医食同源のネパール料理が評判で、中でも名物がこのヒマラヤ鍋だ。
インド料理店は都内に数あれど、同店はスパイスやハーブの香りが爽やかで鮮烈。それもそのはず、ビリヤニには17種ものスパイスが入り、ランチメニューにはインド現地でも希少な「ジャッキャ」という香り高いスパイスを必ず盛り込んでいるのだという。
巣鴨エリアの「シリンゴル」の「モンゴル鍋」に関するグルメ記事と写真のページ。モンゴル語で野菜という意味の“ホイツァイ”。かの地で貴重な食材の野菜を入れるこの鍋は、宮廷料理だったそうだ。
渋谷神泉「パッポンキッチン(PAPPON KITCHEN)」のシェフはタイ・バンコクのレストランで11年、日本のレストランで16年間、腕を磨いた。タイ人のデンチャイさんが提供するのは、タイの一般市民が食べている日常食で日本では希少な料理が並ぶ。辛さは現地よりややマイルドに仕上げている。
最近、間借りスイーツ&カフェ系&その他も増えてきた印象である。 間借りの勢いがすごいよ。やっぱり吉祥寺は地代が高いからねー、店も工夫が必要なんだね〜、という感じだ。 というわけで今回は、吉祥寺の「曜日限定」テイクアウト系スイーツをご紹介だ!
地下鉄「大国町駅」から徒歩で6、7分の場所に、立ち飲み屋「よしのや酒店」はある。 もともとは駅前に同店の酒屋があり、角打ちをやっていたところがこの店のルーツ。 店内の雰囲気も満点。しかも、食べ物の値段がすこぶる安いときた!
一心不乱にエビが食べたい。そんなアナタに朗報。何とエビでお腹いっぱいになる「海老しゃぶ」があるんです。使用するのは大きさと新鮮さを厳選した赤エビで、その量2人前で約1kg。
フルーツブランデーは果物から造られるヨーロッパの蒸留酒だが、日本では認知度の低い存在。世界的にも専門バーはほとんどないという。
創業は戦後間もなく。料亭からはじまり40年ほど前から、関西風うどんすきを出しはじめた。色とりどりの具材は、鶏肉、ハマグリ、湯葉、練り物、野菜など約20種類。

ランキング

総合ランキングarrow_right_alt